Foovo Deep

全自動のパン製造ロボットBreadBot、昨年より米スーパーに本格導入

 

Wilkinson Baking Companyが開発したパンを自動製造するロボットBreadBot

2019年のCESに登場し、たちまち話題になった全自動のパン製造ロボットだ。

BreadBotは、生地の混合、成形、発酵、焼き上げ、冷却の全プロセスをすべて行う。食料品店7箇所での数年にわたる試験運用を経て、Wilkinson Baking Companyは昨年夏、アメリカで商用モデルの本格導入を実現した。

全自動のパン製造ロボットBreadBot

出典:Wilkinson Baking Company

BreadBotは食料品店向けに設計されたパン製造ロボットだ。顧客は自分が購入するパンがいつ、どこで、どのように製造されたかを把握できる。パンが製造される様子を見ることができるため、エンターテイメント性もある。

BreadBotで製造できるパンは1時間あたり最大10斤、店舗での清掃時間を考慮すると、1日に230斤となる。Wilkinson Baking Companyによると、この生産量は食料品店のニーズをはるかに上回るものだという。全粒小麦、ハニーオーツ、ナイングレイン、ホームスタイルの4種のパンを製造できる。

BreadBotにはスケジュール機能がついており、スタッフは開店の数時間前にパン製造をスケジュールすることができる。早番のスタッフが店舗に到着した時点で、すでに焼きたてのパンを販売できる状態にすることが可能だ。

パン製造の分散化で、スーパーをパン工場に

出典:Wilkinson Baking Company

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Wilkinson Baking Company

 

関連記事

  1. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…
  2. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…
  3. ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発
  4. オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提…
  5. Sophie’s BioNutrientsが微細藻類を活用したチ…
  6. 他社の発酵製品の市場投入を早めるSolar Biotechが約2…
  7. 魚の培養脂肪を開発するインパクファット|日本人研究者がシンガポー…
  8. タピオカティーロボットで未開拓市場を狙うBobacinoが約2.…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米Thrilling Foods、層状の脂肪を含んだビーガンベーコンで特許を取得

アメリカ、ポートランドの代替タンパク質企業Thrilling Foodsは、植物…

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

シンガポールを拠点とするフードテック企業Float Foodsが、シードラウンド…

細胞培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが約28億円を調達、実証プラント建設へ

培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが9月にシリーズAで2500万…

二酸化炭素でタンパク質を作るArkeon Biotechnologiesがパイロット工場を開設

オーストリアのスタートアップ企業Arkeon Biotechnologiesは今…

二酸化炭素、電気から乳タンパク質の生成へ|ソーラーフーズの新たな挑戦

フィンランド企業ソーラーフーズ(Solar Foods)は、二酸化炭素、電気、水…

精密発酵でアロマを開発するEvodiaBioが約8.6億円を調達

デンマークのスタートアップ企業EvodiaBioは、食品・飲料業界に向けた持続可…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP