デリバリー

米スーパー大手クローガーがドローンによる食料品配達を正式に実施

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

アメリカのスーパーマーケット大手クローガーは6月に、ドローンを使った食料品配達を正式に実施した。

ドローンによる配達はオハイオ州センタービルにある店舗で実施。センタービル市長のBrooks Compton氏の庭に米が2袋配達された。

クローガーはTELEGRID Technologies社の子会社であるドローンエクスプレス(Drone Express)と協力して、ドローンによる実証実験を始めることを5月に発表していた。

センタービルにある「クローガーマーケットプレイス」店舗から1マイルに住む住民はドローンによる配達を注文できる。

ドローンの最大積載量は、約5ポンド(約2.27kg)。現在、ドローンによる配達は無料で、注文から15分以内に配達される。

海外ではスーパーマーケットがドローンによる個人宅までの配達サービスを開始する事例があるが、クローガーは配達先を庭に限定しないことが特徴といえる。

個人宅のほか、公園、海水浴場など、ユーザーのスマートフォンの場所へ荷物を届ける。

これにより、ユーザーは公園でのピクニック、海水浴場での日焼け止めなど、必要が生じたときにその場で商品を注文し、受け取ることが可能になる

クローガーはこれまでにセンタービル店舗近くでテスト飛行を実施していたが、公式に発表されたテスト配達はこれが初めてとなる。

夏にはカリフォルニア州にある「ラルフス」店舗でも2件目の実証実験をスタートする。

ドローンによるフードデリバリーの事例は海外では増えつつある。

ウォルマートはオンデマンドのドローン配達スタートアップDroneUpに出資、ホームタウンであるアーカンソー州ベントンビルで数ヵ月以内にオンデマンドの初テスト飛行を実施する予定。

ウォルマートは昨年にも、DroneUpと提携してコロナウイルス用検査キットのテスト配達を実施していた。

イスラエルのFlytrexは、ドローン配送の試験運用で昨年9月にウォルマートと提携したほか、アメリカのゴルフコースでドローンによる配送サービスを提供しており、3月に約8億7000万円を調達した。

Flytrexは5月に連邦航空局(FAA)から承認を得ている

アイルランドのMannaは、5月に約27億円を調達。アイルランドの港湾都市ゴールウェイでドローンによる食品宅配の試験運用を実施しており、個人宅までにかかる配達時間はわずか3分となっている。Mannaは今年第2四半期にアメリカでサービスを開始する予定

イスラエルのピザハットは、ドローンによるピザの試験配送でDragontail Systemsと提携している。

国内では楽天が三重県志摩市でドローンによる食料品デリバリーを今年1月に期間限定で実施。これはドローンを活用した食料品配送サービスの実用化に向けたものとなる。

 

参考記事

Kroger’s Drone Delivery Officially Takes Off in Ohio

Despite rain, Kroger launches historic first commercial drone flight

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:クローガー

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. デリバリー専門のスウェーデンVemblaが約7300万円を資金調…
  2. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…
  3. Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキ…
  4. ホームメイド料理のデリバリーサービスWoodSpoonが約2億円…
  5. フードロスに取り組む米Apeel Sciencesが約274億円…
  6. イスラエルのピザハットがドローンによる試験配達を6月から開始
  7. アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響…
  8. イスラエルのドローン企業Flytrexが約8億7000万円を調達…

おすすめ記事

藻類で培養肉用培地のコストダウンを図る東京女子医科大学、培養廃液もリサイクル

本記事は有料記事となります(4100文字)2021年8月29…

代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2000億円を超過

代替肉企業インポッシブルフーズが最新のラウンドで5億ドル(約560億円)を調達し…

世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試食会で発表

ミツバチを使わずに代替ハチミツを開発するMeliBioが、世界初となる代替ハチミ…

【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社まとめ【2021年版カオスマップ】

この記事では、代替魚・代替シーフードの開発に取り組む国内外のベンチャー・スタート…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

スペイン政府がBioTech Foodsの主導する培養肉プロジェクトに約6億5千万円を出資

スペインの培養肉スタートアップBioTech Foodsはスペイン政府から520…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/17 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/16 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP