代替プロテイン

ユニリーバ傘下の代替肉ブランドThe Vegetarian Butcherが、精密発酵由来の卵白タンパク質の使用で米The EVERY Companyと提携

 

グローバルな代替肉ブランドであり、ユニリーバが2018年に買収したThe Vegetarian Butcherが、精密発酵で卵白タンパク質を開発するThe EVERY Companyとの提携を発表した

The Vegetarian Butcherは製品のビーガン化に何年も取り組んだ結果、EVERYの「画期的なクリーンラベル成分」が食物連鎖から動物を解放するというThe Vegetarian Butcherの使命にぴったりだったと述べている

今回のニュースの注目ポイントは2つ。

世界的な大手代替肉ブランドが精密発酵タンパク質を導入することと、ユニリーバが買収したブランドではThe Vegetarian ButcherBreyersに続き精密発酵タンパク質を導入する2つ目のブランドとなることだ。

▼(参考)ユニリーバは今年2月、Breyersから精密発酵アイスクリームを発売した。

 

The Vegetarian Butcherの代替肉は、これまでバーガーキング、ドミノピザ、Subwayに導入されており、世界55カ国40,000店舗に導入されている欧州を代表するブランドだ。アメリカ、欧州、中国など多くの国のバーガーキングでは、3年前の時点ですでにThe Vegetarian Butcherの代替肉が導入されていた

しかし、同社代替肉すべてが完全にビーガンに対応しているわけではなく、ミートボールなど一部製品には動物由来の卵白使用されている。The Vegetarian ButcherはEVERYと提携することで、配合リストの卵白・メチルセルロースをEVERYの卵白タンパク質に置き換えることが可能になる。

代替メチルセルロースを取り巻く状況

出典:The Every Company

AgFunderの報道によると、The Vegetarian Butcherは長い間、成分リストからメチルセルロースの除去に取り組んできた。そして、EVERYの卵白タンパク質がその代替品となり、最終製品の味・食感がよくなるだけでなく、クリーンラベルを実現できることがわかったという。

メチルセルロースは、食品の結合剤として使用される添加剤であり、セルロースを化学修飾することで合成される。ゲル化、乳化安定性、保水性を持ち、特に加熱すると固まり、冷えるとゲルが溶けるという性質により、インポッシブル・フーズビヨンドミートなど著名な植物肉ブランドにも使用されている。植物タンパク質は保水力が低く結合できないため、メチルセルロースのような保水性のある結合剤が必要となるわけだ。

メチルセルロースは日本では添加物として指定されており、アメリカではGRAS、オーストラリア・ニュージーランドでも使用が認められ、欧州でも一部の食品を除き、幅広い食品に規定の範囲内で使用が認められるなど、主要市場で安全性が認められた添加物だ。

しかし、イスラエルのフードテック企業Mealaが指摘するように、メチルセルロースを含む代替肉は消費者からは「超加工製品」とみなされ、歓迎されないリスクがある。メチルセルソースを使用すると、簡素な原材料リスト、なじみのある原料を使用するというクリーンラベル基準を満たせないため、スタートアップのなかにはMealaRevyvePlantible Foodsのように代替メチルセルロースを開発する企業も近年増えている。

The Vegetarian Butcherの製品でメチルセルロースを使用した製品にはチキンナゲット鶏胸肉などがあり、今回の提携は、自社製品のさらなるビーガン化とクリーンラベル化に向けたものといえる。

精密発酵卵白タンパク質の可能性

出典:The Every Company

EVERYの卵白タンパク質を使用した製品を販売するには、各地域での規制当局の認可が必要になる。EVERYはアメリカではGRAS認証を取得しているものの、欧州では販売認可を取得した精密発酵タンパク質企業はまだ1社もない。

AgFunderの報道によると、EVERYはEUとイギリス新規食品の承認申請を提出済みのようだ。The Vegetarian Butcherはイギリスを主要ターゲットにしているが、どの地域から発売するかは認可プロセスの進展による。

EVERYは昨年10月、代替肉製品で結合剤として使用される卵白を置き換えるために南米の大手加工食品会社Grupo Nutresaと、昨年5月には代替肉の共同開発でプラントベースブランドAlpha Foodsとの提携を発表した。Grupo、Alpha Foodsに続き、大手代替肉ブランドのThe Vegetarian Butcherと提携したことで、精密発酵による卵白タンパク質を代替肉に使用する動きは増えていくだろう。

次の展開として、ビヨンドミートインポッシブル・フーズなど世界的な代替肉ブランドが脱メチルセルロースに向けて、EVERYと、あるいは認可はまだだが精密発酵で卵白タンパク質を開発するOnego BioEggmented RealityOTROなどと提携する展開もあるかもしれない。

 

参考記事

The Vegetarian Butcher partners with The EVERY Company

Unilever brand The Vegetarian Butcher partners with ‘animal-free’ egg protein pioneer The EVERY Co

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:The Every Company

 

関連記事

  1. Perfat Technologiesによる「次世代オレオゲル」…
  2. ドイツのInnocent Meatが約4.8億円を調達、食肉生産…
  3. ドイツ大手小売業者REWE、同社初のビーガン専門スーパーを開設
  4. 植物ミルクをより持続可能に:英MYOMが開発した新タイプのオーツ…
  5. ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備
  6. 【8/24】注目のフードテックベンチャー・ネクストミーツ社佐々木…
  7. スイスの食品大手ジボダン、ビューラー、ミグロスが共同で培養肉の実…
  8. Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

TiNDLE Foodsが米スーパーで代替鶏肉製品を発売、来年には全米の小売店で発売へ

シンガポールの代替肉企業TiNDLE Foods(旧Next Gen Foods…

6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールへ進出

6つの豆をベースに植物性の代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールに…

明治ホールディングス、細胞培養チョコレートの米California Culturedに2回目の出資

明治ホールディングスは今月、細胞培養によるチョコレートを開発する米Califor…

GOOD Meatがシンガポールで培養鶏肉の販売を一時停止、再開に向けて準備中

世界で最初に培養肉を販売したイート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが、シ…

DICがスピルリナ由来ヘムを開発する米BYASに出資を発表

DICは、藻類由来製品の事業拡大のために米Back of the Yards A…

精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotechと提携、アニマルフリーな乳タンパク質の生産を強化

精密発酵によりアニマルフリーな乳タンパク質を開発するFormoは、バイオテクノロ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP