Foovo Deep

精密発酵で代替パーム油を開発するC16 Biosciencesが約5.1億円を調達、食品事業を強化

 

精密発酵で代替パーム油を開発する米C16 Biosciencesは今月、食品分野への参入に向けて、ビル&メリンダ・ゲイツ財団から350万ドル(約5億1600万円)の助成金を獲得したことを発表した

世界の食用油産業は2050年までに8,700億ドルに達すると予測されているが、油糧作物を栽培するための土地の不足により、この産業の成長は制限されると予想されている。

ニューヨークに拠点を置くC16 Biosciencesは、酵母を活用した精密発酵によりパーム油に代わる持続可能なブランド「Palmless」を開発し、昨年からPalmlessを使用した消費者向け製品を発売している。

今回、食品業界への参入計画を発表したことについて共同創業者のShara Ticku氏は、「食品用のより良い油脂の生成は、創業当初から当社の目標と戦略の重要な部分でしたが、市場に参入する適切な時期を戦略的に待っていました」と述べている。

C16 Biosciencesが代替パーム油で食品業界への進出を加速

共同創業者のShara Ticku氏(左)とDavid Heller氏(右) 出典:C16 Biosciences

2018年設立のC16 Biosciencesは、2023年始めに化粧品業界向けに「Palmless ™ Torula oil」を使用した美容オイル製品を発売した。これは同社初の消費者向け製品となった。

昨年7月には、PANGAIA、Haeckelsと協力し、「Palmless Torula oil」を使用した固形石鹸「REWILD Body Block」限定200個をオンライン、ロンドン店舗で販売(下記写真)。いずれの製品も24時間以内に完売したという。

出典:C16 Biosciences

C16 Biosciencesは今年前半にも、数十の美容ブランドと協力し、製品の発売を計画している。

今回発表されたビル&メリンダ・ゲイツ財団からの助成金は3年間にわたるものとなる。C16 Biosciencesはこの資金で、「非農業由来の原料」を使用して食品グレードの油脂を生産することで、発酵プラットフォームの拡大を目指す。また、追加の研究スタッフの雇用も予定している。

昨年10月にはElemental Exceleratorのコホートに参加し、アメリカでGRASステータス取得に向けて100万ドル(約1億4700万円)を獲得している。

非農業由来の原料を使用した発酵プロセス

出典:C16 Biosciences

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:C16 Biosciences

 

関連記事

  1. ケンタッキー、ビヨンド・ミートの代替フライドチキンを全米で販売
  2. 菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyFor…
  3. アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶…
  4. ダノンが精密発酵企業Imagindairyに出資、細胞農業企業で…
  5. Nowadaysが約9億円を調達、健康的な植物性チキンナゲットの…
  6. CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品…
  7. Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得
  8. 3D Bio-Tissuesが植物性足場を使用しない培養ステーキ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イスラエルのドローン企業Flytrexが約8億7000万円を調達

ドローンスタートアップFlytrexは800万ドル(約8億7000万円)を調達し…

Juicy Marblesが植物由来の骨付きリブ肉の開発に成功、今月より限定販売をスタート

スロベニアの代替肉企業Juicy Marblesは今月、骨付きの代替リブ肉を発表…

菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円を調達、2022年に商品の販売へ

菌糸体からブロック肉を開発する米Meati Foodsが、シリーズBで5000万…

スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka Foods

インドのフードテック企業Naka Foodsは、スピルリナ由来の栄養スナックバー…

「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helaina

代替タンパク質の領域では、微生物を活用してタンパク質を作る精密発酵と呼ばれる技術…

香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

香港グリーンマンデーがイギリスに進出する。同社の代替ポーク『オムニポーク…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP