代替プロテイン

ファーストフードチェーンChipotleが代替油脂を開発する米Zero Acre Farmsに出資

 

全米で展開するファーストフードチェーンChipotle Mexican Grillは、同社のベンチャーファンドCultivate Nextを通じて代替油脂スタートアップのZero Acre Farmsに出資したことを発表した。出資額は非公開。

Chipotleは、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツに3,200近くのレストランを所有しており、ESG目標を達成できる企業に初期段階で出資している。

Zero Acre Farmsは、食品業界の植物油脂への依存を終わらせることを使命に、健康的で持続可能な油脂に焦点を当てたフードテック企業であり、発酵で作られた代替油脂を開発している。

Chipotleによると、今日膨大に生産されている植物油脂は、記録的な速度の森林伐採と二酸化炭素排出量をもたらしている。

Zero Acre Farmsの共同創業者Jeff Nobbs氏は、食品1kgあたり3kgの二酸化炭素を排出する主要な食用作物5つのうち、4つがパーム油、大豆油、菜種油、ヒマワリ油の植物油であることを指摘している

ChipotleでCTOを務めるCurt Garner氏は今回の出資について、「Zero Acre Farmsのような企業には世界を変える力があると信じています。Chipotleが30年近く前にファーストフードの認識を変えたように、Zero Acre Farmsは健康的でより環境に優しい製品で調理油を再定義しています」とコメントしている

出典:Zero Acre Farms

2020年に設立されたZero Acre Farmsは昨年7月、最初の製品「Cultured Oil」を発売した。同製品は、微生物による発酵反応で生産された培養物を圧搾して油を抽出して製造されている

Nobbs氏は、「昨年8月、消費者や家庭料理用に最初の製品の出荷を開始してから、影響力の拡大に重点を置いてきました。その実現のため、当社に関心を寄せるレストランに、より利用しやすいソリューションをまもなくご提供します」と述べている

ココナッツオイルやパーム油など環境負荷を伴う植物油脂に代わる持続可能な油脂や脂肪を開発する企業は増えている。

Zero Acre Farmsのほかにも、微生物を活用して代替油脂を開発する企業には、英Clean Food Group、スウェーデンのMelt&Marble、エストニアのÄIO、オーストラリアのNourish Ingredientsなどがいる。

国内では昨年、不二製油が新潟薬科大学とのプロジェクトで油脂酵母を活用して培養液1L当たり98gの代替パーム油を生産し、世界トップレベルの生産量を実現した

 

参考記事

CHIPOTLE ANNOUNCES 2023 ENVIRONMENTAL, SOCIAL AND GOVERNANCE GOALS TIED TO EXECUTIVE COMPENSATION

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Zero Acre Farms

 

関連記事

  1. マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェ…
  2. 精密発酵で乳タンパク質・乳脂肪を開発するPhyx44が約1.7億…
  3. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  4. 精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotec…
  5. バイオテック企業が培養ペットフードを開発するGood Dog F…
  6. オイシックス・ラ・大地、サステナブル・シーフード発表会・試食会を…
  7. 日本ハム、動物血清の代わりに食品成分で培養肉を作製
  8. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

DouxMatokが砂糖の使用量を半分に減らしたIncredo Spreadsの販売を開始

イスラエルのスタートアップDouxMatokが開発した、少ない量でも甘さの変わら…

CellMeatは自社開発したウシ胎児血清フリーの培地を用いて細胞培養による独島エビのプロトタイプを開発

韓国のCellMeatは細胞培養用のウシ胎児血清(FBS)フリー培地を開発し、こ…

シンガポール企業Preferの豆不使用コーヒーを実食|おから、廃棄パン、ビール粕をアップサイクルした持続可能なコーヒー

コーヒーに伴う環境負荷をご存知だろうか。コーヒーは世界的に人気のドリンク…

Nature’s Fyndがカナダで微生物由来タンパク質Fyの認可を取得

極限環境微生物を使用して代替タンパク質Fyを開発する米Nature’s Fynd…

Mycorena、マイコプロテイン由来のバター試作品を発表

マイコプロテインを活用した代替肉を製造、販売するスウェーデン企業Mycorena…

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP