代替プロテイン

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

 

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より資金調達に成功したと発表。このほか、天図資本(Tiantu Capital)、UpHonset Capitalからも資金調達している。

Hey Maetは大豆、えんどう豆、米を主要原料とする植物肉ブランドを開発している中国の植物肉ブランド。「Meet」のスペルを「Maet」と一字変え、より健康的で環境に優しい社会をつくるため、コロナ後に登場したスタートアップだ。

Hey Maetは今回の資金調達を研究開発と上海での研究施設開設に使う予定。同社はMIT、UCバークレー、ヘルシンキ大学より食品専門家を雇用しており、中国全土へ展開を視野にいれ、上海近郊に生産設備を2つ立ち上げることを発表した。

双塔食品は、Hey Maetとビヨンド・ミート(米カリフォルニアを拠点とする植物肉企業)にえんどう豆タンパク(ピープロテイン)を提供している。双塔食品といえば、2020年6月にエンドウ豆由来のタンパク質の生産で世界の約4割を担っていると公表し、すでに中国の植物肉大手になっている企業だ。その双塔食品がビヨンド・ミートに加え、Hey Maetへも投資するという。中国フードテック市場での2社の今後の動向は今後ますます注目を集めるだろう。

ちなみに、中国市場に狙い定めているのはHey Maet、ビヨンド・ミートだけではない。次の3つの企業の動向も見逃せない。

■イート・ジャスト:米国フードテック企業。中国市場に商品をリリース済み。

■グリーンマンデー:香港発の植物由来の豚ひき肉を開発したフードテック企業。中国全土に取り扱い店を急速に展開している。

■ネスレ:北京に植物肉工場の建設を予定。

 

参考記事:Chinese Start-Up Hey Maet Scores Investment And Partnership

アイキャッチ画像の出典:Hey Maet

関連記事

  1. 世界初!イート・ジャストが培養肉料理のデリバリーをシンガポールで…
  2. スウェーデン企業Mycorenaが世界初となる菌類由来の代替油脂…
  3. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  4. 米Plantible Foodsがウキクサ由来の植物性代替卵を発…
  5. 培養魚のBLUU Seafoodが約24億円を調達、年内にパイロ…
  6. スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にス…
  7. アジア初の精密発酵CDMO企業ScaleUp Bioが間もなく施…
  8. 培養うなぎセミナー動画(北里大学・池田大介先生)|2023年9月…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ビーガンハチミツのMeliBio創業者に聞く|精密発酵によるハチミツの開発とターゲット市場

「地球上からミツバチが消えたら、人間は4年しか生きられない」というアインシュタイ…

ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資家が注目

ナイジェリア初の植物ベース代替肉企業VeggieVictoryが投資家の注目を集…

細胞シート工学で培養肉を開発するEvolved Meatsが約2.7億円を調達

細胞シート工学を活用した培養肉開発を進めるカナダ企業Evolved Meats(…

スイスのPlanted、発酵技術を使用した植物性ステーキを欧州3カ国で発売

欧州の代表的な植物肉企業であるスイスのPlantedは先月、独自の発酵プロセスを…

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調達

アメリカ企業イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが1億7000万ドル(…

培養牛肉バーガーで早期の米国上市を目指すSCiFi Foodsが約30億円を調達

細胞培養による培養牛肉を開発する米SCiFi Foodsは、最初の商品として培養…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP