3Dプリンター

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

スポンサーリンク

 

このニュースのポイント

 

●オーストリアのLegendary Vishがバイオ3Dプリンターで代替サーモンを開発

2022年までの欧州市場進出を目指す

本物のサーモンと同じ栄養価を追求

Felix社のバイオ3Dプリンターを使用

●2030年までに欧州サケ市場で5%のシェア獲得を目指す

 

 

バイオ3Dプリンターを使って代替サーモン開発に取り組むことを決めた学生がいる。

Robin Simsa、Theresa Rothenbücher、Hakan Gürbüzだ。博士課程で学んでいた3人が作りだしたのは、見た目が本物そっくりなサーモン。

もともと医療用3Dプリンティングの開発に取り組んでいた3人はあるとき、プロセスを少しいじると、植物性タンパク質を構造化された形状に3Dプリントできることに気づいた。さらに、サーモンのフィレを作る企業が、植物ベースの代替食産業にいないという市場の穴にも気づく。

こうしてLegendary Vishを立ち上げた。

左から製品開発担当で組織工学のバックグランドを持つTheresa Rothenbücher、バイオテクノロジー専門でCEOのRobin Simsa、3DプリンターのエキスパートHakan Gürbüz

創業メンバーでCEOのSimsaによると、代替魚にはこれまでの養殖業に終止符を打てる可能性がある。

養殖では、養殖魚の過密な飼育環境に伴う病気の予防、成長促進を目的として抗生物質が使用される。こうした抗生物質が残留した食品を人が摂取すると、体内の腸内環境に影響がおよび、耐性菌(抗生物質が効かなくなった細菌)を生み出す可能性がある。

つまり、魚の成長促進に抗生物質を用いると、魚の体内に耐性菌が生じて病気を予防できなくなるだけでなく、人が使う抗生物質が効かなくなるという影響も生じることになる

さらに、魚に残留するマイクロプラスチック、水銀による影響や、サケの過剰漁獲問題も見過ごせない。

こうした養殖魚に不随する問題を一挙に解決できるのが、代替魚だ。

本物と見分けがつかない3Dプリンター製サーモン

どちらが3Dプリンター製か見分けられるだろうか?答えは、左が3Dプリンターで作ったもの、右は本物。 出典:Legendary Vish

Legendary Vishは代替サーモンの主成分に、キノコ・えんどう豆のタンパク質、でんぷん、藻類のほか、オメガ3脂肪酸を含むアボカドなどを使う

追求するのは魚に匹敵する栄養価。オメガ3脂肪酸を含むさまざまな原料を組み合わせて、最適な組み合わせを模索しているところだ。

Legendary Vishのサーモンは、肉組織の赤色と結合組織の白色が本物のように区別されている

本物そっくりの外観は、バイオ3DプリンターFELIXの異なるプリントヘッドから、異なる植物ベース材料(これを「フードインク」という)を押し出すことで再現している。FELIXのプリントヘッドは2つあり、粘性の異なる「インク」を扱えるのが特徴だ。

Simsaによると、風味や香りはかなり正確で、現在は歯ごたえの改善に取り組んでいるという。

もう1つの課題となる量産化については、創業メンバーの1人Hakan Gürbüzが担当する。

GürbüzはFelix社で3年勤務し、自身もバイオ3Dプリンター2機種を開発した経験のある、3Dプリンターのスペシャリスト。Felix社での経験をもとに量産化に取り組む。

商用化の目標は2022年

出典:Legendary Vish

Legendary Vishは2022年までの商用化を目指している。

まず狙うのは、ドイツ、オーストリア、スイスだ。これらの国では植物ベースの代替肉がすでに広く受け入れられており、さらに成長を続けているという。

次に目指すのが北欧。水産物の消費量の多い北欧に進出した後は、ヨーロッパのほかの国への展開を目指す。

Legendary Vishのほかにも代替魚に取り組むスタートアップはいるが、3Dプリンターを使う企業は多くない。

代表的な代替魚プレーヤーとしては、BlueNaluWild TypeShiok MeatsFinless Foodsがいるが、いずれも細胞から本物の魚肉を開発している。いわゆる培養肉といわれる領域だ。

ヨーロッパではHookedが大豆から代替ツナを開発、資金調達を実施し、2022年までに北欧市場への参入を目指している

Legendary Vishが無視できない競合は、同じく魚の切り身に取り組むアメリカ発のKuleanaだろう。Kuleanaはマグロの切り身に続いて、代替サーモンの開発にも取り組むことを明らかにしている。9月には非公開だが資金調達を実施、年内に米国のレストランと提携して商品化を目指している。

Legendary Vishはまだ出資を受けておらず、交渉中だという。2021年に代替サーモンの試食を小規模に始めたいと考えている。

バイオテクノロジー、組織工学、3Dプリンターに長けた3名のエキスパートが切り開く未来に期待したい。

 

 

参考記事

3D printed fish: Plant-based salmon with ‘complex structure’ under development for EU market

Legendary Vish Creates Plant-based Salmon through 3D Bioprinting

抗生物質の汎用と抗生物質不使用食品の展望

「薬剤耐性菌」の食品健康影響評価について

アイキャッチ画像の出典:Legendary Vish

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…
  2. 代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち
  3. グリーンマンデーのインスタント食品、香港のセブンイレブン全店で販…
  4. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…
  5. シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで…
  6. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  7. Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2…
  8. スウェーデンHookedが初となる約1800万円を調達、代替ツナ…

おすすめ記事

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

香港のスタートアップIXON Food Technologyは画期的な食品保存方…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より資金調達に成功したと…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2020年版カオスマップ】

この記事では、代替魚の開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP