代替プロテイン

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

スポンサーリンク

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。

19日、香港とシンガポールのスーパーで同社の植物性代替肉の販売が発表された。アジアの食料品店で同社製品が販売されるのは今回が初となる。

同社によると、絶好の狙い目である中国市場に進出する前に、アジアでプレゼンスを示す狙いがある。

香港のParknShopとその子会社100店舗の店頭・オンラインストアで販売され、シンガポールでは、FairPrice100店舗とオンラインストアRedMartで販売される。

アジアではこれまで高級レストランに限定されていたインポッシブルフーズの植物性代替肉を、今後は家庭でも食べられるようになる。

同社のハンバーガーは、人間が肉と認知するのに必要な視覚・嗅覚効果を徹底的に研究、再現している。加熱で赤色から茶色になるプロセス、焼くときの匂いなどを再現するために、コア技術となる「ヘム」を使用。このヘムは、遺伝子改変された酵母から生産されるため、中国規制当局の承認が必要となり、中国進出の壁となっている

出典:インポッシブルフーズ

インポッシブルのライバル会社ビヨンドミートも着実にアジア進出を続けている。9月には上海市近隣に工場を建設する契約に締結。2021年はじめから全面稼働する見通しで、中国本土での代替肉の現地生産に向けて動き出している

ビヨンドミートが一足先に中国進出を果たせた背景には、使用する素材が規制に対応しやすいことがある。インポッシブルの代替肉は遺伝子組み換えした素材を使っているが、ビヨンドの代替肉は遺伝子組み換えした素材は使っていない。

中国進出ではビヨンドに遅れを取るインポッシブルだが、同社CEOのパット・ブラウンは「来年、あるいは今後数ヵ月のうちに中国進出できるだろう」と自信を見せる。規制の対象となっているヘムについては、同社製品の“コア”であり、今と同じ「肉らしい」食感を再現できる代替素材を見つけることは、規模的にも経済的にも現実的ではないとしている。

代替肉プレーヤーとして市場拡大を続けるインポッシブルだが、今月開催されたSKS2020では「培養肉市場に参入することはない」と断言。同社が培養肉に参入しない理由は、コストが高額で、利益につながる努力ではないからだという。

これは裏を返せば、すでに肉らしい植物性代替肉が市場にあり、培養肉の商用化がまだ数年先という状況で、さらにリソースを投入する必要があるだろうか?という、自社製品への自信とも読みとれる。

 

参考記事

Eat Just and Impossible Foods Both Made Major Expansions to Asia This Week

Impossible Foods launches in Asian grocery stores as it aims to move into China

SKS 2020: Impossible Foods CEO on Cell-Based Meat: “It’s Never Going to Be a Thing”

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 中国発の植物代替肉スタートアップHero Proteinが登場!…
  2. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…
  3. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  4. イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉…
  5. グリーンマンデーのインスタント食品、香港のセブンイレブン全店で販…
  6. 植物性ペットフードV-planetが日本、韓国で発売を開始
  7. AngelList初のローリングファンド、Sustainable…
  8. チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売…

おすすめ記事

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

香港のスタートアップIXON Food Technologyは画期的な食品保存方…

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2020年版カオスマップ】

この記事では、代替魚の開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP