代替プロテイン

代替肉ブランドTiNDLEを開発するNext Gen Foodsが約114億円を調達、米国本格進出へ

 

植物由来の代替肉を開発するシンガポール企業Next Gen Foods(ネクスト・ジェン・フーズ)は15日、シリーズAラウンドで1億ドル(約114億円)を調達した

これは、昨年2月、7月に実施された計3000万ドルのシードラウンドに続くものとなる。この調達により、調達総額は1億3220万ドル(約152億円)となった。

同社は今月より、アメリカのレストラン、オンラインストアで自社代替肉ブランドTiNDLEの販売を開始する。

Next Gen Foodsがアメリカ市場に本格進出

出典:Next Gen Foods

2020年にシンガポールに設立されたNext Gen Foodsは、大豆、小麦など9つの原料を使用した代替鶏肉ブランドTiNDLEを展開している。TiNDLEは「lipi」という特別成分をブレンドしており、これが本物の鶏肉のような味と風味を生み出す秘訣となっている。

同社は、シンガポールの限られたレストランでTiNDLEを販売してから1年経たない短期間で、アメリカ、アムステルダム、香港、シンガポール、ドバイなどの200を超えるレストランで販売を実現した。

今月より、アメリカのカリフォルニア(サンフランシスコ、ロサンゼルス、ナパ)、ニューヨークマイアミフィラデルフィアのレストランでTiNDLEが提供される。数ヵ月かけてアメリカの主要都市への提供を拡大する予定だ。

Next Gen FoodsのCEO兼共同創業者Andre Menezes氏は、長い間、ターゲット市場であったアメリカ進出を実現したことについて、「気候危機に歯止めをかけるための美味しくて持続可能な食品を提供するという私たちの旅の序章にすぎません」とコメントしている。

出典:Next Gen Foods

今月より、アメリカの販売業者は、60年の歴史を持つ大手二次卸業者DOT Foodsを通じてTiNDLEを注文できる。これにより全米50州でTiNDLEが流通するようになる。レストランは地元の卸業者から直接または、FoodServiceDirect.comを通じてTiNDLEを購入できる。

調達した資金の一部は、今年後半にシンガポールにオープンする予定の新しい研究開発センターに充てられる。この研究開発センターはシンガポールの政府系ファンド、テマセクのアジア・サステナブル・フーズ・プラットフォームによって設立される。

植物肉で続く大型の資金調達

出典:Next Gen Foods

クランチベースによると、過去2年間で、植物由来食品の企業に対する出資額は46億ドル以上となった。ここ数ヵ月で、下記の大型の資金調達が実施されている。

唯一、シンガポールで販売されている培養肉にも、過去1年間で8億ドル以上が集まっている。

今回のラウンドにはテマセク・ホールディングスアジア・サステナブル・フーズ・プラットフォームGGVキャピタルK3ベンチャーズなどの既存投資家に加え、新たにAlpha JWCベンチャーズ、シンガポールのグローバル投資ファンドEDBI、イギリスを拠点とするMLPベンチャーズなど、ヨーロッパ・アジアを拠点とする投資家らが参加した。

 

参考記事

Next Gen Foods Debuts TiNDLE in the United States and Announces a Record-Breaking $100 Million Series A Funding Round

Next Gen Gobbles $100M As Fake Meat Category Grows

 

関連記事

 

関連記事

  1. 培養肉企業フューチャーミートが約394億円を調達、生産コストを1…
  2. 米UPSIDE Foodsが培養鶏肉の提供でミシュラン星付きシェ…
  3. アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市…
  4. CSIROが支援するEden Brewが約6.4億円を調達、精密…
  5. 培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが…
  6. 精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotec…
  7. ピーナッツから代替肉を作る中国企業HaoFood、2021年に中…
  8. Mogale Meatがアフリカで初の培養鶏胸肉を発表

おすすめ記事

食料品店の救世主!食品廃棄を減らして売上を伸ばすShelf Engineが約44億円を調達

食料品店が直面する食品廃棄・在庫切れ問題を、AIを活用して解決するShelf E…

「本物のようにほぐれる」ホールカットの代替タラを開発するアイルランド企業Sea&Believe

アイルランドのスタートアップSea&Believeは、ビーガン向けホール…

二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド国営電力会社と提携

二酸化炭素を原料に持続可能で高品質な食品・飼料用タンパク質を開発するイギリス企業…

モサミート、牛脂肪細胞を培養する無血清培地に関する論文を発表

オランダの培養肉企業モサミートは、ウシ胎児血清(FBS)を使用せずに脂肪を培養す…

BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発、培養肉のコスト削減に挑む

イスラエルのバイオテクノロジー企業BioBetterは、植物のタバコを活用し、培…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/28 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/28 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/28 06:54時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/28 16:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP