代替プロテイン

香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に工場建設

>> <<

出典:Green Monday

香港の植物由来食品スタートアップ企業グリーン・マンデー(Green Monday)は、新たに約73億円(7000万ドル)を資金調達したことを発表した。

今回のラウンドはTPGのThe Rise Fund、スワイヤー・パシフィック主導で、ほかにCPT Capital、ジェフェリーズ・グループ、信和集団のNG Family Trust、華人俳優のワン・リーホン(王力宏)、ルーム・トゥ・リード創始者のジョン・ウッドが参加した。既存投資家にはLKK Health Products GroupのHappiness Capital、ジェームズ・キャメロン、メアリー・マッカートニー、スーザン・ロックフェラーがいる。

今回の資金調達は、アジア植物由来業界では最大規模という。

グリーン・マンデーは2012年に設立された植物性代替肉を開発する香港のスタートアップ。

傘下のフードテクノロジー企業オムニフーズ(OmniFoods)が開発したオムニポーク(OmniPork)は植物由来100%の代替豚肉で、2020年5月に日本に上陸している。香港を拠点とするキャセイパシフィック航空は同社のオムニポークを使った機内食を提供している。同じく傘下のGreen Commonは植物由来食品の小売・レストランを展開している。

Greeen Commonのレストラン 出典:Green Monday

グリーン・マンデーは今回調達した資金を生産、流通、サプライチェーンの拡大、研究開発のほか、広東の工場建設に使うとしている。同社は、年内に広東に工場建設を予定だ。

今後6ヶ月で、現在の10の市場から、アジア、北米、欧州、中東、アフリカなど20の市場への拡大を目指し、中国本土とシンガポールにはGreen Commonの旗艦店をオープンする予定だという。

オムニポークは2019年にアリババECサイトで中国に上陸後、230g約430円と本物の豚肉より割高にもかかわらず、わずか2日で4000個(約1トン)販売されたそれ以降、同社はタコベルやホワイト・キャッスルのほか、地元のレストランと提携して市場を拡大させている。

上海では地元のワンタン専門店Gll Wonton(吉祥馄饨)が市の500か所でオムニポークを使ったワンタンを販売している。

上海のワンタン専門店がオムニポークを使ったワンタンを開始。すでに上海の500か所で展開している。出典:Greenqueen

グリーン・マンデーが狙うのは豚肉市場で、ターゲットエリアはアジアだ。中国の豚肉消費量は世界全体の47%を占めており、最大の豚肉消費国である。

といっても、中国市場を狙うのはグリーン・マンデーだけではない。

代替豚肉最大のマーケットであるアメリカ発のビヨンド・ミートは中国に工場を建設することを発表したばかり。中国スタートアップのスターフィールドも最近、約10億円(1000万ドル)の資金調達を獲得したことを発表、中国にレストランを20店舗展開している。

今後、中国の代替豚肉市場の競争が激化していくのは間違いない。

グリーン・マンデーは年内に中国本土Green Common1号店を上海にオープンするとしている。今後2年で上海、北京、広州、深圳などの都市に進出するという。

 

参考記事:

Plant-Based Pioneer Green Monday Raises US$70M In Record Breaking Round

OmniPork Parent, Green Monday Raises $70M to Expand Its Plant-Based Food Enterprise

亚洲“人造肉”融资之最:Green Monday融资7000万美元,年内将在广东设厂

Omnipork: Shanghai Wonton Chain Launches Plant-Based Dumplings At 500 Locations

世界初アジア発祥のプラントベースミート「オムニポーク (OmniPork®)」5月18日(月)日本初上陸!

 

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調…
  2. インポッシブルフーズがオーストラリア・ニュージーランド進出へ向け…
  3. 二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branch…
  4. 中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金…
  5. 【世界初】Shiok Meatsが試食会で培養カニ肉料理を発表
  6. 香港培養肉スタートアップのAvant Meatsが培養魚の切り身…
  7. 動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが…
  8. インドEvo Foodsが代替卵を年内に販売開始、2021年4月…

おすすめ記事

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

アメリカ、デラウェア州を拠点とするReGrainedは、ビールの醸造で発生する大…

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功…

インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Foodsの自動調理ロボット

日本でも人気の高いインド料理。このインド料理を自宅で手間をかけずに作れる…

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/17 14:38時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/17 08:30時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/17 19:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP