代替プロテイン

グリーンマンデーのインスタント食品、香港のセブンイレブン全店で販売を開始

 

アジアで植物肉を展開するグリーンマンデーの躍進が続いている。

グリーンマンデーと香港マクドナルドとの提携が発表された翌日、今度はセブンイレブンでの販売開始が発表された。

10月14日、香港のセブンイレブンは、グリーンマンデーのオムニポークを使った商品「オムニイーツ(OMN!EAT)」の販売を開始した。香港のセブンイレブン全店舗(800店舗)で取り扱う。

オムニポークは、グリーンマンデーのフードテック部門であるオムニフーズが開発した植物由来の代替肉で、えんどう豆、大豆、しいたけ、米を主原料としている。

今月からオムニポークを使ったインスタント食品2つをセブンイレブンで取り扱う。27日までは3.87ドル(約400円)で販売され、3.61ドル(約380円)する一般のインスタント食品の競合品となる。

香港のセブンイレブンで販売される商品 出典:グリーンマンデー

香港で店舗数最多を誇るコンビニ大手・セブンイレブンとのコラボによって、植物肉を使った代替食品にリーチできるユーザー数がさらに増えることになる。

セブンイレブンでの取り扱い開始前日、グリーンマンデーは香港・マカオのマクドナルド全店舗でも植物性メニューの販売を開始したばかり。マクドナルドではオムニポークを使った6つのメニューをリリースしている。

香港全土のマクドナルド・セブンイレブンでの商品展開は、グリーンマンデーにとって画期的な出来事だ

グリーンマンデーは、台湾のファミリーマートにもオムニポークを使ったカップ麺を展開している。1個1.63ドル(約171円)で台湾にあるファミリーマート3600店舗で展開中だ。

台湾の餃子専門店「八方雲集」では、オムニポークを使った餃子が1週間に100万個売れるという爆発的ヒットとなっている。

オムニポークを使った餃子 出典:八方雲集

 

参考記事

7-11: Vegan Ready Meals Are Now Available All 800 Hong Kong Stores

Taiwan’s Bafang Yunji Is Selling 1 Million Omnipork Dumplings A Week Across Almost 1,000 Locations

 

 

アイキャッチ画像は、当ブログ運営者が加工、編集したもの。

 

関連記事

  1. Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得
  2. プラントベース×精密発酵を手掛けるAll G Foodsにオース…
  3. サケ・マス・コイを開発する欧州初の培養魚Bluu Bioscie…
  4. イスラエル企業Remilk、アメリカで精密発酵乳タンパク質の認可…
  5. 培養肉企業フューチャーミートが約394億円を調達、生産コストを1…
  6. 植物性3Dプリント肉を開発するRedefine Meatが約15…
  7. ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨン…
  8. 微生物とAIで新素材を発見するKingdom Supercult…

おすすめ記事

ゲノム編集で熱帯作物の栽培効率を高めるTropic Biosciencesが約46億円を調達

ゲノム編集技術を活用して持続可能な熱帯作物を開発するイギリスのTropic Bi…

TurtleTreeが精密発酵によるラクトフェリン生産を発表、2023年の上市を目指す

シンガポール、アメリカに拠点を置くTurtleTreeは17日、精密発酵により世…

チョコレート大手のマース、精密発酵由来の乳タンパク質を使ったチョコレート製品を発売

米チョコレート大手のマースは16日、精密発酵で開発されたアニマルフリーな乳タンパ…

TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養培地の開発でJSBiosciencesと提携

細胞農業に取り組むTurtleTree Scientificが、商用規模での細胞…

Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット工場建設を発表

シンガポールにおけるフードテックが加熱している。シンガポールは昨年12月…

牛に頼らず酵母で乳タンパク質を再現するフランス企業Bon Vivant

フランス、リオンを拠点とするスタートアップ企業Bon Vivant(ボン・ビバン…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/28 20:05時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/28 13:42時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(11/28 06:07時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/28 16:02時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP