ロボット

「移動型レストラン」自販機3.0のスウェーデン企業VEATが初の資金調達、欧州への展開を目指す

スポンサーリンク

 

このニュースのポイント

 

●フード自販機のVEATがプレシードで資金調達

●外食産業をアップデートする可能性を持つ自販機3.0

●VEATは植物性メニューを提供

●2021年に欧州他国への展開を狙う

 

移動型レストランともいえる、フード用自販機のスタートアップVEATがプレシードラウンドで50万ユーロ(約6190万円)の資金調達に成功した。

VEATはスウェーデンを拠点とするフード用自販機のスタートアップだ。

外食産業をアップデートさせる自販機3.0

自販機3.0のイメージ 自販機3.0の代表格Chowboticsのサリー トッピングをアレンジできる 出典:Chowbotics

フード用自販機は自販機3.0と呼ばれる、新しいタイプの自販機。

できたものを販売するこれまでのスタイルに、提供メニューをカスタマイズできる機能が追加されている

レストランを自動化・ポータブルにしている点で、「移動型レストラン」という方がイメージしやすい

こうした自販機3.0は、オーダー、調理、提供、決済のすべてに人手を介さない点で、withコロナ時代のニーズに極めてマッチした新しい形態といえる。

初の資金調達に成功したVEATはスウェーデン・ストックホルムに今月1号機となる植物性食品の自販機を設置した。今回調達した資金を活用して、今後はほかの欧州諸国に進出を狙う。

VEATの自販機は、新鮮なサラダなど、植物性メニューをいつでも入手できるのが特徴だ。トッピングをカスタマイズできる機能はないと思われる。

植物性メニューを提供するVEAT

創業者Andreas Karlssonが2019年にVEATを設立。同社の特徴は、提供されるメニューがすべて植物性であること。

シカゴを拠点とするFarmer’s Fridgeやニューヨーク発のFresh Bowlのように、100%植物性の料理を提供する自販機のブランドを欧州で確率したい考えだ

VEAT創業者のAndreas Karlsson 出典:VEAT

VEATの自販機で購入できるのは、サラダ、巻物、インスタント食品、スナック、飲料水。価格は2.8ユーロ(約340円)~8.3ユーロ(約1000円)。提供される料理はすべて、スウェーデンシェフが手掛けたもので、VEATが所有するキッチンで地元の材料を使って作る。

VEATは今月ストックホルムに最初の自販機を設置。今後は、百貨店、コワーキングスペース、金融機関本社などに設置する。年内にさらに10個の自販機をストックホルム市内に設置する予定。2021年には欧州の他の国への展開を目指している。

今回のラウンドには、気候変動に取り組むベンチャーキャピタルPale Blue Dot、Robert Ahldin、ドイツ・ベルリンのシードファンド(ごく初期のベンチャーに投資するファンド)Purple Orange Ventures、Erik Segerborg、Shio Equityらが参加した。

新型コロナによって、自販機のアップデートが加速している。日本においても、数メートル歩けば自販機があるというやや煙たがられる存在から、ゼロタッチの購入・配達・決済を実現するツールに変わる可能性は十分にある

安全・安心だけでなく、好きなメニューにカスタマイズできる利便性も兼ねた自販機3.0は今後の外食サービスをけん引する存在になるだろう。

 

参考記事

VEAT: Swedish Plant-Based Vending Machine Maker Bags US$590K For Europe Launch

VEAT Raises €0.5M Pre-Seed Round, Launches Vending Machine for Plant-Based Foods

アイキャッチ画像の出典:VEAT

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…
  2. Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を…
  3. 中国OriconStar(猎户星空)がバリスタロボットRobot…
  4. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  5. 多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を…
  6. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…
  7. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…

おすすめ記事

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会

日本初となる第1回フードテックジャパン展示会が開催された(2020年11月25-…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

このニュースのポイントスペインNovameatが…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

食品ロス問題に取り組む米スタートアップのApeel Sciencesは、Houwelingグループと…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP