アグテック(AgTech)

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

 

このニュースのポイント

 

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達

発展途上国の小規模農家の市場アクセス改善を支援

IFCと提携して、小規模農家のためのサプライチェーン構築へ

 

 

野菜の鮮度を保つ“食べられる皮”を製造するApeelが、3000万ドル(約31億円)を資金調達した。

設立当初からの目標である、小規模農家の支援に本格的に乗り出す。

今回のラウンドには、国際金融公社(International Finance Corporation、IFC)、シンガポールの政府系投資会社テマセク、Astanor Venturesが参加した。新たに調達した資金は、サハラ砂漠以南、メキシコ、東南アジア、中南米の小規模農家支援に使われる。

出典:Apeel Sciences

Apeelは、スーパーで陳列される野菜に吹きかけることで野菜の鮮度保持期間を延長できるスプレーを開発。すでに全米、ドイツなど欧州各国に導入されている。

このスプレーは野菜から抽出したオイルを使用しているため、食べても問題はない。9月にはアメリカの100店舗を超えるウォルマートで取り扱いが開始した。

発展途上国の小規模農家支援を始動

鮮度を長期に保持できるスプレーによって、先進国のフードロス解決に貢献する一方で、まだリーチしていない地域がある。サハラ砂漠以南、メキシコ、東南アジア、中南米などの地域だ。

出典:Apeel Sciences

これらの地域はコールドチェーンのインフラが十分に整備されていない。そのため、農作物がマーケットに届くまでの期間、農作物の鮮度を維持できないことが、フードロスの主な原因となっている。

Apeelの技術によって野菜の鮮度は長期間保持できるようになる。しかしこれは、農家が市場にアクセスする手段を持つ場合の話だ

コールドチェーンのインフラ不足のために市場への確実なアクセスを持たない地域の農家にとっては、まず、農作物の鮮度を保持した状態で市場へリーチする方法が必要になる

創業者James Rogerは食糧不足に対する誤解を次のように指摘する。

「飢餓は食糧不足に起因すると考えるのは誤解です。多くの小規模農家は、生産した農作物を販売できる状態で市場に届けることがほぼ不可能という残酷な現実に直面しているのです」。

 

Apeelの今回の資金調達は、市場へリーチできない小規模農家にとって障壁撤廃の第一歩となる。

 

サプライチェーン構築によって海外市場へのアクセスも支援

資金調達のほかに、ApeelとIFCは、サハラ砂漠以南、メキシコ、東南アジア、中南米の小規模農家のために、Apeelによるサプライチェーンを構築するプログラムも発表した。

米国、欧州などの経済規模のより大きな市場にアクセスできるように支援する。

出典:Apeel Sciences

James Rogerによると、ケニヤで1個1セントで販売されているマンゴーが、ケニヤ都心部で販売されれば1個1ドルになる可能性がある。つまり、米国や欧州などさらに大きな市場にアクセスできれば、ケニヤの農家が得られる収入はさらに増大する。

ApeelとIFCの提携によって、インフラ不足に悩む地域の農家がより多くの市場にリーチできる可能性が高まった。今回の資金調達・IFCとの提携は、Apeelが発展途上国向けのサービスを始動する重要なステップとなる

創業メンバー 左からJenny、James、Lou  出典:Apeel Sciences

Apeelが設立されたのは2012年。設立当初からの目標は、コールドチェーンのインフラが粗末な地域にいる人々にも、同等の供給・需要の機会を提供することだった。

今回の資金調達によって、Apeelは自社が目指す理念の実現にさらに近づいたことになる。

 

参考記事

Apeel Adds $30M In New Funding to Help Smallholder Farmers Join The Global Food System

Apeel Raises $30M to Help Smallholder Farmers Fight Food Waste and Access New Markets

 

アイキャッチ画像の出典:Apeel Sciences

 

関連記事

  1. 米Pairwise、アメリカ初のCRISPR編集食品を発売
  2. Calystaの単細胞タンパク質FeedKind、水産養殖への使…
  3. 生鮮食品と花の鮮度を保持するコンテナを開発したRipeLocke…
  4. 青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologies…
  5. カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの圧搾粕…
  6. 「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発…
  7. レストラン厨房のフードロス削減に取り組むOrbiskが約1億36…
  8. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養魚のBLUU Seafoodが約24億円を調達、年内にパイロット工場稼働へ

ドイツの培養シーフード企業BLUU Seafoodは先月、シリーズAラウンドで1…

乳業大手フォンテラとDSMが精密発酵スタートアップ設立を発表

ニュージーランドの大手乳業メーカー・フォンテラ(Fonterra)とオランダ大手…

モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大

オランダの培養肉企業モサミート(Mosa Meat)は先月、生産施設を7,340…

オーストラリア政府がChange Foodsに約1.2億円の助成金を授与、官民連携で精密発酵タンパク質の開発を強化

精密発酵によりチーズを開発するChange Foodsはオーストラリア政府から1…

ゲノム編集で食・農業の変革を目指す米Pairwiseが新たな戦略を発表

ゲノム編集技術を活用して農産物を開発する米Pairwise(ペアワイズ)は先月、…

シンガポールの精肉スーパーHuber’s Butcheryが来月から培養肉を販売

シンガポールで培養肉が販売されてから2年。これまでに販売認可を取得した唯一の企業はアメリカのイート・…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP