代替プロテイン

精密発酵プラットフォームの提供を目指すFermify、カゼインサンプルの提供を開始

 

食品メーカー向けに精密発酵カゼインのプラットフォームの提供を目指すオーストリア企業Fermifyが、精密発酵カゼインのサンプル提供を開始したことを発表した

Fermifyは公式サイトで現在、β-カゼインのサンプル注文を受け付けている。

2021年に設立されたFermifyは、昨今急増している精密発酵企業の中で、独自のポジションを築いている。

同社は、自社で製造した精密発酵カゼインを使用した商品開発や、他社への原料供給ではなく、食品メーカーにカゼインを自社製造するための自動化されたB2Bプラットフォームの提供を目指している。Foovoの認識では、精密発酵による乳製品開発で、プラットフォーム事業を行う企業はFermifyのみとなる。

オーストリア企業Fermify、カゼインサンプルの提供を開始

出典:Fermify

Fermifyは昨年5月のシードラウンドでの資金調達時、45社を超える見込み客がいることを発表した

今回、カゼインのサンプル提供を開始した経緯として、過去1年半で世界中の酪農家、チーズメーカー、食品メーカーから問い合わせがあったものの、入手できる精密発酵カゼインが市場になかったことを挙げている。

β-カゼインのサンプル提供により、より多くの見込み客に精密発酵カゼインを直接使用してもらうことで、Fermifyのプラットフォーム導入を検討してもらう機会創出が可能になる。

精密発酵による食品開発に興味があるものの、自社で技術やインフラのない食品メーカーにとっては、Fermifyのカゼインを試すことで、他社からの原料調達か、自社生産かの方向性を検討することが可能になる。

Fermifyによると、現在は伸縮性、融解性などの機能性を試験するための50gの提供となるが、夏にはチーズなど乳製品開発のために1-5kgの提供を開始する予定だという。

非カゼインミセル加工の謎を解明

出典:Fermify/Bilfinger Life Science

Fermifyは、培養脂肪スタートアップPeace of Meatを設立したEva Sommer氏と、Christoph Herwig氏が2021年に設立した。同社は昨年、2023年半ばまでに最初のユニット販売を目指していたが、現在までに販売は確認されていない。

Fermifyは、乳タンパク質生産の持続可能で経済的に実行可能なソシューションのために、連続的な精密発酵を解明した最初の企業だと主張している。

Sommer氏は年末に自身のリンクトインで、過去12ヵ月にわたり、パイロットスケールでデジタルツインにより制御される組換えカゼイン製造の連続プロセスを目標に、プロセス全体の最適化に取り組んだ結果、成功したことに言及した。

同時に、ミセルでないカゼインをチーズや他の乳製品にどのように加工するかの謎も解明できたと述べている。

「カゼインミセルの製造は、1kgあたり10-12ユーロ以下の製品にとって不必要な苦痛であり、複雑すぎるため、私たちの仮設が正しかったことに安心しています」(Eva Sommer氏)

同社はβ-カゼインの食品用途における可能性を社内で研究している。

最近の発表では、β-カゼインがバルク・機能性成分いずれにおいて可能性があること、バルク成分関連の研究において、β-カゼインが脂肪、水、塩と共に、チーズカードを作るうえで唯一の構造化剤としての能力を持つことなどを見出したとしている

 

参考記事

Fermify Linkedin

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Fermify

 

関連記事

  1. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  2. ChickPがひよこ豆由来のクリームチーズ、チェダーチーズを開発…
  3. 培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍…
  4. 代替肉ビヨンドミートが初の海外工場となる中国生産施設をオープン
  5. Redefine Meatが70のレストランと新規パートナーシッ…
  6. 上海の培養肉企業CellXがパイロット工場を開設、年内に米・シン…
  7. 二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutri…
  8. 培養肉の法整備を目指す議員連盟が発足、年内に試食実現のための提言…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

微細藻類を活用するカナダのProfillet、ホールカットの植物性ナマズをFuture Food-Techで初披露

微細藻類を活用して植物性シーフードを開発するProfilletが、サンフランシス…

代替シーフードのAqua Cultured Foods、スイスの小売大手ミグロスとPoC契約を締結

代替シーフード企業Aqua Cultured Foodsは16日、スイスの小売大…

菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達

菌糸体から代替肉を開発するAtlast FoodがシリーズAで4000万ドル(約…

NotCoが約95億円を調達、食品業界向けのAIプラットフォーム構築へ

チリのフードテック・ユニコーン企業NotCoは12日、シリーズDラウンドで700…

ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備

ネスレが培養肉事業に参入する準備を進めている。ネスレが培養肉と植物肉をブ…

Gelatex、年間300トンの培養肉生産を可能とする足場生産の試運転をスタート

培養肉用の足場を開発するエストニアのGelatexは先月、ナノファイバー材料の開…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP