自販機3.0

「移動型レストラン」自販機3.0のスウェーデン企業VEATが初の資金調達、欧州への展開を目指す

 

このニュースのポイント

 

●フード自販機のVEATがプレシードで資金調達

●外食産業をアップデートする可能性を持つ自販機3.0

●VEATは植物性メニューを提供

●2021年に欧州他国への展開を狙う

 

移動型レストランともいえる、フード用自販機のスタートアップVEATがプレシードラウンドで50万ユーロ(約6190万円)の資金調達に成功した。

VEATはスウェーデンを拠点とするフード用自販機のスタートアップだ。

外食産業をアップデートさせる自販機3.0

自販機3.0のイメージ 自販機3.0の代表格Chowboticsのサリー トッピングをアレンジできる 出典:Chowbotics

フード用自販機は自販機3.0と呼ばれる、新しいタイプの自販機。

できたものを販売するこれまでのスタイルに、提供メニューをカスタマイズできる機能が追加されている

レストランを自動化・ポータブルにしている点で、「移動型レストラン」という方がイメージしやすい

こうした自販機3.0は、オーダー、調理、提供、決済のすべてに人手を介さない点で、withコロナ時代のニーズに極めてマッチした新しい形態といえる。

初の資金調達に成功したVEATはスウェーデン・ストックホルムに今月1号機となる植物性食品の自販機を設置した。今回調達した資金を活用して、今後はほかの欧州諸国に進出を狙う。

VEATの自販機は、新鮮なサラダなど、植物性メニューをいつでも入手できるのが特徴だ。トッピングをカスタマイズできる機能はないと思われる。

植物性メニューを提供するVEAT

創業者Andreas Karlssonが2019年にVEATを設立。同社の特徴は、提供されるメニューがすべて植物性であること。

シカゴを拠点とするFarmer’s Fridgeやニューヨーク発のFresh Bowlのように、100%植物性の料理を提供する自販機のブランドを欧州で確立したい考えだ

VEAT創業者のAndreas Karlsson 出典:VEAT

VEATの自販機で購入できるのは、サラダ、巻物、インスタント食品、スナック、飲料水。価格は2.8ユーロ(約340円)~8.3ユーロ(約1000円)。提供される料理はすべて、スウェーデンシェフが手掛けたもので、VEATが所有するキッチンで地元の材料を使って作る。

VEATは今月ストックホルムに最初の自販機を設置。今後は、百貨店、コワーキングスペース、金融機関本社などに設置する。年内にさらに10個の自販機をストックホルム市内に設置する予定。2021年には欧州の他の国への展開を目指している。

今回のラウンドには、気候変動に取り組むベンチャーキャピタルPale Blue Dot、Robert Ahldin、ドイツ・ベルリンのシードファンド(ごく初期のベンチャーに投資するファンド)Purple Orange Ventures、Erik Segerborg、Shio Equityらが参加した。

新型コロナによって、自販機のアップデートが加速している。日本においても、数メートル歩けば自販機があるというやや煙たがられる存在から、ゼロタッチの購入・配達・決済を実現するツールに変わる可能性は十分にある

安全・安心だけでなく、好きなメニューにカスタマイズできる利便性も兼ねた自販機3.0は今後の外食サービスをけん引する存在になるだろう。

 

参考記事

VEAT: Swedish Plant-Based Vending Machine Maker Bags US$590K For Europe Launch

VEAT Raises €0.5M Pre-Seed Round, Launches Vending Machine for Plant-Based Foods

アイキャッチ画像の出典:VEAT

 

関連記事

  1. 新鮮な食材を買える自販機3.0のFarmer’s fridgeが…
  2. 韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショ…
  3. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式…
  4. パーソナライズ化された次世代自販機のBolkが約5億円のシード資…
  5. Basil Streetがピザ自販機をアメリカの国際空港に導入、…
  6. ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出
  7. ピザ自販機のBasil Streetが操業停止
  8. ラーメン自販機のYo-Kai Expressが家庭用調理機『Ta…

おすすめ記事

料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するスマート調理家電Hestan Cue

ステーキ肉を買ってきたけれど、焼き加減や時間がわからず失敗してしまったことはない…

牛を使わずにモッツアレラチーズを開発する米New Cultureが約28億円を調達

アニマルフリーなモッツアレラチーズを開発する米New CultureはシリーズA…

細胞を培養して代替母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千万円を調達

このニュースのポイント●代替母乳を開発するシンガ…

KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

シンガポールのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が植物肉バーガーを期間限定…

ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培養シュニッツェルを開発

ドイツのフードテックスタートアップAlife Foodsは、欧州のスパイス大手F…

規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull Harvestが約26億円を調達

規格外・余剰の農産物をB2Bで販売するプラットフォームを構築するFull Har…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/28 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/28 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/28 06:54時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/28 16:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP