アグテック(AgTech)

農業スタートアップRevol Greensが約71億円を資金調達、テキサスに温室施設建設へ

スポンサーリンク

ミネソタ州を拠点に温室農業を展開するRevol Greensは、3つ目の温室施設をテキサス州に建設するために6800万ドル(約71億円)を調達した。

ラウンドはEquilibrium Capitalが主導。

Revol Greensのこれまでの資金調達は総額2億1500万ドル(約226億円)となる。

同社は調達した資金を、テキサス州に建設予定の80エーカー(約32万㎡)規模の温室施設に使う。これは同社3つ目の温室となり、完成するとレタスを生産する世界最大の温室となる。

Revolは環境制御型農業(Controlled environment agriculture, CEA)を導入することで、従来の農業に変わる農業を実現している。

たとえば、Closed loop hydroponicという技術(画像赤枠)を用いて、根を通過した水を収集、再利用することで、水や肥料の無駄な排出を削減している。こうすることで、従来の農業では排出された水を無駄にしなくてすむという。このほか、植物の成長に関するデータを収集し、必要な水や肥料の量を確認している。

出典:Aquaponics Food Production Systems pp 77-110 Hydroponic Technologies

温室農業にテクノロジーを導入するのはRevolだけではない。

次にあげる競合他社の動向も見逃せない。

AppHarvest アパラチアに巨大温室施設を建設中。2800万ドル(約29億円)を調達したばかり。
Iron Ox 温室にロボットを導入。2020年9月に2000万ドル(約21億円)を調達。
Lufa Farms
2020年8月にカナダ・モントリオールに世界最大の屋上温室を開業。

 

Revolは2016年に設立された農業スタートアップ。

同社初の温室施設は2018年にミネソタ州オワトナに建設された。2つ目の温室は、カリフォルニア州テハチャピに建設されている。

Revolの理念は「地元の野菜は地元で生産する」。

今後3年間で新たに2つの温室施設の建設を予定している。

 

参考記事

Revol Greens Raises $68M to Build Out High-Tech Greenhouses in the U.S.

Revol Greens secures funding for new greenhouse facility

With $68 million in funds, Minnesota’s Revol Greens to expand in Texas

World’s Largest Rooftop Greenhouse Opens In Quebec

Hydroponics: Closed-Loop Indoor Food Production

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズラ…
  2. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  3. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  4. 農業データ収集ソフトのArableが約20億円を資金調達
  5. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  6. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…
  7. 穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資…
  8. Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキ…

おすすめ記事

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

香港のスタートアップIXON Food Technologyは画期的な食品保存方…

【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会

日本初となる第1回フードテックジャパン展示会が開催された(2020年11月25-…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Proterraから1億…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP