代替プロテイン

ケンタッキー、ビヨンド・ミートの代替フライドチキンを全米で販売

 

ケンタッキーフライドチキン(KFC)は5日、アメリカ企業ビヨンド・ミートの代替肉を使った植物性代替チキン「ビヨンド・フライドチキン」を全国販売することを発表した

今月10日より期間限定で、全米の店舗で販売する。

KFC、ビヨンド・フライドチキンを全米で販売

出典:ビヨンド・ミート

ビヨンド・フライドチキンはビヨンド・ミートがKFC提供用に開発した製品となる。

ビヨンド・ミートは2019年にカナダ、アトランタのKFCと提携して、1日限定でビヨンド・フライドチキンを発売した。この試験販売では2種類(ナゲットと骨なし手羽先)が提供され、5時間かからずに売り切れとなる盛況ぶりだった。

試験販売の成功により、KFCは2020年2月にも複数店舗で期間限定でビヨンド・フライドチキンを試験導入している。2回目も1週間で売り切れとなった。

そして今回、全米のKFCがビヨンド・フライドチキンを提供するに至る。

出典:ビヨンド・ミート

販売されるビヨンド・フライドチキンは、従来のチキンと同じグリルで調理されるため、ビーガンではない。3種類のソースもビーガンには対応しておらず、フレキシタリアンをターゲットとしている。

これはビーガンを疎外しているのではなく、肉好きな層にも代替肉を受け入れてもらい、製品を主流にもっていくまでの、消費者の反応を把握する移行的なプロセスといえる。

マクドナルド、ヤム・ブランズとの複数年パートナーシップ

2019年の試験販売時、アトランタKFCで列に並ぶ人たち 出典:ビヨンド・ミート

ビヨンド・ミートはファーストフード大手のマクドナルド、ヤム・ブランズとも提携している。

昨年2月、マクドナルドと3年間にわたるパートナーシップを締結。この契約により、ビヨンド・ミートはマクドナルドの植物肉バーガー「マックプラント」の優先サプライヤーの地位を獲得した。

マックプラントは、ビヨンド・ミートとマクドナルドが共同開発したもので、昨年、アメリカイギリス、スウェーデン、デンマーク、オランダ、オーストリアに導入された。アメリカでは8店舗での限定販売だったが、今年は販売をさらに拡大する計画を立てている。

出典:マクドナルド

ビヨンド・ミートは同時期にKFC、ピザハット、タコベルを運営するファーストフード企業ヤム・ブランズとも提携した。

中国KFCは2020年にカーギルの植物性チキンナゲットを試験導入していたが、ビヨンド・ミートとヤム・ブランズとの提携により、今後はアメリカ以外のKFCでもビヨンド・ミートの代替肉導入が進む可能性はある。

一方、KFC、マクドナルドの競合となるバーガーキングは、2019年8月にインポッシブルフーズの代替肉を全米で導入した。現在では日本を含め、世界的に地域毎にサプライヤーを使い分けて植物肉バーガーを販売している。

拡大する植物肉市場

出典:GFI

Good Food Instituteの報告によると、米国では動物性製品の代替品となる植物ベース食品の売上は2019年から2020年にかけて4億3000万ドル増加、約1.5倍に成長した。

出典:GFI

GFIは代替ミルク市場と比較して、植物肉には成長の余地があると推測している。植物ミルクが小売用ミルク売上の約15%を占めるのに対し、植物肉のシェアはまだ1.4%。植物肉が植物ミルクと同等のシェアに達すると考えると、植物肉にはまだ140億ドルの市場価値があることになる。

代替肉企業とファーストフード店のパートナーシップ拡大につれて、代替肉市場のさらなる拡大が予想される。

 

参考記事

KFC® AND BEYOND MEAT® DEBUT MUCH-ANTICIPATED BEYOND FRIED CHICKEN NATIONWIDE BEGINNING JANUARY 10

KFC Rolls Out Beyond Meat Fried Chicken Across the US – But Not Yet Vegan

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ビヨンド・ミート

 

関連記事

  1. イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods、バイオ…
  2. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  3. 培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億…
  4. 細胞培養により牛乳を開発するBrown Foodsが約3.2億円…
  5. Remilk、イスラエルで精密発酵タンパク質の認可取得が間近
  6. マイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaが約30億…
  7. Redefine Meatが70のレストランと新規パートナーシッ…
  8. 代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

植物を活用してアニマルフリーな乳製品を開発するMirukuが約3.2億円を調達

植物を使って乳タンパクを開発するニュージーランドのMirukuは、シードラウンド…

機械学習でフードロス削減に取り組むFloWasteが約1億2400万円を調達

フードロス削減に取り組むFloWasteがシードラウンドで110万ドル(約1億2…

米Optimized Foods、食品廃棄物と菌糸体を活用した持続可能な細胞培養キャビアを開発

食品廃棄物を有効利用して代替パーム油、代替メチルセルロース、代替ミルク、ジュース…

セイバーイートが植物肉用3Dプリンターをアメリカの大学へ初導入

3Dプリンターで植物肉を開発するイスラエル企業セイバーイート(SavorEat)…

インポッシブルフーズがオーストラリア・ニュージーランド進出へ向け準備

代表的な米代替肉企業インポッシブルフーズが1年以内に株式上場すると言われるなか、…

酵母から脂肪を開発するCultivated Biosciencesが約2.1億円を調達

植物由来乳製品の食感を改善するためにクリーミーな脂肪成分を開発するスイス企業Cu…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/19 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/19 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/20 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/19 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/19 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/19 21:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP