フードロス

食品ロスに取り組むToo Good To Goが約31億円を調達、米国での進出拡大へ

>> <<

 

フードロスに取り組むデンマーク企業Too Good To Go2570万ユーロ(約31億円)を調達した。

Too Good To Goは余剰食品に取り組む世界最大のB2Cマーケット。

同社はホテル、レストラン、スーパーマーケットなどと提携し、「まだ食べられるけど、捨てられてしまう食品」をユーザーに割安で販売することで、フードロス解決に取り組んでいる。

出典:Too Good To Go

まず、飲食店やスーパーマーケットなどの外食サービスが、当日に残ってしまったが「まだ食べられる」食品をToo Good To Goのプラットフォームに掲載する。

ユーザーはToo Good To Goのアプリやウェブサイトを閲覧し、近くのお店から商品を購入する。ユーザーは注文後、指定の時刻にお店から商品を回収する仕組みだ。

購入者が受け取る袋は「Magic Bag」と称され、「受け取るまで何が入っているかはわからない」という。ちょっとしたサプライズもかねているようだ。

このように、地元のレストランや食料品と消費者をつなげることで、毎日、10万食以上が廃棄を免れているという。同社のアプリはこれまでに2900万回以上ダウンロードされている。

Too Good To Go が設立されたのは2015年。

現在、ヨーロッパ(イギリス、スペイン、イタリアなど)を含む15カ国に展開している。

2020年9月にはニューヨークとボストンに上陸した。

ヒルトン、カルフール(フランスの世界的なスーパーマーケット)、ティムホートンズ(カナダのドーナツチェーン店)、セブンイレブンリドル(世界に8000店舗を展開するドイツのディスカウントスーパー)、Netto(ドイツのディスカウントスーパー)、モリソンズ(イギリスの大手スーパーマーケット)など、6万を超える企業がToo Good To Goのプラットフォームを活用して、余剰食品を販売している。

出典:Too Good To Go

似たサービスを展開する企業として、カナダのFlashfoodがある。Too Good To Goと似たサービスで、アプリ上に近くの店舗が表示されるので、ユーザーは買いたい商品を注文し、店舗で受け取る仕組み。Flashfoodはカナダ、米国で展開している。

スウェーデン発のKarmaは、Too Good To Goと同様のサービスのほか、農家で余った農作物を、スーパーを介さず農家から毎週デリバリーする『Karma BOX』のサービスを提供している。

この3社がこれまでに調達した総額は、Too Good To Goは4400万ドル、Flashfoodは150万ドル、Karmaは1670万ドルとなる(クランチベース参照)。

The Spoonの報道によると、Too Good To Goは今回調達した資金で米国でのさらなる拡大を目指す予定。

これはアメリカのフードロス政策にも合致する。

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃棄されており、これは1610億ドルの食品に相当するとされる。

アメリカは2030年までに食品廃棄物を半分にするという目標を設定しており、Too Good To Goの米国展開は、この目標達成を促進する効果があるだろう。

参考記事

Copenhagen-based Too Good To Go lands €25.7 million to expand further in the US

Surplus Food Marketplace Too Good to Go Raises $31M to Expand in the U.S.

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発した…
  2. 青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologies…
  3. フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニ…
  4. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  5. 廃棄パンからクラフトビールを作る香港企業Breer、4名の香港大…
  6. 生鮮食品と花の鮮度を保持するコンテナを開発したRipeLocke…
  7. 食料品店の救世主!食品廃棄を減らして売上を伸ばすShelf En…
  8. 漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に…

おすすめ記事

スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

細胞培養による培養肉の開発が世界的に進んでいるが、今後はチョコレートも工場で作ら…

スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

このニュースのポイントスペインNovameatが…

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

香港グリーンマンデーがイギリスに進出する。同社の代替ポーク『オムニポーク…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP