資金調達

2020年10月の資金調達動向・海外フードテック15社のまとめ

 

この記事でわかること

 

10月に投資を受けた海外フードテック15社の調達額と主なサービス内容

 

 

コロナウイルスの感染拡大によって、多くの業種が影響を受ける中、投資が盛んな領域といえばフードテックだ。経済的な大変動があっても、フードテックへの投資は止まらない

その理由は、地球に住む誰もが「食べる」行為からは無縁になれないことだろう。そして、「食」の周囲には、さらに大きなチャンスが生まれつつある。

そのチャンスを見逃さないためにも、フードテックの投資動向を定期的にまとめてお伝えする。

今回は2020年10月に行われたフードテック15社の資金調達情報をまとめた。

下記に挙げたものは全体の一部だが、これだけ見ても、新型コロナの感染が落ち着かない状況のなか、フードテックの勢いが止まらないことがわかるだろう。

2020年10月の投資動向15社まとめ|資金調達額の順に記載

下記であげた企業のなかには、このメディアでも取り上げたものもあれば、まだ紹介していないものもある。また、下記であげたものがすべてではない。

★がついた企業は、リンクをクリックすると当メディアの詳細ページにジャンプする。

★がない企業は、まだ記事でとりあげていないため、公式HPにジャンプする。

Instacart 2億ドル

食料品を即日配達する買い物代行サービス

Plenty 1億4000万ドル

垂直農業による野菜を生産・販売するサービス

LIVEKINDLY 1億3500万ドル

代替タンパク質のグループ企業。

Ordermark 1億2千万ドル

レストラン向けのオンラインデリバリー管理サービス

BrightFarms 1億ドル

水耕栽培で作ったリーフ野菜をパックして販売するサービス

Cooler Screens 8000万ドル

インタラクティブなカラーディスプレイで訴求力を向上

Grubmarket 6000万ドル

農場から農作物をオンラインで直接顧客に販売するサービス

v2food(★) 5500万ドル

オーストラリアの植物性代替肉スタートアップ

Zomato(★) 5200万ドル

インドのフードデリバリーサービス

Apeel Sciences(★) 3000万ドル

野菜の鮮度を保持するコーティング技術

Arable(★) 2000万ドル

農地に設置して天候、温度などのデータを収集する農業用ソフトサービス

TeleSense(★) 1020万ドル

穀物の腐敗、保管状況をリアルタイムで検知・予測するセンサーサービス

DeepBranch(★) 約290万ドル

二酸化炭素から作るタンパク質による動物飼料を生産

YPCテクノロジーズ(YPC Technologies)(★) 136万ドル

介護施設、病院向けの多才料理ロボットサービス

Kaffe Bueno(★) 130万ドル

コーヒー粕をアップサイクルして化粧品、食品を開発

 

参考情報

Crunchbase

 

おすすめ記事

イート・ジャストがカタールへの培養肉工場の建設でQatar Free Zones Authorityと提携

シンガポールに続き、次に培養肉の販売を承認する国がカタールとなる可能性がでてきた…

ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨンドポーク」を販売開始

アメリカの代替肉ビヨンドミートが中国ECサイトでの販売を開始した。中国E…

ピザハットのロボットレストランがイスラエルに登場

イスラエルのピザハットが完全に自動化されたロボットレストランを発表した。…

スイスの小売大手ミグロスがビーガンゆで卵を発売

スイスの小売大手ミグロスが植物性のゆで卵の発売を発表した。ミグロスの子会社ELS…

SavorEatがパーソナライズ化された3Dプリント植物肉バーガーを発表

イスラエルのSavorEatは28日、3Dプリンターを搭載したロボットシェフのプ…

オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提携

オランダの培養肉企業Meatableは、手頃な培地の共同開発でオランダの総合化学…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP