デリバリー

インドのデリバリーZomatoが約54億円を追加調達

インドのフードデリバリーZomatoが、シリーズJラウンドで米国のKora Investmentsから5200万ドル(約54億円)を調達した。今回の資金調達は進行中のラウンドの一部で、最終的に6億ドル(約632億円)になると予想される。

Zomatoがこれまでに調達した資金は総額120億ドル(約1兆2600億円)となる。

Zomatoは2008年にレストラン検索サービス会社として設立されたスタートアップ。その後、フードデリバリーに進出。今年始めにはライバルであるウーバーイーツ(Uber Eats)を買収している。

Zomatoは先月、シンガポールのTemasekから6200万ドル(約65億円)、米国のベンチャーキャピタルTiger Globalから1億ドル(約108億円)を調達したばかり。

同社は新型コロナのパンデミックによる落ち込みで、今年3月にスタッフを解雇したが、現在は回復に向かい、9月の時点でパンデミック前の売上の約85%まで回復している。

ZomatoCEOによると、インドのフードデリバリーはすでに、新型コロナのパンデミック前の状態にまで回復しており、いくつかの市ではパンデミック前のピーク時の120%にまで達しているという。

ZomatoのライバルSwiggyはこれまでに160億ドル(約1兆6800億円)を調達している。

ZomatoとSwiggyはインドのデリバリートップの座を争うライバルだが、今年になって新たなライバルが登場した。巨人アマゾンだ。アマゾンは3月にインドへのフードデリバリー進出を発表、すでにPrimeNowとAmazonFreshサービスを展開している。

激化するインドのフードデリバリー業界。3社の今後の動向に注目したい。

 

参考記事

Report: Indian Delivery Service Zomato Raises an Additional $52M

Food delivery in Indian has reached pre COVID 19 number: Zomato CEO

crunchbase.com

アイキャッチ画像の出典:Zomato

 

関連記事

  1. まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが…
  2. 食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約4…
  3. 漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に…
  4. 米セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自動運転車による配…
  5. スーパー・薬局が自宅までやってくる!Robomartの移動型スー…
  6. 新鮮な食材を買える自販機3.0のFarmer’s fridgeが…
  7. ホームメイド料理をデリバリーするShefが約22億円を調達
  8. 食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イングレディオンが砂糖削減ソリューションのBetter Juiceと提携

砂糖を削減する酵素技術を開発したイスラエル企業Better Juiceが、世界的…

アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市販化を目指す

アフリカに2社目の培養肉企業が登場した。2020年に設立された南アフリカ…

ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資家が注目

ナイジェリア初の植物ベース代替肉企業VeggieVictoryが投資家の注目を集…

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調達

アメリカ企業イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが1億7000万ドル(…

海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わるタンパク質源の「主役」となるか?

植物ベースの代替肉といえば、大豆、えんどう豆などが主流だが、数年後には、海藻が主…

NewFishが微細藻類由来のタンパク質粉末を開発、米国スポーツ栄養市場進出を目指す

微細藻類を活用した代替タンパク質を開発するニュージーランドのNewFishは今月…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/20 13:06時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP