代替プロテイン

6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールへ進出

 

6つの豆をベースに植物性の代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールに進出した。

今月より、Good Catchの代替魚を使った料理がシンガポールのレストランで提供される。Good Catchはアメリカのスタートアップ企業Gathered Foodsによるブランドで、これまでカナダ、ヨーロッパに進出していたが、アジア進出はこれが初となる。

6つの豆タンパク質で食感を再現

出典:Good Catch

Good Catch は、えんどう豆、大豆、ひよこ豆、レンズ豆、そら豆、白いんげん豆の6つの豆タンパク質を独自の比率でブレンドすることで、水産物そっくりな食感を再現する。魚の有用な成分であるDHAやオメガ3脂肪酸には、海藻から抽出した藻類オイルを使用。

シーフードらしい食感と有用成分を備えた同社製品には、ツナ、フィッシュパテ、クラブケーキなどがある。

Good Catchは今年4月には、シリーズBで2640万ドル(約29億円)を調達した。これまでの調達総額は7710万ドル(約86億円)なる

出典:Good Catch

今回のシンガポール進出について、親会社Gathered Foodsの共同創業者Chad Sarno氏は次のようにコメントしている。

「シーフードを食べることに関する環境問題を意識する人が増えています。シンガポールの人々のシーフードへの愛着、洗練された味覚、シンガポールの多種多様な料理の選択肢を考えると、植物ベースのシーフードの選択肢を発売できることを嬉しく思います」

シンガポールでGood Catchの製品を提供するのは、グランド・ハイアット・シンガポールとPrivéのレストラン、Love Handles、Good Food Peopleなど一部のレストラン。

Good Catchは、一部のレストランで導入してから、小売への展開を狙う。これはインポッシブルフーズなどほかのフードテック企業が採用したものと同じ戦略となる。

代替シーフードが求められる背景

出典:Good Catch

世界の魚資源の80%以上が「完全に利用または乱獲されている」と推定されるが、シーフードに対する需要は増えており、このままでは2048年までに魚がいなくなると言われている。

乱獲により絶滅危惧種に指定されるクロマグロなどの魚がいなくなった場合、食物連鎖が崩れ、生態系に間接的な影響が及ぶ。たとえば、魚の減少は、サンゴ礁の天敵である海藻の増加をもたらし、結果的にサンゴ礁の衰退につながる

海洋生物の25%~30%がサンゴ礁に生息すると言われており、サンゴ礁の衰退、破滅は海洋生態系に計り知れない影響をもたらす。

代替シーフードで最初にシリーズBへ進出

出典:Good Catch

海洋生態系の保全のために、世界中で代替シーフードの開発が進んでいる。Good Catchはその中でも最も海外進出した企業といえる

代替シーフードに取り組む企業で、シリーズBラウンドに進んだ最初の企業でもある

2020年に植物性・細胞培養による代替シーフード企業に集まった投資額は8000万ドルと、2019年の4倍を記録した。代替肉、代替乳製品に続く注目のカテゴリーとなっており、細胞培養による代替シーフードも早ければ年内に販売される段階まで来ている。

最近では、植物ベース、細胞培養だけでなく、微生物発酵により代替シーフードの開発を手掛けるAqua Cultured Foodsが登場するなど、代替シーフード領域に参入するプレーヤーの多様化が進んでいる。

 

参考記事

Good Catch Makes Its Vegan Seafood Asian Debut In Singapore

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Good Catch

 

関連記事

  1. GOOD Meatがシンガポールで培養鶏肉の販売を一時停止、再開…
  2. 精密発酵で母乳タンパク質を開発するHelainaがシリーズAで約…
  3. UPSIDE Foodsが米レストランで培養鶏肉の販売を実現
  4. 小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNU…
  5. 菌糸体から代替肉を開発するMushlabsが欧州イノベーション会…
  6. スイスの小売大手ミグロスがビーガンゆで卵を発売
  7. アメリカのマクドナルドがマックプラントを導入!11月から8店舗で…
  8. FAOとWHOが培養肉の安全性に関する新レポートを発表

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Joes Future Foodが中国初の培養豚バラ肉を発表、中国政府も細胞農業を重視

中国の培養肉企業Joes Future Foodは先日、南京国立農業ハイテク産業…

食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第2四半期にアメリカ進出へ

ドローンデリバリースタートアップのMannaがシリーズAで2500万ドル(約27…

植物ステーキ肉のChunk Foodsが約20億円のシード資金を調達

イスラエルの植物肉企業Chunk Foodsは、昨年11月にシードラウンドで15…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが約2.4億円のシード資金を調達

培養肉開発に使用するアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが16…

培養牛肉バーガーで早期の米国上市を目指すSCiFi Foodsが約30億円を調達

細胞培養による培養牛肉を開発する米SCiFi Foodsは、最初の商品として培養…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP