レストランテック

RoboBurgerが世界初のハンバーガー全自動販売機の提供を開始

 

過去にはピザの自販機サラダボウルの自販機を取り上げてきたが、アメリカの代表的なファストフードである「ハンバーガー」の自販機は未だに出てきていなかった。

そのような中、アメリカのRoboBurgerという企業が、世界初のハンバーガー自販機を開発し提供を開始したという。

RoboBurgerは、世界初となる全自動のロボットハンバーガー自販機をニュージャージー州にあるニューポートセンターへ導入した

今後はこのレストラン品質のグリルバーガー自販機を全国の空港やショッピングモール、大学、オフィス、工場、基地などへ導入する予定だ。

AIを搭載した小さなレストラン

出典:RoboBurger

RoboBurgerはAIを搭載し自動で動き、レストランのすべての機能を数分の1のサイズに収めた特許取得済みの自販機である。大きさは12平方フィート(約1.1平方メートル)で、従来のコンセントに差し込み、冷蔵庫と自動グリル、クリーニングシステムが備わっている。

自販機では、ファストフードでシェフが行うことと同様に、5つのステップで調理が行われる。

ロボットシェフはまずパティをグリルし、バンズを焼き、選択された調味料を配合し、ハンバーガーを組み立てる。そして、熱々の状態で顧客へ提供する。時間にして約6分、価格はわずか6.99ドル(約900円)である。

認証機関の認証を受けた初のロボット自販機

出典:RoboBurger

RoboBurgerは、National Sanitary Foundationという公的な認証機関から、食品/飲料の自販機を対象としたNSF/ANSI 25という規格で認証を取得した初のロボット自販機である。

RoboBurgerの共同創業者兼CEOのAudley Wilson氏は「私は17年前にガレージでRoboBurgerを始めたが、今こそが一番生活に導入され皆が体験するのに適している」と話す。「RoboBurgerは安全で非接触でありながら、その場でグリルされた絶品なハンバーグを皆に提供できる。それはいつも出来立ての熱々な状態であり、あらかじめ調理されて保温されている、ということはない」と語る。

日本でもハンバーガー自動調理ロボットの開発が進展

出典:RoboBurger

実は日本の企業でも、自販機ではないが、ハンバーガーの自動調理をするロボットが開発されている

BEX BURGER」というハンバーガーショップが、調理ロボットを開発するコネクテッドロボティクスと提携し、ハンバーガーの調理ロボットを開発している。BEX BURGERのFC展開ツールとしてや、飲食業界に人手不足解消に向けた解決策として未来を見据えているという。

今後は土地の狭い日本だからこそ、小さなスペースでできる自販機も調理ロボット同様、出現し展開されていくかもしれない。

 

参考記事

RoboBurger, the World’s First Robot Burger Chef in a Vending Machine Format, Launches Nationally

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:RoboBurger

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショ…
  2. The Food Robotics Summit2021に登場し…
  3. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支…
  4. 自律型サービスロボットを開発したBear Roboticsがシリ…
  5. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver…
  6. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式…
  7. 米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な…
  8. フランス・パリにPazziによるピザロボットレストランがオープン…

おすすめ記事

培養魚のWanda Fishがタフツ大学と独占的ライセンス契約を締結

イスラエルの培養魚スタートアップWanda Fishは、培養魚の開発でタフツ大学…

Better Dairyはアニマルフリーチーズの最前線で約25.8億円を調達

イギリスのフードテックBetter DairyがシリーズAラウンドで2,200万…

培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロにも参入、2022年までに市販化へ

培養魚を開発するアメリカのFinless Foodsが、植物性代替マグロに参入す…

シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調達、3月にシンガポールで発売へ

シンガポールを拠点に代替鶏肉を開発するNext Genはシードラウンドで1000…

BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発、培養肉のコスト削減に挑む

イスラエルのバイオテクノロジー企業BioBetterは、植物のタバコを活用し、培…

培養油脂のMission Barnsが食肉加工企業と提携、培養ソーセージのスケールアップ生産を完了

植物性原料を使った代替肉が普及するなか、代替肉をより本物に近づける試みとして、細…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 18:02時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP