Foovo Deep

ブラジル初の培養脂肪企業Cellva Ingredientsが約2億円を調達

 

南米初の培養脂肪企業Cellva Ingredientsがシードラウンドで650万レアル(約1億9800万円)を調達した。これは昨年9月の130万ドル(約1億9500万円)の資金調達に続くものとなる。

ブラジルでは最近、新規食品の規則を更新する決議が発表された。今後はCellvaをはじめ、南米での細胞培養製品の開発が加速すると予測される。

ブラジル初の培養脂肪企業Cellva

出典:Cellva

2022年設立のCellvaは、豚の培養脂肪を開発するブラジル初の培養脂肪企業だ。

昨年2月には、最初のプロトタイプを発表、3月には不死化細胞を樹立した。昨年6月には、メディア向けに初となる試食会を開催し、培養豚脂肪を使用したソーセージを発表した

Cellvaはこの時点で、培養豚脂肪の生産期間を従来の24ヵ月から21日間に短縮している。飼育期間が約6ヶ月の豚、収穫・生産に3-4年かかるパーム油と比較すると、短期間で森林破壊など環境破壊を伴わずに効率的に脂肪を作ることができる。

植物肉を超えてチョコレートなど製菓もターゲットに

出典:Cellva

Exameの報道によると、現在は1ヶ月で1キロの培養脂肪を生産できる。また、動物脂肪に多い身体に良くないとされる飽和脂肪酸については、細胞の培地を調整することで、脂肪酸プロファイルを改善することができるとExameによる過去のインタビューで語っている

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Cellva

 

関連記事

  1. タバコ植物で培養肉のコスト削減を目指すBioBetterが約14…
  2. Motif FoodWorksが新成分ヘム「HEMAMI」を発売…
  3. Nature’s Fyndが菌類由来の代替肉を米ホー…
  4. スペイン乳業メーカー、代替乳製品開発に向けた「Mylkcubat…
  5. 中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、50…
  6. マイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaが約30億…
  7. 代替油脂のパイオニアCUBIQ Foodsが約7.8億円を調達、…
  8. MeaTech、3Dプリンターによる培養シーフードの開発でUma…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画

細胞培養による培養肉を開発するイスラエルのスーパーミートは、2023年後半にアメ…

Jellatechが約5億円のシード資金を調達、細胞由来コラーゲンの開発を加速

動物に依存することなく、細胞農業により動物由来と同等のコラーゲンを開発する米Je…

イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳製品を開発

微生物発酵技術によるアニマルフリーな乳製品開発が盛り上がる中、イスラエルのスター…

空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千万円を調達、2022年までに生産工場稼働へ

このニュースのポイント●フィンランドSolar …

イスラエル大手食品会社Tnuva、代替タンパク質特化のR&Dセンター設立へ

イスラエル大手食品会社Tnuva(ツヌバ)は代替タンパク質分野の取り組みを強化す…

精密発酵の米パーフェクトデイ、約130億円の資金調達とともに創業者が退任、暫定CEOが就任

精密発酵による食品開発を牽引してきたパーフェクトデイ創業者のRyan Pandya氏(左)とPeru…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP