代替プロテイン

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

スポンサーリンク

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より資金調達に成功したと発表。このほか、天図資本(Tiantu Capital)、UpHonset Capitalからも資金調達している。

Hey Maetは大豆、えんどう豆、米を主要原料とする植物肉ブランドを開発している中国の植物肉ブランド。「Meet」のスペルを「Maet」と一字変え、より健康的で環境に優しい社会をつくるため、コロナ後に登場したスタートアップだ。

Hey Maetは今回の資金調達を研究開発と上海での研究施設開設に使う予定。同社はMIT、UCバークレー、ヘルシンキ大学より食品専門家を雇用しており、中国全土へ展開を視野にいれ、上海近郊に生産設備を2つ立ち上げることを発表した。

双塔食品は、Hey Maetとビヨンド・ミート(米カリフォルニアを拠点とする植物肉企業)にえんどう豆タンパク(ピープロテイン)を提供している。双塔食品といえば、2020年6月にエンドウ豆由来のタンパク質の生産で世界の約4割を担っていると公表し、すでに中国の植物肉大手になっている企業だ。その双塔食品がビヨンド・ミートに加え、Hey Maetへも投資するという。中国フードテック市場での2社の今後の動向は今後ますます注目を集めるだろう。

ちなみに、中国市場に狙い定めているのはHey Maet、ビヨンド・ミートだけではない。次の3つの企業の動向も見逃せない。

■Eat Just:欧州フードデリバリー大手。中国市場に商品をリリース済み。

■オムニポーク:香港発の植物由来の豚ひき肉を開発したフードテック企業。中国全土に取り扱い店を急速に展開している。

■ネスレ:北京に植物肉工場の建設を予定。

 

参考記事:Chinese Start-Up Hey Maet Scores Investment And Partnership

アイキャッチ画像の出典:Hey Maet

スポンサーリンク

関連記事

  1. スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表
  2. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegenda…
  3. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  4. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万…
  5. 代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替…
  6. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…
  7. ビヨンドミートが中国で豚ひき肉Beyond Porkを期間限定で…
  8. チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売…

おすすめ記事

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2020年版カオスマップ】

この記事では、代替魚の開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

香港のスタートアップIXON Food Technologyは画期的な食品保存方…

スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

このニュースのポイントスペインNovameatが…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

牛を使わない牛乳、鳥を使わないのチキン、牛を使わないステーキ、魚を使わない寿司・・・・ときたら、次は…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP