フードテック

Steamboxの蒸気で温められるランチボックスで職場の電子レンジが不要になる?

 

会社、学校で温かいお弁当を食べようと思ったら、選択肢は3つくらいしかない。デリバリーを注文するか、店に買いに行くか、電子レンジで温めるか。

オランダ、デン・ハーグを拠点とするSteamboxはランチタイムに新しいソリューションを提供する。

同社は時間・場所を選ばずに温められるランチボックスを開発した。ボタンを押すだけで、お弁当を約10分で温められる。

出典:Steambox

使い方はシンプルだ。朝、外出前にランチボックスに水を追加し、食べる時間になったら、ボタンを押すだけ。ランチボックス内部の水が加熱され、蒸気により8-12分ほどで温めが完了する。

充電可能で、1回の充電で3食分を温められる。蒸気で加温するため、栄養素が失われることもない。同僚が電子レンジを使い終わるのを待つのも不要になる。時間・場所を選ばないだけでなく、食べ残した弁当を再度食べる時にも温められるため、フードロス削減にも役立つ。

ランチボックスで悩ましいソース漏れも対策済みだ。特許出願中の技術による2重密閉で漏れを防止する。

出典:Steambox

Steamboxはアプリを通じた管理もできる。アプリ上でレシピを探したり、摂取カロリーを確認したり、温め強度を調整したりできる。

ランチボックスの蓋には竹を使用している。全体のサイズは24cm×15.5cm×7.6cmとやや大きいものの、バッグに入れて持ち運べるサイズとなっている。

Steamboxは2019年にクラウドファンディングを実施し、19万ドル以上を調達、購入者は1200人を超えた。2020年のCESに出展し、CES2022にも出展する。

Steamboxの温められるランチボックスの登場により、オフィスに電子レンジを置く必要がなくなるかもしれない。

 

参考記事

CES 2022: Steambox To Show Off Self-Heating Lunchbox

Steambox: The Self-Heating Lunchbox

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:Steambox

 

関連記事

  1. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発
  2. 果物の鮮度保持シールStixFRESHを開発する米Ryp Lab…
  3. 精密発酵でアロマを開発するEvodiaBioが約8.6億円を調達…
  4. 規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull…
  5. 昆虫で食品廃棄物をアップサイクルするLIVIN Farmsが約8…
  6. Fresh Insetが開発した食品鮮度保持技術Vidre+Co…
  7. 廃棄される果物の皮からドライフルーツを製造するRINDが約6.7…
  8. グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

一正蒲鉾がインテグリカルチャー、マルハニチロと培養魚肉の共同研究開始を発表

一正蒲鉾は、培養肉のスタートアップ企業インテグリカルチャーとマルハニチロの3社で…

代替肉ブランドTiNDLEを開発するNext Gen Foodsが約114億円を調達、米国本格進出へ

植物由来の代替肉を開発するシンガポール企業Next Gen Foods(ネクスト…

イギリス政府が持続可能な代替タンパク質の開発に約25億円を出資

英国研究・イノベーション機構(UKRI)の一部であるバイオテクノロジー・生物科学…

動物肉と同等価格の植物肉が生産可能な自動化技術をシアトルの企業が開発

シアトルに拠点を置く植物肉のスタートアップ企業Rebellyous Foodsは…

Upside Foods、シカゴ近郊に商用規模の培養肉工場を建設する計画を発表

アメリカの培養肉企業Upside Foodsは、イリノイ州シカゴ近郊のグレンビュ…

食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約44億円を調達|AIで買い物を予測

AIを活用してパーソナライズ化された食料品デリバリーを提供するHungryroo…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP