新しい食

イスラエルDouxMatokの砂糖を減らしても甘さが変わらない画期的な砂糖「Incredo Sugar」、北米で量産化へ

スポンサーリンク

 

このニュースのポイント

 

●イスラエルDouxMatokが砂糖を減らせるIncredo Sugarを開発

●糖度を変えず、砂糖の使用量を40%減らせる

●この技術は塩にも適用可能

2021年に北米で量産化へ

●砂糖のキャリア(運び屋)をこれまでのシリカから非公開のミネラルに変更

 

 

イスラエルのDouxMatokが砂糖好きに嬉しい商品を開発している。

砂糖を減らしても甘さが変わらないIncredo Sugarだ。

DouxMatokは、食べても問題のない運び屋「シリカ」に砂糖をのせることで、少ない量でも砂糖をなめたときに甘く感じられる仕組みを考えだした。

砂糖をほかのもので代替するのではなく、少ない量で同じ甘さを感じられるスーパー砂糖Incredo Sugarだ。

Incredo Sugarを使うと砂糖の使用量を40%減らせる

Incredo Sugarが摂取されると、砂糖は体内で代謝され、シリカはそのまま体外に排出される。

シリカとは

 

シリカは食品添加物として広く使用される物質。

食品添加物に使用されるシリカは、結晶構造を持たない非晶質シリカで、体内で消化吸収されずに、そのまま体外に排出される。

DouxMatokの公開特許からも、砂糖を減らしても甘さは通常の砂糖と遜色ないことがうかがえる

出典:US2016/0242439 A1

 

Incredo Sugarの仕組みを図解解説

DouxMatokは当初、「運び屋(キャリア)」にシリカを使っていた。

シリカには微細な隙間がたくさんある。

公開特許によると、DouxMatokが開発したIncredo Sugarは甘味料と運び屋(キャリア)から構成される。キャリアの粒子径は1μm(0.001 ミリメートル)以上で、キャリアに砂糖などの甘味料が搭載される仕組みだ。

砂糖がシリカに吸着するイメージ 運営者が作成

まず、シリカなどキャリア表面にある多数の隙間(孔)に砂糖が入り込む(上図)。

砂糖をたっぷりのせたキャリアは重くなる。味覚受容体まで運ばれると、重さゆえに味覚受容体に長くとどまる。こうして、砂糖を効率よく味覚受容体に渡すことができ、少ない量の砂糖で同じ甘味を感じられるようになる

公開特許によると、キャリアには、シリカ、多孔質シリカ、非晶質シリカ、キトサンなどを使うことができるという。

当初はキャリアにシリカを使っていたが、現在は匂いがなく、ゼロカロリーの非公開のミネラル物質を使っている。これにより、効果が向上したという。

DouxMatok公式サイトによると、砂糖のほかに塩でも適用可能だ。塩分、糖分が気になる人にとって、味付けを変えずこれまでより健康な食事を楽しめるようになる。

Lanticと組んで北米で量産化へ

DouxMatokは今回、砂糖メーカーLanticが2021年から北米で、Incredo Sugarを量産化することを発表した。

2018年には欧州砂糖メーカーのSudzuckerと提携している。

今回の発表をうけて、欧州だけでなく北米でもDouxMatokのIncredo Sugarを産業利用できるようになる。Lanticが製造を担当し、販売からマーケティング施策はDouxMatokが担うという。

といっても、米国でIncredo Sugarを使った製品の販売は2021年後半になる見通し

北米で量産化されるのは、非公開のミネラルを使う改良版キャリア。DouxMatokは繊維を使うキャリアも現在開発中とのことで、公開特許の記載からすると、キトサンかもしれない

 

同じく甘味料開発に取り組む企業として、ネスレは、少ない量でも糖度を維持するよう砂糖を再構成する技術を開発、Joywellは発酵技術を利用して植物性の砂糖代替物を開発している。

Melibioは本物のハチミツと同じ栄養特性を備えた人工ハチミツを開発している。

DouxMatokは2014年に設立されたイスラエル・テルアビブのスタートアップ。クランチベースによると、これまでに総額3020万ドル(約31億円)を調達している。

 

参考記事

DouxMatok to Scale Production of Its Sugar Tech in N. America with Lantic

Method for producing sweetener compositions and sweetener compositions (US20160242439A1)

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズラ…
  2. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  3. キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと…
  4. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発
  5. 家庭用チョコレートメーカーChocomake|自分好みのチョコ作…
  6. Impact Snacksが世界初のカーボンポジティブな植物性ス…
  7. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  8. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…

おすすめ記事

植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功

植物由来(プラントベース)の着色料を開発するイスラエルのフードテックスタートアップのPhytolon…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会

日本初となる第1回フードテックジャパン展示会が開催された(2020年11月25-…

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

食品ロス問題に取り組む米スタートアップのApeel Sciencesは、Houwelingグループと…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

このニュースのポイントスペインNovameatが…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP