代替プロテイン

代替肉ブランドTiNDLEを開発するNext Gen Foodsが約114億円を調達、米国本格進出へ

 

植物由来の代替肉を開発するシンガポール企業Next Gen Foods(ネクスト・ジェン・フーズ)は15日、シリーズAラウンドで1億ドル(約114億円)を調達した

これは、昨年2月、7月に実施された計3000万ドルのシードラウンドに続くものとなる。この調達により、調達総額は1億3220万ドル(約152億円)となった。

同社は今月より、アメリカのレストラン、オンラインストアで自社代替肉ブランドTiNDLEの販売を開始する。

Next Gen Foodsがアメリカ市場に本格進出

出典:Next Gen Foods

2020年にシンガポールに設立されたNext Gen Foodsは、大豆、小麦など9つの原料を使用した代替鶏肉ブランドTiNDLEを展開している。TiNDLEは「lipi」という特別成分をブレンドしており、これが本物の鶏肉のような味と風味を生み出す秘訣となっている。

同社は、シンガポールの限られたレストランでTiNDLEを販売してから1年経たない短期間で、アメリカ、アムステルダム、香港、シンガポール、ドバイなどの200を超えるレストランで販売を実現した。

今月より、アメリカのカリフォルニア(サンフランシスコ、ロサンゼルス、ナパ)、ニューヨークマイアミフィラデルフィアのレストランでTiNDLEが提供される。数ヵ月かけてアメリカの主要都市への提供を拡大する予定だ。

Next Gen FoodsのCEO兼共同創業者Andre Menezes氏は、長い間、ターゲット市場であったアメリカ進出を実現したことについて、「気候危機に歯止めをかけるための美味しくて持続可能な食品を提供するという私たちの旅の序章にすぎません」とコメントしている。

出典:Next Gen Foods

今月より、アメリカの販売業者は、60年の歴史を持つ大手二次卸業者DOT Foodsを通じてTiNDLEを注文できる。これにより全米50州でTiNDLEが流通するようになる。レストランは地元の卸業者から直接または、FoodServiceDirect.comを通じてTiNDLEを購入できる。

調達した資金の一部は、今年後半にシンガポールにオープンする予定の新しい研究開発センターに充てられる。この研究開発センターはシンガポールの政府系ファンド、テマセクのアジア・サステナブル・フーズ・プラットフォームによって設立される。

植物肉で続く大型の資金調達

出典:Next Gen Foods

クランチベースによると、過去2年間で、植物由来食品の企業に対する出資額は46億ドル以上となった。ここ数ヵ月で、下記の大型の資金調達が実施されている。

唯一、シンガポールで販売されている培養肉にも、過去1年間で8億ドル以上が集まっている。

今回のラウンドにはテマセク・ホールディングスアジア・サステナブル・フーズ・プラットフォームGGVキャピタルK3ベンチャーズなどの既存投資家に加え、新たにAlpha JWCベンチャーズ、シンガポールのグローバル投資ファンドEDBI、イギリスを拠点とするMLPベンチャーズなど、ヨーロッパ・アジアを拠点とする投資家らが参加した。

 

参考記事

Next Gen Foods Debuts TiNDLE in the United States and Announces a Record-Breaking $100 Million Series A Funding Round

Next Gen Gobbles $100M As Fake Meat Category Grows

 

関連記事

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. ひよこ豆由来のタンパク質を開発するInnovoProが約3億円を…
  2. 米コストコがビヨンドミートボールの取り扱いを一部店舗で開始
  3. 英Ivy Farm、欧州最大の培養肉パイロット工場をオープン
  4. 大平シェフのベジ料理・通販「366vivi」を食べてみた正直な感…
  5. 分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4…
  6. 中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金…
  7. 培養油脂のPeace of Meatと英ENOUGH、マイコプロ…
  8. 米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|…

おすすめ記事

アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

気候変動に対する問題意識はあっても、普段の生活で自分の行動が気候変動にどのような…

培養シーフードのShiok Meatsが生産コスト50ドル/kgを実現、2023年に培養エビ上市へ

アジアにおける培養シーフードの先駆けであるシンガポール企業Shiok Meats…

Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが、予約注文の受付を開始したことを発表…

タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリカの飲食店で発売

アメリカのスタートアップ企業New Wave Foodsは、アメリカの飲食店で植…

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

アメリカ、デラウェア州を拠点とするReGrainedは、ビールの醸造で発生する大…

Wilk、細胞培養乳脂肪を使った「世界初」のヨーグルトを開発するプロジェクトを始動

細胞培養による代替母乳・ミルクを開発するイスラエルのWilk(旧称Bio Mil…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/25 19:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/26 13:10時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(09/26 01:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/25 15:31時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP