代替プロテイン

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

 

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foods植物性ジャーキーを発売した。

原料はキノコの中でも、もともと肉のような食感のあるエリンギを使う。

自宅のキッチンで始めたジャーキーの開発

Moku Foodsの創業者Matt Feldman氏がビジネスアイディアを思いついたのは、ポータベロ・マッシュルームという大きなマッシュルームを大量に買い込み、自宅でオリジナルなジャーキーを作ったのがきっかけだった。

自宅のキッチンで作った「ジャーキー」を家族や友人に食べてもらったところ反響があり、改良をつづけた。

そしてトップシェフであり、アメリカ企業イート・ジャストで以前商品開発を担当していたThomas Bowman氏の協力を得て、肉のような食感のある商品に仕上がった。

出典:Moku Foods

Moku Foodsのエリンギ由来のジャーキーは本物の牛肉ジャーキーのような噛み応えを再現するために、複数回、調理されて作られている。

オリジナル、ハワイアン・照り焼き、スウィート・スパイシーの3つの味があり、現在、Mokuの公式サイトのほか海外アマゾンで販売されている(この記事の執筆時点でアマゾンでは在庫切れになっている)。

ジャーキーにはエリンギのほかに、トマト、パイナップル、ひよこ豆、メープルシロップ、ココナッツなどを使用している。

大豆、グルテンといったアレルゲンを含まず、ヴィーガンで、GMOフリーな商品となる。商品1袋あたり、タンパク質を4g、食物繊維を7g含む。

「ジャーキーを作るのが目的ではありません」

公式サイトによると、Mokuのジャーキー1袋で、12平方フィートの土地、約405Lの水を節約でき、約5kgの二酸化炭素排出量を出さずにすむ

Moku Foodsは最近、初のラウンドで出資を受けた。

詳細な調達額は非公開とされるが、Forbesによると100万ドル(約1億円)以上の出資を受けている。

このラウンドにはSiddhi CapitalVanterra CapitalKBW VenturesMana VenturesBarrel Venturesが参加した。

創業者Matt Feldman氏 出典:Moku Foods

プラントベース食品に参入した理由について、Feldman氏は次のように語っている。

「僕たちはジャーキーを作るのが目的ではありません。健康で、持続可能な未来のために、毎日の生活の中で軽食を選ぶところから、一歩を踏み出してほしいのです。Mokuなら、食事にプラントベース食品を取り込むのが簡単です。小さな変化の積み重ねです」。

 

マッシュルームを使ってジャーキーを作る取り組みはほかにもある。

アメリカのEat The Changeもマッシュルームを使ってジャーキーを開発している。

共同創業者の1人は、ビヨンド・ミートの会長を務めるセツ・ゴールドマン氏。USDAオーガニック認証を受けたマッシュルームを使用しており、今年1月から全米の小売で販売されている。

オレゴンを拠点とするPan’s Jerkyは昨年、Shark Tankの番組に登場してマーク・キューバン氏から30万ドルの出資を受けることに成功し、再び注目を集めた。

出典:Moku Foods

現在、Mokuのジャーキーは公式サイトとアマゾンで販売されているが、まもなく低所得層をターゲットにした会員制のオンラインスーパーThrive Marketで販売される。

Feldman氏は、フォーブスが選ぶ、世界に多大な影響を与える30歳未満の30人30 UNDER 30 2021」に選ばれている。

Mokuにとって、植物性ジャーキーは最初の商品にすぎず、他の商品も開発していくとしている。

 

参考記事

Moku: Hawaii-Based Vegan Brand Launches Mushroom Jerky Line Backed By Thrive & Casper Founders

Moku Foods Makes Jerky from King Oyster Mushrooms

 

アイキャッチ画像の出典:Moku Foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進…
  2. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  3. 代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替…
  4. 韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlime…
  5. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…
  6. 微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を…
  7. 韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の…
  8. 植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Drea…

おすすめ記事

Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携、培養魚の生産コスト90%削減を発表

Avant Meatsは培養タンパク質の生産コストを90%削減することに成功した…

米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの牛脂肪構造の作製に成功

このニュースのポイント Meat-Tech 3…

トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro

新型コロナウイルスの影響により、人との接触を減らせる「次世代自販機」が海外では注…

代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達、3月末までに飲食店で提供予定

植物ベースの代替魚開発に取り組むNew Wave Foodsが、シリーズAラウン…

微生物発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが初ラウンドで約12億円を調達

オーストラリアのスタートアップ企業Nourish Ingredientsが初のラ…

ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fynd、発酵タンパク質を使った新商品を発表

微生物発酵で代替タンパク質を開発する米Nature’s Fyndが、最初の商品を…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP