Foovo Deep

植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約19億円を調達

 

代替タンパク質の原料は細胞培養、微生物発酵から、えんどう豆、大豆、オーツ麦など植物由来と多岐にわたるが、地球上で最も豊富な「葉」からタンパク質を抽出するスタートアップが登場した。

ニュージーランドを拠点とするLeaft Foodsだ。Leaft Foodsは食品メーカーに向けて葉由来のタンパク質濃縮成分を開発しており、先月にシリーズAラウンドで1500万ドル(約19億円)を調達した

ラウンドはシリコンバレーを拠点とするKhosla Venturesが主導し、Ngāi Tahu Holdings、ニュージーランドACCのClimate Change Impact Fund、NBAバスケットボール選手であり投資家のスティーブン・アダムズ氏が参加した。

John Penno博士Maury Leyland Penno氏が2019年に設立したLeaft Foodsは、世界の主要な食品メーカーに向けた葉由来のタンパク質濃縮成分の製造を目的としている。葉由来のタンパク質製品は、動物由来や穀物由来のタンパク質よりも栄養価が高く、環境フットプリントが低いことが期待されているという

葉由来のタンパク質濃縮成分を製造

出典:Leaft Foods

Leaft Foodsはすべての緑色の葉にみられるタンパク質(酵素)ルビスコを抽出する。ルビスコは光合成に関与するタンパク質で、ケール、ほうれん草、アルファルファもやしなどに含まれ、地球上で最も豊富なタンパク質だといわれている

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

  1. ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達…
  2. 海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わる…
  3. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  4. BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発…
  5. Redefine Meatが3Dプリント肉を2021年前半に販売…
  6. イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳…
  7. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…
  8. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…

おすすめ記事

ひよこ豆タンパク質粉末を開発するChickPが約9億円を調達

ひよこ豆を原料にタンパク質粉末の開発に注力するイスラエル企業ChickPが、シリ…

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

このニュースのポイント●イート・ジャスト(Eat…

アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2億2千万円を資金調達

このニュースのポイント イギリスBetter …

モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研究者が論文を発表

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミートは今月13日、ウシ胎児血清(FBS)…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

【世界初】The EVERY Companyが動物由来の卵と同等なアニマルフリー卵タンパク質を発表

微生物発酵を活用して卵タンパク質を開発するクララフーズが社名変更を発表した。…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/27 19:30時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/27 13:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(09/28 05:27時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/27 15:31時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP