レストランテック

ネスレが焼きたてのピザを提供する自販機を試験導入

 

ネスレが冷凍ピザ製品「DiGiorno」を3分で焼き上げるピザ自動販売機の試験を実施していることが明らかになった

これまでにも焼きたてのピザを提供する自販機は国内外で複数確認されているが、大手食品メーカーの試験導入はこれが初と思われる。

Food Diveの報道によると、ネスレは今年4月、コロラド州のウォルマートにピザ自販機を導入した。3ヵ月後には冷凍食品を開発するオハイオ州の自社施設に2台目を導入したという。

出典:Nestlé

このピザ自販機ではネスレの冷凍ピザ製品「DiGiorno」が提供され、注文から焼き上げて提供されるまではわずか3分。ユーザーはタッチパネルで2種類から好きなものを選び、ピザが焼きあがると自販機の取り出し口から出てくる仕組みだ。

動画を見る限りでは、ピザをカットするプラスチックナイフも付属されているようにみえる。

ネスレは2箇所の試験結果に基づき、さらに試験運用を行うか決める予定のようだ。追加で導入する候補地としては、大学のキャンパスや寮、ホームセンター、空港を検討している。ネスレがピザ自販機を本格導入するかは、消費者のフィードバックによるだろう。

ピザ自販機が持つメリット

出典:Nestlé

Foovoではこれまでにさまざまな次世代自販機を紹介してきたが、その中でもピザ自販機が最も多い。省スペースで設置できるピザ自販機は、スーパー、ホームセンター、大学、空港において「ピザレストラン」の低コストな設置を可能とする。特に、企業の社員食堂に設置すれば、忙しい仕事の合間に手軽に食べられる新たなオプションとなる。

ネスレが本格導入すると、冷凍ピザ製品を展開する他の食品メーカーがこれに続く可能性も考えられる。

食品メーカーにとってピザ自販機は、売上向上だけでなく、消費者の声をダイレクトに集めるツールにもなりうるだろう。店舗で冷凍ピザを販売する代わりに、3分の待ち時間を利用して自販機のタッチパネルやアプリを通じたアンケート調査を実施すれば、市場調査をより簡単に行うことができる。

出典:PizzaForno

期間限定レシピを追加することで、小売で追加を検討しているピザのレシピテストを実施できる可能性もある。大学、病院、企業など設置する場所に応じて、各層の消費者が求めているものを調査することもできるだろう。

このように考えると、ピザに限らず出来立ての食事を提供する自販機は、一種のマーケティングツールとみなすこともできる。

国内では「すぐ食べられる」自販機の導入は少ないが、アメリカのYo-Kai Expressが開発したラーメン自販機は上野駅、羽田空港、HISが運営する渋谷の「変なカフェ」などに導入されている

ネスレが試験導入したピザ自販機では同社製品を提供しているが、Yo-Kai Expressの場合は、さまざまな店舗のラーメンを提供するプラットフォームとなっている点は興味深い。こうした次世代自販機はフードサービスにおける慢性的な人手不足の解消策にもなり、国内外の今後の動向に注目だ。

 

参考記事

From the freezer to the kiosk: Nestlé testing a vending machine that makes DiGiorno pizza in 3 minutes

DiGiorno Debuts Pizza Vending Machine, and It Looks a Whole Lot Like Basil Street Pizza

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Nestlé

 

関連記事

  1. トッピングが選べるソフトクリーム自販機iCream、今後はアニマ…
  2. The Food Robotics Summit2021に登場し…
  3. 中国OrionStar(猎户星空)がバリスタロボットRoboti…
  4. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  5. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…
  6. 農林水産省が培養肉、CO2タンパク質生産、泡盛粕のアップサイクル…
  7. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支…
  8. パーソナライズ化された次世代自販機のBolkが約5億円のシード資…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソナライズされた定期デリバリー

コロナウイルスの発生で、外食の機会が減り、ウーバーイーツなどデリバリーを取る機会…

フルーツジュースの砂糖を減らすイスラエルのBetter Juiceが約8.8億円を調達

天然ジュースの砂糖を減らす技術を開発するイスラエル企業Better Juiceが…

中国のJoes Future Foodが豚の培養脂肪のパイロット生産に成功/培養脂肪企業10社の動向

中国の培養肉企業Joes Future Foodが培養豚脂肪のパイロット生産に成…

培養シーフードのShiok Meatsが生産コスト50ドル/kgを実現、2023年に培養エビ上市へ

アジアにおける培養シーフードの先駆けであるシンガポール企業Shiok Meats…

ビーガンハチミツのMeliBio創業者に聞く|精密発酵によるハチミツの開発とターゲット市場

「地球上からミツバチが消えたら、人間は4年しか生きられない」というアインシュタイ…

独Cultimate Foods、培養脂肪を使用したハイブリッドバーガーを発表

ドイツの培養脂肪企業Cultimate Foodsは先月、アクセラレーターPro…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP