代替プロテイン

微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Geltor、今秋市販化へ

>> <<

 

アニマルフリーなコラーゲンを開発するGeltorが、ヴィーガンコラーゲンPrimaCollを発表した。

同社はPrimaCollについて世界初のヴィーガンコラーゲンだとしている。

微生物発酵でヴィーガンコラーゲンを開発するGeltor

Geltorは合成生物学によりアニマルフリーなコラーゲンを生成するアメリカのスタートアップ企業。

微生物にコラーゲンを作る遺伝子を組み込んで、微生物を生産工場としてコラーゲンを作らせている(精密発酵という)。

使用する微生物は遺伝子組換え微生物となるが、最終産物からは作り手となる微生物は除去されるため、コラーゲンPrimaCollは非遺伝子組換え製品となる。

出典:Geltor

コラーゲン市場は2027年までに75億ドル規模に達すると予想され、2020年から年平均成長率5.9%で成長していくと見込まれる。

コラーゲンの製造の主な原料は、牛、豚、家禽、海洋生物だが、2019年の時点では牛由来のコラーゲンが35%とかなりのシェアを占めている。

既存のコラーゲンは、食肉産業の廃棄物を原料に作られるが、代替肉産業のシェアが増えていくと、既存のコラーゲン産業にとっては原料の調達が1つの問題となる

その点、Geltorのヴィーガンコラーゲンは、動物を必要としないため、コラーゲン市場・代替肉市場の成長性から、今後、さらなる需要が見込まれる。

コラーゲン産生を促進する働きを持つ21型コラーゲン

今回発表されたコラーゲンPrimaCollについてGeltorは、「内側からの美しさ」を実現するためにデザインされたと話す。

すぐに飲めるドリンクや、粉末に追加するほか、コラーゲンを添加したスナック、グミなどあらゆる形で適用できるという。動物由来コラーゲンではないため、ヴィーガンにとって新たな選択肢となる。

Alexander Lorestani氏 出典:Geltor

Geltorによると、市場にはコラーゲン産生を促進すると謳うサプリメントはたくさんあるが、21型コラーゲンを含む製品は少ない。

成長とともに、ヒト体内における21型コラーゲンの産生は減少する。

21型コラーゲンには、ほかのコラーゲンと相互作用し、コラーゲン産生を促進するシグナル伝達の働きがある。

また、ヒト体内のコラーゲン全体に占める21型コラーゲンは1%に満たないため、ほかのコラーゲンと比べて「プレミアム」なコラーゲンだという。

共同創業者でありCEOのAlex Lorestani氏は、動物由来のコラーゲンを使用する場合と比べ、PrimaCollは少ない量で有益な効果があると話している。

今秋に市販化へ

Nick Ouzounov氏 出典:Geltor

Geltor はPrimaCollの製造で、スイスのLonza Specialty Ingredientsと業務提携を締結している。

今年の夏に在庫を増やし、今秋には広く市販化する予定

海外メディアThe Spoon誌によると、PrimaCollの事前紹介を受けた数十社が関心を寄せており、PrimaCollを使った製品作りをしているパートナー会社もいるという。

GeltorはAlexander Lorestani氏Nick Ouzounov氏によって2015年に設立されたカリフォルニアのスタートアップ。

「生物学、医療、コンピューターサイエンスが進歩しているにも関わらず、消費者向け製品はなぜ、時代遅れな動物由来のものに頼っているのか?」

という問いから始まった。

同社は、ライフサイエンス分野で最大規模のスタートアップアクセラレータIndieBioのプログラムを卒業している。

IndieBioプログラムを卒業したスタートアップには、クララフーズ、パーフェクトデイなど、微生物発酵により動物由来のタンパク質と同等なタンパク質を開発するプレーヤーがおり、Geltorも同じ技術を使っている。

アニマルフリーなスキンケア用コラーゲンCollume 出典:Geltor

Geltorは2018年には世界初となるアニマルフリーなスキンケア用コラーゲン製品Collumeを発売した。

昨年7月にはシリーズBラウンドで9130万ドル(約100億円)という巨額の資金調達を実施している。これまでの調達総額は1億1430万ドル(約125億円)となる。

動物コラーゲンの「真の代替品」を歌うプレーヤーには、アメリカのJellatechもいる。

同社はGeltorとは異なり、細胞培養により動物コラーゲンと同等なコラーゲンを開発している。4月にサンプルを出荷、2022年半ばころまでの市販化を目指している。

 

参考記事

Cultivated Tech: Geltor Unveils ‘PrimaColl’, Animal-Free Collagen For F&B Industry

Geltor Debuts Animal-Free Collagen For Food and Beverage Markets

Geltor targets ‘beauty-from-within’ market with ‘extremely rare’ Type 21 vegan collagen (made with microbes, not animals)

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Geltor

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円…
  2. バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億…
  3. 韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでの…
  4. イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ
  5. 世界初!米Biomilqが細胞培養でヒトの母乳を体外で作製するこ…
  6. 海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わる…
  7. タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリ…
  8. 他社の発酵製品の市場投入を早めるSolar Biotechが約2…

おすすめ記事

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

食料品店の救世主!食品廃棄を減らして売上を伸ばすShelf Engineが約44億円を調達

食料品店が直面する食品廃棄・在庫切れ問題を、AIを活用して解決するShelf E…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Geltor、今秋市販化へ

アニマルフリーなコラーゲンを開発するGeltorが、ヴィーガンコラーゲンPrim…

タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリカの飲食店で発売

アメリカのスタートアップ企業New Wave Foodsは、アメリカの飲食店で植…

世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン由来の代替ゆで卵

シンガポールを拠点とするOsomeFoodは、世界初となるマイコプロテイン由来の…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP