Foovo Deep

精密発酵で代替パーム油を開発するC16 Biosciencesが約5.1億円を調達、食品事業を強化

 

精密発酵で代替パーム油を開発する米C16 Biosciencesは今月、食品分野への参入に向けて、ビル&メリンダ・ゲイツ財団から350万ドル(約5億1600万円)の助成金を獲得したことを発表した

世界の食用油産業は2050年までに8,700億ドルに達すると予測されているが、油糧作物を栽培するための土地の不足により、この産業の成長は制限されると予想されている。

ニューヨークに拠点を置くC16 Biosciencesは、酵母を活用した精密発酵によりパーム油に代わる持続可能なブランド「Palmless」を開発し、昨年からPalmlessを使用した消費者向け製品を発売している。

今回、食品業界への参入計画を発表したことについて共同創業者のShara Ticku氏は、「食品用のより良い油脂の生成は、創業当初から当社の目標と戦略の重要な部分でしたが、市場に参入する適切な時期を戦略的に待っていました」と述べている。

C16 Biosciencesが代替パーム油で食品業界への進出を加速

共同創業者のShara Ticku氏(左)とDavid Heller氏(右) 出典:C16 Biosciences

2018年設立のC16 Biosciencesは、2023年始めに化粧品業界向けに「Palmless ™ Torula oil」を使用した美容オイル製品を発売した。これは同社初の消費者向け製品となった。

昨年7月には、PANGAIA、Haeckelsと協力し、「Palmless Torula oil」を使用した固形石鹸「REWILD Body Block」限定200個をオンライン、ロンドン店舗で販売(下記写真)。いずれの製品も24時間以内に完売したという。

出典:C16 Biosciences

C16 Biosciencesは今年前半にも、数十の美容ブランドと協力し、製品の発売を計画している。

今回発表されたビル&メリンダ・ゲイツ財団からの助成金は3年間にわたるものとなる。C16 Biosciencesはこの資金で、「非農業由来の原料」を使用して食品グレードの油脂を生産することで、発酵プラットフォームの拡大を目指す。また、追加の研究スタッフの雇用も予定している。

昨年10月にはElemental Exceleratorのコホートに参加し、アメリカでGRASステータス取得に向けて100万ドル(約1億4700万円)を獲得している。

非農業由来の原料を使用した発酵プロセス

出典:C16 Biosciences

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:C16 Biosciences

 

関連記事

  1. 精密発酵でカゼインを開発するMuu、韓国のロッテ精密化学とMOU…
  2. 米パーフェクトデイ、インドで精密発酵タンパク質の認可を取得、イン…
  3. 菌糸体から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調…
  4. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  5. トッピングが選べるソフトクリーム自販機iCream、今後はアニマ…
  6. ドイツのPlanet A Foodsが代替チョコレートをスーパー…
  7. マクドナルド、ビヨンドミートと開発した植物性マックナゲットをドイ…
  8. 細胞農業(細胞培養・精密発酵)で代替母乳を開発するスタートアップ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

タイソンの植物肉ブランドRaised & Rootedが100%植物ベースの新商品を発売

タイソンフーズが植物肉への取り組みを強化する。自社の植物性ブランドRai…

フランス・パリにPazziによるピザロボットレストランがオープン!

フランスを拠点とする食品スタートアップのPazziが、フランス、パリにピザロボッ…

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

↓ラジオ音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

米The Every Company、精密発酵で作られた史上初の液状卵EVERY Eggを発表

精密発酵で卵白タンパク質を開発する米The Every Companyが、鶏に依…

二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutrientsが約5.1億円を調達

工業的に排出された二酸化炭素、水素、微生物を活用して代替タンパク質を開発するNo…

Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカを今年後半に発売

シカゴを拠点とするフードテック企業Aqua Cultured Foods(アクア…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/14 11:31時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP