Foovo Deep

植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約19億円を調達

 

代替タンパク質の原料は細胞培養、微生物発酵から、えんどう豆、大豆、オーツ麦など植物由来と多岐にわたるが、地球上で最も豊富な「葉」からタンパク質を抽出するスタートアップが登場した。

ニュージーランドを拠点とするLeaft Foodsだ。Leaft Foodsは食品メーカーに向けて葉由来のタンパク質濃縮成分を開発しており、先月にシリーズAラウンドで1500万ドル(約19億円)を調達した

ラウンドはシリコンバレーを拠点とするKhosla Venturesが主導し、Ngāi Tahu Holdings、ニュージーランドACCのClimate Change Impact Fund、NBAバスケットボール選手であり投資家のスティーブン・アダムズ氏が参加した。

John Penno博士Maury Leyland Penno氏が2019年に設立したLeaft Foodsは、世界の主要な食品メーカーに向けた葉由来のタンパク質濃縮成分の製造を目的としている。葉由来のタンパク質製品は、動物由来や穀物由来のタンパク質よりも栄養価が高く、環境フットプリントが低いことが期待されているという

葉由来のタンパク質濃縮成分を製造

出典:Leaft Foods

Leaft Foodsはすべての緑色の葉にみられるタンパク質(酵素)ルビスコを抽出する。ルビスコは光合成に関与するタンパク質で、ケール、ほうれん草、アルファルファもやしなどに含まれ、地球上で最も豊富なタンパク質だといわれている

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

  1. 高級培養肉を開発するOrbillion Bioが約5億4000万…
  2. イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ
  3. 「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helai…
  4. 中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レスト…
  5. レタスを活用して乳タンパク質を開発するイスラエル企業Pigmen…
  6. 培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養…
  7. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  8. タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミー…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは

ドイツ、ミュンヘンを拠点とするスタートアップ企業QOAは、カカオを使わないチョコ…

アレフ・ファームズ、イギリスで培養肉の申請書類を提出

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズは今月、イギリスで培養ステーキ肉を販売す…

2023年精密発酵業界の全貌:認可企業の動向、2024年予測、CDMO企業の動向|Foovoレポート

100億円を超える資金調達が目立った2021年-2022年と比べ、2023年の精…

Evigence Sensorsが約23億円を調達、食品鮮度をリアルタイムに測定するセンサーシールの商用化を拡大

イスラエル・アメリカを拠点に、リアルタイムの食品鮮度検知センサーを開発するEvi…

Motif FoodWorksが新成分ヘム「HEMAMI」を発売、新施設の建設も発表

植物ベース食品のアップデートに取り組む米Motif FoodWorksが開発した…

細胞を培養して代替母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千万円を調達

このニュースのポイント●代替母乳を開発するシンガ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/18 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP