代替プロテイン

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

 

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より資金調達に成功したと発表。このほか、天図資本(Tiantu Capital)、UpHonset Capitalからも資金調達している。

Hey Maetは大豆、えんどう豆、米を主要原料とする植物肉ブランドを開発している中国の植物肉ブランド。「Meet」のスペルを「Maet」と一字変え、より健康的で環境に優しい社会をつくるため、コロナ後に登場したスタートアップだ。

Hey Maetは今回の資金調達を研究開発と上海での研究施設開設に使う予定。同社はMIT、UCバークレー、ヘルシンキ大学より食品専門家を雇用しており、中国全土へ展開を視野にいれ、上海近郊に生産設備を2つ立ち上げることを発表した。

双塔食品は、Hey Maetとビヨンド・ミート(米カリフォルニアを拠点とする植物肉企業)にえんどう豆タンパク(ピープロテイン)を提供している。双塔食品といえば、2020年6月にエンドウ豆由来のタンパク質の生産で世界の約4割を担っていると公表し、すでに中国の植物肉大手になっている企業だ。その双塔食品がビヨンド・ミートに加え、Hey Maetへも投資するという。中国フードテック市場での2社の今後の動向は今後ますます注目を集めるだろう。

ちなみに、中国市場に狙い定めているのはHey Maet、ビヨンド・ミートだけではない。次の3つの企業の動向も見逃せない。

■イート・ジャスト:米国フードテック企業。中国市場に商品をリリース済み。

■グリーンマンデー:香港発の植物由来の豚ひき肉を開発したフードテック企業。中国全土に取り扱い店を急速に展開している。

■ネスレ:北京に植物肉工場の建設を予定。

 

参考記事:Chinese Start-Up Hey Maet Scores Investment And Partnership

アイキャッチ画像の出典:Hey Maet

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Food…
  2. イギリスのマクドナルドがマックプラントを導入、2022年に全国導…
  3. Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bio…
  4. イスラエル政府が培養肉コンソーシアムに約23億円の助成金を提供
  5. 培養サーモンの米WildTypeが培養シーフード業界史上最大の約…
  6. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  7. 【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社
  8. ネスレがヴィーガンキットカットの販売を欧州で開始!

おすすめ記事

スウェーデン企業Mycorenaが世界初となる菌類由来の代替油脂を開発

スウェーデンのスタートアップ企業Mycorenaは菌類由来の代替油脂を発表した。…

培養肉スーパーミートと欧州大手養鶏企業PHW、培養肉の欧州導入で合意

テルアビブを拠点とする培養肉企業スーパーミート(SuperMeat)は、欧州市場…

動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万円を資金調達、生乳市場の破壊へ乗り出す

このニュースのポイント ●Change Foodsがプレシードで約9…

3Dプリンターで次世代ステーキを作るRedefine Meatが約30億円を調達

イスラエルのRedefine MeatがシリーズAで2900万ドル(約30億円)…

米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|動物を犠牲にしない「本物のコラーゲン」

アメリカ、ノースカロライナ州を拠点とするJellatechは、独自の細胞株の培養…

菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyForest Foodsに変更、今秋に2工場を開設

菌糸体由来の代替肉を開発するアメリカ企業Atlast Foodは25日、社名変更…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP