Foovo Deep

代替油脂の米Lypidが台湾大手コーヒーチェーンと提携、500店舗に導入

 

植物由来の代替油脂を開発する米Lypidが、台湾大手コーヒーチェーンのLouisa Coffeeと提携したことを発表した。この提携により、Lypidのビーガン油脂「PhytoFat」を使用した植物肉製品が台湾全土の500店舗以上で提供される。

Lypidが「肉の味覚体験を完璧に再現」していると主張する「PhytoFat」使用の植物肉パテは、Louisa Coffeeのサンドイッチ、ライスバーガー、マフィン、ベーグルなど6種類のコラボメニューに採用される。

高温でも動物油脂のような特性を保持するビーガン油脂

出典:Lypid

サンフランシスコを拠点とするLypidが開発した「PhytoFat」は、植物肉を本物の肉のような味わいにする代替油脂となる。

Lypid共同創業者兼CTOのMichelle Lee氏は、「現在の市場では、『油脂』はほとんどの植物肉で足りない成分です。現在使用されているビーガンオイルは融点が低いため、溶けて食品から漏れ出してしまいます。私たちはPhytoFatで、秘密のソースを復活させます」とコメントしている。

独自のマイクロカプセル化法を使用して開発された、97%のビーガンオイルと水で構成される「PhytoFat」は、165℃以上で調理しても動物油脂のような特性を保持し、植物肉の風味と食感を高めることができる。また動物油脂と比べて、カロリー、飽和脂肪酸も抑えられており、栄養面でも優れているという。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Lypid

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  2. 米Newlightの生分解性プラスチックAirCarbon、プラ…
  3. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  4. 培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表…
  5. 植物性ペットフードV-planetが日本、韓国で発売を開始
  6. 微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foo…
  7. アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオ…
  8. 穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資…

おすすめ記事

植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Dreamery、今年前半に初商品の発売へ

植物性チーズのシェアは大きくないが、代替チーズに取り組む企業は増えつつある。…

代替油脂の米Lypidが台湾大手コーヒーチェーンと提携、500店舗に導入

植物由来の代替油脂を開発する米Lypidが、台湾大手コーヒーチェーンのLouis…

xRoboticsのピザロボットがピザ店での試験運用を完了、800の予約注文を受注

ピザロボットを開発するxRobotics(エックスロボティクス)が、オックスフォ…

スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

細胞培養による培養肉の開発が世界的に進んでいるが、今後はチョコレートも工場で作ら…

ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大

ビヨンドミートが欧州全土での小売展開の拡大を発表した。同社はこの春、欧州…

RoboBurgerが世界初のハンバーガー全自動販売機の提供を開始

過去にはピザの自販機やサラダボウルの自販機を取り上げてきたが、アメリカの代表的な…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/17 19:04時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
2,090円(08/18 12:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(08/18 00:34時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(08/17 15:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP