デリバリー

インドのデリバリーZomatoが約54億円を追加調達

>> <<

インドのフードデリバリーZomatoが、シリーズJラウンドで米国のKora Investmentsから5200万ドル(約54億円)を調達した。今回の資金調達は進行中のラウンドの一部で、最終的に6億ドル(約632億円)になると予想される。

Zomatoがこれまでに調達した資金は総額120億ドル(約1兆2600億円)となる。

Zomatoは2008年にレストラン検索サービス会社として設立されたスタートアップ。その後、フードデリバリーに進出。今年始めにはライバルであるウーバーイーツ(Uber Eats)を買収している。

Zomatoは先月、シンガポールのTemasekから6200万ドル(約65億円)、米国のベンチャーキャピタルTiger Globalから1億ドル(約108億円)を調達したばかり。

同社は新型コロナのパンデミックによる落ち込みで、今年3月にスタッフを解雇したが、現在は回復に向かい、9月の時点でパンデミック前の売上の約85%まで回復している。

ZomatoCEOによると、インドのフードデリバリーはすでに、新型コロナのパンデミック前の状態にまで回復しており、いくつかの市ではパンデミック前のピーク時の120%にまで達しているという。

ZomatoのライバルSwiggyはこれまでに160億ドル(約1兆6800億円)を調達している。

ZomatoとSwiggyはインドのデリバリートップの座を争うライバルだが、今年になって新たなライバルが登場した。巨人アマゾンだ。アマゾンは3月にインドへのフードデリバリー進出を発表、すでにPrimeNowとAmazonFreshサービスを展開している。

激化するインドのフードデリバリー業界。3社の今後の動向に注目したい。

 

参考記事

Report: Indian Delivery Service Zomato Raises an Additional $52M

Food delivery in Indian has reached pre COVID 19 number: Zomato CEO

crunchbase.com

アイキャッチ画像の出典:Zomato

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. デリバリー専門のスウェーデンVemblaが約7300万円を資金調…
  2. 食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約4…
  3. イスラエルのピザハットがドローンによる試験配達を6月から開始
  4. ホームメイド料理をデリバリーするShefが約22億円を調達
  5. 食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第…
  6. イスラエルのドローン企業Flytrexが約8億7000万円を調達…
  7. 食品ECのFarmsteadが約8億円を調達、デリバリー対応地域…
  8. まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが…

おすすめ記事

3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアップEgg’n’upを設立

3Dプリンター肉を開発するイスラエル企業SavorEatが、代替卵に特化した新し…

ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナライズ化」を導入

2018年にサンフランシスコにオープンし、話題となったロボットレストランCrea…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の量産とコストダウンを目指す

韓国の培養肉企業CellMEATがプレシリーズAで450万ドル(約4億7千万円)…

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが約2億1000万円を調達

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが、プレシードラウ…

「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億円を調達

植物ベースのチキンナゲットを開発するSIMULATEがシリーズBラウンドで500…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/17 14:38時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/17 08:30時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/17 19:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP