デリバリー

漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に新鮮魚を宅配

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

-------------

 

アメリカで漁師と消費者をダイレクトにつなげる新しいサービスがある。

獲れたての魚を48時間以内に宅配するE-Fishだ。

E-Fishの特徴は、冷凍した魚ではなく、新鮮な魚を自宅まで48時間以内に届けること。

他社と同様、新型コロナウイルスによってビジネスモデルの転換を余儀なくされた会社だが、E-Fish、漁師、消費者にとっては、トリプルウィンな転換だったといえる。

波止場から自宅へ魚を直接届けるE-Fish

出典:E-Fish

E-Fishは以前、ジャン・ジョルジュなどのレストランへ魚を販売していたが、コロナウイルスの発生により、全米で多くのレストランが閉鎖に追い込まれ、E-Fishは重要顧客を失った

レストランが閉鎖されると、レストランで魚を消費するはずだった消費者も来られなくなる。

レストラン・消費者にリーチする方法が途端に閉ざされてしまったE-Fishは、販売チャネルを大幅にシフトすることを決める。

こうして漁業者と消費者をダイレクトにつなげるD2Cプラットフォームを構築した。

出典:E-Fish

E-Fishのビジネスモデルは次のとおり。

E-Fishのプラットフォームに注文が入ると、E-Fishと契約している漁業者に注文がダイレクトに届く。たいていの場合、注文時にはまだ獲っていないという。

漁師は注文を受けて、海へ出て、魚を獲り、処理したものを消費者へ配送する。

このモデルを同社が「船渠からドアへ」と名付けるとおり、商品に触れるのは漁業者と消費者だけ

誰が獲り、いつ獲ったものか、海から出てからどれくらい経過したのか、誰の手を経由したか、すべて追跡可能になっている(E-Fishは商品に触れない)。

商品は、エビ、カニ、ホタテ、キャビア、ロブスターから各種魚とさまざま。

公式サイトの商品ページには提携する漁業者の名前が記載されている。現在は、アラスカ、ハワイをのぞいた全米への配達に対応している。

たとえば、銀だらは2ポンド(約900g)70ドル(約7300円)。割高だが、この価格には「新鮮さ」「追跡可能」が含まれている。

出典:E-Fish

同社によると、従来の水産市場では漁師が品質にこだわりたくなるようなインセンティブがほとんどないという。

E-Fishは、漁師が追跡可能な高品質の魚に対して適正な対価を得られるようにすることで、漁師にインセンティブを提供したいと考えている。

共同創業者でありCEOのJeffrey Tedmori氏はSpoon誌の取材に、D2Cモデルへの転換は、E-Fishが集客・販売を担当し、漁業者がより漁業に専念できる点で、漁師にとってもメリットがあると語っている。

同業者をまとめるD2Cプラットフォームの急速な台頭

出典:E-Fish

新型コロナの感染拡大後、E-FishのようにD2Cへビジネスモデルを転換させる動きが増えている。

代替肉で有名なビヨンドミートや、代替魚のGood Catchなどが2020年にD2Cプラットフォームを構築したのもその1例となる。

この2社は自社でD2Cサイトをオープンしたケースだが、E-Fishのように、複数の同業者をオンラインで消費者にダイレクトにつなぐ、D2Cプラットフォームを構築する流れも加速している。

たとえば、地域の複数農家と消費者をオンラインでつなげるD2Cプラットフォームを展開するHarvieは、ユーザーの好みにあわせた農作物を提案する。

Rosieのように地域の小規模・独立系食料品店の在庫品を1つのプラットフォームに集約し、ユーザーがアプリで各店舗の商品を注文できるサービスも登場している。

出典:E-Fish

E-Fishは2020年に、MITが注目する15のスタートアップ企業に選ばれた。

これまでにエンジェル投資家からの出資を受けており、現在は、コロラドを拠点とするアクセラレーターTechstarsが展開するTechstars Anywhere acceleratorというバーチャルプログラムに参加している。

現在はマサチューセッツ州メイン州フロリダ州カリフォルニア州漁業者と契約しており、今後はさらに地域を拡大していきたいとしている。

 

参考記事

E-Fish Delivers Fresh Fish to Your Door 48 Hours After It’s Been Caught

 

アイキャッチ画像の出典:E-Fish

 

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…
  2. Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社…
  3. 生鮮食品と花の鮮度を保持するコンテナを開発したRipeLocke…
  4. ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソ…
  5. Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキ…
  6. キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと…
  7. イスラエルのピザハットがドローンによる試験配達を6月から開始
  8. 青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologies…

おすすめ記事

インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始

アメリカの代替肉企業インポッシブルフーズが、新たにインポッシブル・ソーセージを小…

韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を1kgあたり3ドルへ

培養肉を開発する韓国企業Seawithが、新たな目標を発表した。同社はこ…

フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指す

フランスの昆虫食企業Ynsectが開発するバーガーやナゲットが、数年以内にイギリ…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より…

培養シーフードのShiok Meatsが培養肉企業Gaia Foodsを買収

シンガポールの培養シーフード企業Shiok MeatsがGaia Foodsの株…

TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養培地の開発でJSBiosciencesと提携

細胞農業に取り組むTurtleTree Scientificが、商用規模での細胞…

第2回Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/25 15:15時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/26 09:08時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/25 20:00時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP