アグテック(AgTech)

農業スタートアップRevol Greensが約71億円を資金調達、テキサスに温室施設建設へ

 

ミネソタ州を拠点に温室農業を展開するRevol Greensは、3つ目の温室施設をテキサス州に建設するために6800万ドル(約71億円)を調達した。

ラウンドはEquilibrium Capitalが主導。

Revol Greensのこれまでの資金調達は総額2億1500万ドル(約226億円)となる。

同社は調達した資金を、テキサス州に建設予定の80エーカー(約32万㎡)規模の温室施設に使う。これは同社3つ目の温室となり、完成するとレタスを生産する世界最大の温室となる。

Revolは環境制御型農業(Controlled environment agriculture, CEA)を導入することで、従来の農業に変わる農業を実現している。

たとえば、Closed loop hydroponicという技術(画像赤枠)を用いて、根を通過した水を収集、再利用することで、水や肥料の無駄な排出を削減している。こうすることで、従来の農業では排出された水を無駄にしなくてすむという。このほか、植物の成長に関するデータを収集し、必要な水や肥料の量を確認している。

出典:Aquaponics Food Production Systems pp 77-110 Hydroponic Technologies

温室農業にテクノロジーを導入するのはRevolだけではない。

次にあげる競合他社の動向も見逃せない。

AppHarvest アパラチアに巨大温室施設を建設中。2800万ドル(約29億円)を調達したばかり。
Iron Ox 温室にロボットを導入。2020年9月に2000万ドル(約21億円)を調達。
Lufa Farms
2020年8月にカナダ・モントリオールに世界最大の屋上温室を開業。

 

Revolは2016年に設立された農業スタートアップ。

同社初の温室施設は2018年にミネソタ州オワトナに建設された。2つ目の温室は、カリフォルニア州テハチャピに建設されている。

Revolの理念は「地元の野菜は地元で生産する」。

今後3年間で新たに2つの温室施設の建設を予定している。

 

参考記事

Revol Greens Raises $68M to Build Out High-Tech Greenhouses in the U.S.

Revol Greens secures funding for new greenhouse facility

With $68 million in funds, Minnesota’s Revol Greens to expand in Texas

World’s Largest Rooftop Greenhouse Opens In Quebec

Hydroponics: Closed-Loop Indoor Food Production

 

関連記事

  1. 果物の鮮度保持シールStixFRESHを開発する米Ryp Lab…
  2. 米Apeel Sciencesがアボカドの熟度を即座に把握する新…
  3. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  4. ポーランドのFresh Insetが開発した鮮度保持シール「Vi…
  5. ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約…
  6. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…
  7. Calystaの単細胞タンパク質FeedKind、水産養殖への使…
  8. マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNord…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

「米ぬか」をタンパク質源に:食糧と競合しない米タンパク質で収益性の高い稲作へ|FABEXセミナーレポ

畜産に伴う環境負荷、世界人口の増加による食料需要に対応するため、代替タンパク質は…

米Atlantic Fish Co、世界初の培養ブラックシーバスを発表

アメリカの培養シーフード企業Atlantic Fish Coは今月、世界で初めて…

CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品の開発を加速

魚介類の培養肉スタートアップCellMEATは今回、シリーズAの投資ラウンドを終…

酵母で油脂を開発するMelt&Marbleが約9600万円のシード資金を調達

発酵技術により油脂を開発するスウェーデン企業Melt&Marbleが、シ…

植物分子農業でジャガイモから卵白タンパク質を開発するPoLoPo、SuperAAプラットフォームを発表

イスラエルの植物分子農業スタートアップPoLoPoは今月、遺伝子組み換えジャガイ…

Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タンパク質の開発で提携

海外では動物に頼らずに食品成分を作る手法として、精密発酵が人気の手法になりつつあ…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP