代替プロテイン

ビヨンドミートとペプシコの合弁会社Planet Partnershipが、最初の製品であるビヨンドミートジャーキーを全国規模で発売

 

ビヨンドミートとペプシコは先月、ビヨンドミートジャーキーの発売を発表した。この「手軽で美味しい」植物由来ジャーキーは、両社の合弁会社Planet Partnershipから発売される最初の製品となる。

先月から全国販売されたビヨンドミートジャーキーは「持ち運びが容易で風味豊かなスナック」で、人と地球に優しい製品の開発を目指すビヨンドミートとペプシコの考えに基づいて開発された。

漬け込んでじっくりローストしたビヨンドミートジャーキーは、オリジナル、ホットスパイシー、テリヤキという3種のフレーバーが用意されている。1袋当たりのタンパク質は10グラムでコレステロールは含まれず、エンドウ豆や緑豆といった植物由来の単純な組成で、遺伝子組み換え品や大豆、グルテンは不使用である。

ビヨンドミートジャーキーには3種類の詰め合わせサイズがあり、ビヨンドミート初の常温製品として新たな流通経路を開拓し、食料品店からガソリンスタンド、会員店や薬局などどこでも簡単に購入できる健康志向のスナックを目指す。

Planet PartnershipのCEOであるDan Moisan氏は、「ビヨンドミートとペプシコの合弁会社であるPlanet Partnershipから最初の製品が発売されることにワクワクしている。ビヨンドミートジャーキーの全国発売により、植物肉製品を多くの家庭に届けることができるようになる。美味しく優れたタンパク源で、外出中やオフィス、あるいは探検中でも手軽に食べることのできる製品である」と述べている。

2021年に設立されたPlanet Partnershipは、植物タンパク製品の開発におけるビヨンドミートの先端技術と、消費者に新たな喜びと興奮をもたらすペプシコの世界規模の販売手法の融合を進める。今後もスナックから飲料にいたる多くの革新的な植物タンパク食品の開発をおこない、人の健康と地球に役立つ持続可能なフードシステムを構築していく。

ビヨンドミートの売上高は2021年度で4億6500万ドル(約570億円)と14%の増加を示したが、多くの競合会社が植物タンパク代替肉に参入してくるなかで販管費(商品・サービスの販売や管理にかかった経費)も約1億ドル(約123億円)と57%増加している。つまり、前年比14%の売上増は大幅な経費増加に支えられている

今後、ビヨンドミートが植物タンパク質における製品カテゴリーを拡大することができるかを予測するうえで、今回発売したビヨンドミートジャーキーは重要なアイテムであると考えられる。

 

参考記事

BEYOND MEAT® AND PEPSICO’S PLANET PARTNERSHIP DEBUTS BEYOND MEAT JERKY, THE JOINT VENTURE’S FIRST PRODUCT, AT RETAILERS NATIONWIDE

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Planet Partnership

 

関連記事

  1. 培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが…
  2. シンガポール発、Fattastic Technologiesのオ…
  3. 精密発酵で乳タンパク質を開発するBon Vivantが約24億円…
  4. 6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガ…
  5. 海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わる…
  6. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…
  7. ドイツ企業Kynda、食品副産物を活用した「廃棄物ゼロ」の菌糸体…
  8. アレフ・ファームズ、タイ初の培養肉工場建設でBBGI、Fermb…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが約2億1000万円を調達

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが、プレシードラウ…

中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レストランで販売開始

上海を拠点とする代替鶏肉スタートアップHaoFoodが上海のレストランと代替肉の…

米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な料理ロボット、在庫管理も自動化

このニュースのポイント●Bowlton Kitc…

米Nepra Foods、製パン用の代替卵白粉末の商用生産を開始

コロラドを拠点とするNepra Foodsは、製パン卸売業者向けの独自の代替卵白…

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカを今年後半に発売

シカゴを拠点とするフードテック企業Aqua Cultured Foods(アクア…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/18 13:04時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/17 22:30時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/18 02:16時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/18 18:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/18 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/17 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP