代替プロテイン

オーストラリアv2foodが約57億円を資金調達、植物性代替肉でアジア進出を加速

>> <<

 

このニュースのポイント

 

●オーストラリアの植物肉スタートアップv2foodが約57億円を調達

●生産規模の拡張、アジア展開を狙う

●主力製品はバーガー用パテv2burgerと植物性牛ひき肉v2mince

 

 

オーストラリアの植物性代替肉スタートアップv2foodがシリーズBラウンドで5500万ドル(約57億円)の資金調達に成功した。

香港を拠点とするベンチャーキャピタルHorizons Ventures、シンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングス、ABC World Asia、セコイア・キャピタル・チャイナ、チャイナ・ルネッサンス・ホールディングス(華興資本控股有限公司)、中国の食品メーカーEsenagroなどが主導した。

今回の調達をうけ、v2foodがこれまでに調達した資金は総額8000万ドル(約83億円)となる

v2foodは2019年に設立された、シドニーを拠点とする植物性代替肉のスタートアップ。主な原材料は大豆

今回調達した資金は、ウォドンガを拠点とする生産施設の建設完成のほか、アジア市場への参入にあてる予定

出典:v2food

v2foodの主力製品は、v2minceとv2burger

同社の植物性パテのデビューは2019年10月。オーストラリアHungary Jack’sの人気商品Rebel Whopperにv2foodの植物性パテが採用された。

その後、同社はオリジナル商品となるv2バーガーをシドニーのSoul Burgerでリリース。今年2月には海外展開に成功し、ニュージーランドのバーガーキングで提供を開始した。

出典:v2food

出典:v2food

8月にはオーストラリアのスーパーマーケットDrakesで販売が開始9月にオーストラリアの小売大手ウールワース600店舗でV2foodの商品の取り扱いを開始するなど、外食に加え、小売業にも着実に進出している。

v2foodが狙うのはアジア、特に中国市場だと考えられる。

ネスレは植物肉の生産を発表、2020年末までに植物性代替肉の発売する方針。

アメリカの植物性代替肉の代表格ビヨンドミートは、KFC、ピザハットなどに自社バーガーを導入するため、中国最大の外食企業ヤム・チャイナと提携している。ビヨンドはさらに、2021年はじめに上海近郊で工場建設を予定しており、代替肉の現地生産に向けて着実に動きだしている。

同じく代替肉の代表格インポッシブルフーズは規制のために中国本土へはまだ進出していないものの、シンガポール、香港の小売で10月から販売を開始している。

中国のスタートアップHey Maetは8月に資金調達に成功、上海近郊に生産設備建設を予定している。

代替肉オムニポークで有名なグリーンマンデーは9月に約73億円の資金調達に成功香港のマクドナルドセブンイレブンでの取り扱いを開始するなど、アジアでの存在感を急速に強めている。

参考記事

Australian Plant Meat Startup v2food Closes Record US$55M Series B To Gear Up For Asia Launch

Australian Fake-Meat Maker Raises $55 Million From Goldman, Temasek

アイキャッチ画像の出典:v2food

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミ…
  2. 中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レスト…
  3. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  4. 3Dプリント肉のSavorEatがアメリカの大学への試験導入でソ…
  5. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Me…
  6. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  7. 二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutri…
  8. スイスの培養肉企業Mirai Foodsがシードで約2億3千万円…

おすすめ記事

【世界初】Shiok Meatsが試食会で培養カニ肉料理を発表

培養シーフードを開発するシンガポール企業Shiok Meatsが、培養カニ肉の試…

食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約44億円を調達|AIで買い物を予測

AIを活用してパーソナライズ化された食料品デリバリーを提供するHungryroo…

タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコストダウンに成功、2022年に市販化へ

イスラエルの代替肉企業Future Meatは、自社の培養鶏肉の生産コストを1/…

3Dプリント肉のSavorEatがアメリカの大学への試験導入でソデクソと提携

3Dプリンターを活用して植物肉を開発するイスラエル企業セイバーイート(Savor…

動物を使わずに「牛乳」を開発するイスラエルRemilkが約11億円を調達

このニュースのポイント●イスラエルRemilkが…

青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologiesが約76億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP