アグテック(AgTech)

穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資金調達

>> <<

22日、穀物の腐敗検知・予測センサーを展開するTeleSenseシリーズBラウンドで1020万ドル(約10億円)の資金調達に成功した。ラウンドは、農業・食品の投資に積極的なFinistere Ventures、Artesian Investment、Mindset Venturesなどが参加した。

クランチベースによると、TeleSenseのこれまでの調達額は総額1670万ドル(約17億円)となる。

TeleSenseはIoTセンサーによって穀物の保管状態をリアルタイムに検知、予測するソリューションに特化するスタートアップ。

同社はもともと、水産業や危険ガス検知にIoTソリューションを活用していた。

穀物保管業者とのやりとりで、自社技術を穀物の保管にも活用できることを発見したTeleSenseは、穀物の腐敗検知に焦点をあてたサービスを開始。穀物保管庫に接続されたセンサーが湿度や温度の状態をモニタリング、腐敗が生じる前に農家に知らせる仕組みだ。

出典:TeleSense

その後、オランダのセンサーメーカーWebstech社を買収。TeleSenseはサービス内容を単なる検知から予測までに拡張させた。こうして、AI、機械学習、IoTセンサーによって、穀物の貯蔵可能期間や、出荷の最適なタイミングまで予測できるようになった。

サービス拡張に伴い、TeleSenseのターゲットは農家から大手商社や生協にシフトした。    

TeleSenseのセンサーは大量の穀物から温度と湿度データを収集する。収集されたデータはクラウド上にワイヤレスで送信され、AIと機械学習アルゴリズムが受信データから重要な傾向を読み解く。 こうして外部からではわからない、穀物内部で起きていることをモニタリングできるようになった。

穀物の輸送にも適用

TeleSenseのサービスは、穀物の輸送でも活躍している。

同社CEOのNaeem Zafarによると、毎年、何万もの穀物を積んだ小型船がミシシッピ川からニューオリンズ港へ航行する。数週間にわたる輸送中、穀物は閉鎖された空間で、温度の変動や湿った環境により非常に腐敗しやすい状態にある。

TeleSenseを活用すると、小型船に積まれた穀物が生物的作用に起因する温度上昇によって、腐敗、燻ぶり、さらには発火する可能性があることを事前に検知することが可能になり、穀物の多大な損失を未然に防止できるようになった

「TeleSenseが開発されるまで、移動中の船の中で何が起きているか知る由はなかった」とZafarは語る。

TeleSenseは穀物以外にも木材チップ、サイレージ(家畜用飼料の一種)、じゃがいもにも適用範囲を拡大するという。

TeleSenseはカリフォルニアを拠点とするアグテックスタートアップ企業。設立は2013年。オーストラリア、欧州にも支社を持つ。

 

参考記事

IoT innovator nets US$10.2m to digitally monitor and protect grain supply chain

TeleSense: IoT for a smarter food supply

TeleSense Raises $10.2M for its IoT Crop Spoilage Prediction Platform

Telesense develops grain monitoring system for transport, gound storage

アイキャッチ画像の出典:TeleSense

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  2. 農業に塩水を活用するRed Sea Farmsが約17億円を調達…
  3. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  4. 農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億…
  5. 米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerToma…
  6. 個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発した…
  7. フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニ…
  8. 塩水で作物を栽培するサウジアラビアのRed Sea Farmsと…

おすすめ記事

培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート

培養肉が社会・環境にもたらすインパクトは大きい。動物を殺さずに肉を作れる…

ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠された可能性を追求

世界大手の食品・飲料企業ダノンはバイオテック企業Brightseedとの提携を拡…

培養肉企業インテグリカルチャーによる 「CulNetコンソーシアム」が本格始動、細胞農業の社会実装を目指す

日本を代表する培養肉企業インテグリカルチャーによる細胞農業オープンイノベーション…

培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功

オランダの培養肉企業モサミートが、培養脂肪用培地のコストダウン成功を発表した。…

菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods

日本では大豆ミート、ソイミートという言葉が浸透しているが、海外では代替肉の原料=…

植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円を調達

カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストが2億ドル(約219億円)という巨額の…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/17 14:38時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/17 08:30時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/17 19:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP