代替プロテイン

グリーンマンデーのインスタント食品、香港のセブンイレブン全店で販売を開始

>> <<

 

アジアで植物肉を展開するグリーンマンデーの躍進が続いている。

グリーンマンデーと香港マクドナルドとの提携が発表された翌日、今度はセブンイレブンでの販売開始が発表された。

10月14日、香港のセブンイレブンは、グリーンマンデーのオムニポークを使った商品「オムニイーツ(OMN!EAT)」の販売を開始した。香港のセブンイレブン全店舗(800店舗)で取り扱う。

オムニポークは、グリーンマンデーのフードテック部門であるオムニフーズが開発した植物由来の代替肉で、えんどう豆、大豆、しいたけ、米を主原料としている。

今月からオムニポークを使ったインスタント食品2つをセブンイレブンで取り扱う。27日までは3.87ドル(約400円)で販売され、3.61ドル(約380円)する一般のインスタント食品の競合品となる。

香港のセブンイレブンで販売される商品 出典:グリーンマンデー

香港で店舗数最多を誇るコンビニ大手・セブンイレブンとのコラボによって、植物肉を使った代替食品にリーチできるユーザー数がさらに増えることになる。

セブンイレブンでの取り扱い開始前日、グリーンマンデーは香港・マカオのマクドナルド全店舗でも植物性メニューの販売を開始したばかり。マクドナルドではオムニポークを使った6つのメニューをリリースしている。

香港全土のマクドナルド・セブンイレブンでの商品展開は、グリーンマンデーにとって画期的な出来事だ

グリーンマンデーは、台湾のファミリーマートにもオムニポークを使ったカップ麺を展開している。1個1.63ドル(約171円)で台湾にあるファミリーマート3600店舗で展開中だ。

台湾の餃子専門店「八方雲集」では、オムニポークを使った餃子が1週間に100万個売れるという爆発的ヒットとなっている。

オムニポークを使った餃子 出典:八方雲集

 

参考記事

7-11: Vegan Ready Meals Are Now Available All 800 Hong Kong Stores

Taiwan’s Bafang Yunji Is Selling 1 Million Omnipork Dumplings A Week Across Almost 1,000 Locations

 

 

アイキャッチ画像は、当ブログ運営者が加工、編集したもの。

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レスト…
  2. 高級培養肉を開発するOrbillion Bioが約5億4000万…
  3. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  4. 3Dプリンターで次世代ステーキを作るRedefine Meatが…
  5. Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット…
  6. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  7. 牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援す…
  8. 植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Drea…

おすすめ記事

植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円を調達

カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストが2億ドル(約219億円)という巨額の…

Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支援額は目標の2倍以上に

感染が拡大する新型コロナウイルスの影響を受け、トッピングやカスタマイズが自由な次…

食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第2四半期にアメリカ進出へ

ドローンデリバリースタートアップのMannaがシリーズAで2500万ドル(約27…

代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく解説

ベジタリアン、ヴィーガンでないなら代替肉は必要ないのでは? 日本は…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP