カオスマップ

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2021年版カオスマップ】

>> <<

 

この記事では、代替魚の開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社を紹介する。

代替魚は2つのカテゴリーに分類される。

 

●魚の細胞を増殖させる「培養肉」

●植物性の素材を利用した「植物肉」

 

カテゴリー、地域別に表にまとめたのがこちらのとおり。

北米・欧州で特に開発が盛んであることがうかがえる(青色をクリックすると公式サイトにジャンプする)。

北アメリカ ヨーロッパ アジア
培養肉 BlueNalu

Finless Foods

Wild Type

Cell Ag Tech

Bluu Biosciences Avant Meats

Shiok Meats

植物肉 Kuleana

New Wave Foods

Ocean Hugger Foods

Sophie’s Kitchen

Tofuna Fysh

Good Catch

Prime Roots

Save da Sea

By2048

Betterfish

Hooked

Odontella

Vegan Zeastar

IMA

Legendary Vish

Mimic Seafood

Novish

 

 

Open Meals

以下、各企業の概要と資金調達情報をまとめている。

資金調達情報は有料データベースクランチベースにある情報に基づいており、2020年11月現在の情報であることをご理解いただきたい。

 

★随時、情報を追記していくので、この記事をお気に入りに登録することをおすすめする。
★メールマガジンでも更新情報を配信している。ご興味のある方はこちらから。

 

牛、豚、魚も含めた培養肉のスタートアップ企業はこちらにまとめている。

【培養肉】代替魚のスタートアップ企業7社

Shiok Meats(シンガポール)

出典:Shiok Meats

https://shiokmeats.com/

シンガポール・東南アジア初となる細胞から代替肉を開発する企業。エビ、カニ、ロブスターの開発に取り組んでいる。

日本の培養肉スタートアップ企業インテグリカルチャーと、エビ細胞培養肉を共同開発している。

設立 2018年
シンガポール
資金調達総額 2040万ドル
最新の資金調達 2020年9月

シリーズAラウンド

1260万ドル

 

BlueNalu(アメリカ)

出典:BlueNalu

https://www.bluenalu.com/

カリフォルニアを拠点とする、さまざまな海産物を開発するスタートアップ。

2020年6月にはそれまでの生産スペースの6倍になる約3530㎡の賃貸契約を締結した。

8月には年間1800万ポンドの海産物を生産する5年計画を発表した。

設立
2017年
アメリカ
最新の資金調達 2020年4月

25万ドル

グラント

総調達額 2480万ドル

▼関連記事

 

Finless Foods(アメリカ)

出典:Finless Foods

https://www.finlessfoods.com/

サンフランシスコ発の魚を細胞から培養して本物の魚肉を作るスタートアップ。

設立
2017年
アメリカ
最新の資金調達 2020年8月

非公開

シリーズAラウンド

総調達額 350万ドル

 

Wild Type(アメリカ)

出典:Wild Type

https://www.wildtypefoods.com/

2016年に設立されたサンフランシスを拠点とするスタートアップ。

魚を細胞から培養して本物の魚肉を開発。現在は寿司にできるサーモンの試作品を開発中。寿司屋や小売へ展開する予定

設立
2016年
アメリカ
最新の資金調達 2019年10月

1250万ドル

シリーズAラウンド

総調達額 1600万ドル

 

Avant Meats(香港)

出典:Avant Meats

https://www.avantmeats.com/

中国人をターゲットに細胞ベースの代替魚に取り組むスタートアップ。

設立 2018年
香港
資金調達総額 不明
最新の資金調達 2020年1月

シードラウンド

▼関連記事

 

Cell Ag Tech(カナダ)

出典:Cell Ag Tech

https://cellagtech.com/

幹細胞から代替魚を開発するために設立されたスタートアップ。

設立 2019年
カナダ
資金調達総額
最新の資金調達

 

Bluu Biosciences(ドイツ)

出典:Bluu Biosciences

https://www.bluu.bio/

ヨーロッパ初となる細胞ベースで培養魚に取り組むスタートアップ。

設立 不明
ドイツ
資金調達総額
最新の資金調達

 

【植物肉】代替肉のスタートアップ企業18社

Good Catch(アメリカ)

出典:Good Catch

goodcatchfoods.com

最も代表的な代替魚のスタートアップ。総調達額は5070万ドル。

スプレッドタイプのツナから、バーガー用代替魚など。

設立 2016年
アメリカ
資金調達総額 5070万ドル
最新の資金調達 2020年1月

シリーズB

3200万ドル

▼関連記事

 

Kuleana(アメリカ)

出典:Kuleana

https://kuleana.co/

切り身となる代替マグロを開発。年内に米国のレストランで展開予定。

設立 2019年
アメリカ・サンフランシスコ
資金調達総額 17万ドル
最新の資金調達 2020年9月

シードラウンド

▼関連記事

 

New Wave Foods(アメリカ)

出典:New Wave Foods

https://www.newwavefoods.com/

100%植物ベースの代替エビを開発。

設立 2015年
アメリカ・サンフランシスコ
資金調達総額 230万ドル
最新の資金調達 2020年7月

ベンチャーラウンド

▼関連記事

 

Ocean Hugger Foods(アメリカ)

出典:Ocean Hugger Foods

https://oceanhuggerfoods.com/

100%植物ベースの赤身マグロうなぎの2つのラインナップ。アメリカ、カナダ、ヨーロッパで展開している。

設立 2015年
アメリカ・ニューヨーク
資金調達総額 50万ドル
最新の資金調達 2019年12月

ベンチャーラウンド

50万ドル

 

Legendary Vish(オーストリア)

出典:Legendary Vish

https://www.legendaryvish.com/

3Dプリンターで代替サーモンを開発。2022年の商用化を目指している。

設立 不明
オーストリア
資金調達総額
最新の資金調達

▼関連記事

 

Open Meals(日本)

出典:Open Meals

https://www.open-meals.com

電通、山形大学などが組織した3Dプリンターで自由な形状の植物性寿司を開発するスタートアップ。

2020年に東京にレストラン「スシ・シンギュラリティ」をオープンする予定。

設立 不明
日本
資金調達総額
最新の資金調達

 

Prime Roots(アメリカ)

出典:Prime Roots

https://www.primeroots.com/

最初の商品としてベーコンをリリースした後、さまざまな代替水産物を展開。

設立 2017年
アメリカ・サンフランシスコベイエリア
資金調達総額 450万ドル
最新の資金調達 2020年7月

シリーズA

 

Hooked(スウェーデン)

出典:Hooked

大豆由来の細長く裂かれたサケとツナを開発。ツナ「Hooked Toona」を北欧市場に展開予定。

設立 2019年
スウェーデン
資金調達総額 17万5800ドル
最新の資金調達 2020年10月

シードラウンド

▼関連記事

 

Mimic Seafood(スペイン)

出典:Mimic Seafood

https://mimicseafood.com/

トマトを使った代替魚を開発するスタートアップ。

設立 不明
スペイン
資金調達総額
最新の資金調達

 

Sophie’s Kitchen(アメリカ)

出典:Sophie’s Kitchen

https://www.sophieskitchen.com/

植物性のエビ(揚げ物)、魚の切り身(揚げ物)、スモークサーモン、ツナなど。

設立 2010年
アメリカ・カリフォルニア
資金調達総額
最新の資金調達

 

Tofuna Fysh(アメリカ)

出典:Tofuna Fysh

tofunafysh.com

植物性のツナスプレッド。

設立 2015年
アメリカ・オレゴン
資金調達総額
最新の資金調達

 

Save da Sea(カナダ)

出典:Save da Sea

https://www.savedasea.com/

植物性のスモークサーモン。カナダのバンクーバーで販売している。

設立 不明
カナダ
資金調達総額
最新の資金調達

 

Betterfish(ドイツ)

出典:Betterfish

http://betterfish.de/

100%植物性の海藻由来の代替マグロを開発。缶タイプとチューブタイプを準備中。

設立 不明
ドイツ
資金調達総額
最新の資金調達

 

Odontella(フランス)

出典:Odontella

https://www.odontella.com/fr/solmon/

海藻由来の代替サーモンを開発。

設立 不明
フランス
資金調達総額
最新の資金調達

 

Vegan Zeastar(オランダ)

出典:Vegan Zeastar

公式サイトはインスタグラムのみ。

植物性マグロとサーモンの切り身を販売している。商品名はVegan XL

設立 不明
オランダ
資金調達総額
最新の資金調達

 

IMA(イギリス)

出典:IMA

https://www.weareima.co.uk/

ヴィーガン寿司に特化したスタートアップ。

設立 不明
イギリス
資金調達総額
最新の資金調達

 

By2048(カナダ)

出典:By2048

https://www.by2048.com/

人参をベースにスモークサーモンを開発。

設立 不明
カナダ
資金調達総額
最新の資金調達

 

Novish(オランダ)

出典:Novish

https://www.novish.eu/

スティックやバーガー用に特化した代替魚を開発。

設立 不明
オランダ
資金調達総額
最新の資金調達

 アイキャッチ画像の出典:Vegan Zeastar

 

関連記事

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 植物性ペットフードV-planetが日本、韓国で発売を開始
  2. カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に…
  3. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大
  4. 牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援す…
  5. イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び…
  6. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…
  7. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  8. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…

おすすめ記事

青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologiesが約76億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

このニュースのポイント●米国Matrix Mea…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

グリーンマンデーが今年後半にもアメリカ市場へ本格参入する。具体的には、グ…

スペイン政府がBioTech Foodsの主導する培養肉プロジェクトに約6億5千万円を出資

スペインの培養肉スタートアップBioTech Foodsはスペイン政府から520…

ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発

ベルリンを拠点とするスタートアップ企業Aitmeは完全自律型のロボットレストラン…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP