代替プロテイン

微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Geltor、今秋市販化へ

>> <<

 

アニマルフリーなコラーゲンを開発するGeltorが、ヴィーガンコラーゲンPrimaCollを発表した。

同社はPrimaCollについて世界初のヴィーガンコラーゲンだとしている。

微生物発酵でヴィーガンコラーゲンを開発するGeltor

Geltorは合成生物学によりアニマルフリーなコラーゲンを生成するアメリカのスタートアップ企業。

微生物にコラーゲンを作る遺伝子を組み込んで、微生物を生産工場としてコラーゲンを作らせている(精密発酵という)。

使用する微生物は遺伝子組換え微生物となるが、最終産物からは作り手となる微生物は除去されるため、コラーゲンPrimaCollは非遺伝子組換え製品となる。

出典:Geltor

コラーゲン市場は2027年までに75億ドル規模に達すると予想され、2020年から年平均成長率5.9%で成長していくと見込まれる。

コラーゲンの製造の主な原料は、牛、豚、家禽、海洋生物だが、2019年の時点では牛由来のコラーゲンが35%とかなりのシェアを占めている。

既存のコラーゲンは、食肉産業の廃棄物を原料に作られるが、代替肉産業のシェアが増えていくと、既存のコラーゲン産業にとっては原料の調達が1つの問題となる

その点、Geltorのヴィーガンコラーゲンは、動物を必要としないため、コラーゲン市場・代替肉市場の成長性から、今後、さらなる需要が見込まれる。

コラーゲン産生を促進する働きを持つ21型コラーゲン

今回発表されたコラーゲンPrimaCollについてGeltorは、「内側からの美しさ」を実現するためにデザインされたと話す。

すぐに飲めるドリンクや、粉末に追加するほか、コラーゲンを添加したスナック、グミなどあらゆる形で適用できるという。動物由来コラーゲンではないため、ヴィーガンにとって新たな選択肢となる。

Alexander Lorestani氏 出典:Geltor

Geltorによると、市場にはコラーゲン産生を促進すると謳うサプリメントはたくさんあるが、21型コラーゲンを含む製品は少ない。

成長とともに、ヒト体内における21型コラーゲンの産生は減少する。

21型コラーゲンには、ほかのコラーゲンと相互作用し、コラーゲン産生を促進するシグナル伝達の働きがある。

また、ヒト体内のコラーゲン全体に占める21型コラーゲンは1%に満たないため、ほかのコラーゲンと比べて「プレミアム」なコラーゲンだという。

共同創業者でありCEOのAlex Lorestani氏は、動物由来のコラーゲンを使用する場合と比べ、PrimaCollは少ない量で有益な効果があると話している。

今秋に市販化へ

Nick Ouzounov氏 出典:Geltor

Geltor はPrimaCollの製造で、スイスのLonza Specialty Ingredientsと業務提携を締結している。

今年の夏に在庫を増やし、今秋には広く市販化する予定

海外メディアThe Spoon誌によると、PrimaCollの事前紹介を受けた数十社が関心を寄せており、PrimaCollを使った製品作りをしているパートナー会社もいるという。

GeltorはAlexander Lorestani氏Nick Ouzounov氏によって2015年に設立されたカリフォルニアのスタートアップ。

「生物学、医療、コンピューターサイエンスが進歩しているにも関わらず、消費者向け製品はなぜ、時代遅れな動物由来のものに頼っているのか?」

という問いから始まった。

同社は、ライフサイエンス分野で最大規模のスタートアップアクセラレータIndieBioのプログラムを卒業している。

IndieBioプログラムを卒業したスタートアップには、クララフーズ、パーフェクトデイなど、微生物発酵により動物由来のタンパク質と同等なタンパク質を開発するプレーヤーがおり、Geltorも同じ技術を使っている。

アニマルフリーなスキンケア用コラーゲンCollume 出典:Geltor

Geltorは2018年には世界初となるアニマルフリーなスキンケア用コラーゲン製品Collumeを発売した。

昨年7月にはシリーズBラウンドで9130万ドル(約100億円)という巨額の資金調達を実施している。これまでの調達総額は1億1430万ドル(約125億円)となる。

動物コラーゲンの「真の代替品」を歌うプレーヤーには、アメリカのJellatechもいる。

同社はGeltorとは異なり、細胞培養により動物コラーゲンと同等なコラーゲンを開発している。4月にサンプルを出荷、2022年半ばころまでの市販化を目指している。

 

参考記事

Cultivated Tech: Geltor Unveils ‘PrimaColl’, Animal-Free Collagen For F&B Industry

Geltor Debuts Animal-Free Collagen For Food and Beverage Markets

Geltor targets ‘beauty-from-within’ market with ‘extremely rare’ Type 21 vegan collagen (made with microbes, not animals)

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Geltor

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 中国の培養肉スタートアップ南京周子未来食品が約3億円を資金調達
  2. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…
  3. 肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培…
  4. ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨン…
  5. イスラエルのMeaTechが新たに培養豚肉の開発始動を発表
  6. Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット…
  7. チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続…
  8. 香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

おすすめ記事

細胞を培養して人工母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千万円を調達

このニュースのポイント●人工母乳を開発するシンガ…

世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開発

イスラエルのアレフ・ファームズ(Aleph Farms)が培養リブロース肉の3D…

アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル導入で提携

イスラエルのアレフファームズとブラジル大手の食肉メーカーBRFは、培養肉の開発と…

アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市販化を目指す

アフリカに2社目の培養肉企業が登場した。2020年に設立された南アフリカ…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

ネスレがヴィーガンキットカットの販売を欧州で開始!

ネスレが植物ベースのヴィーガンキットカットを発売した。ヴィーガンキットカ…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP