Foovo Deep

「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発

 

インドとロシアの研究者は、果物、野菜、肉、水産物を包装するための食用の食品フィルムを開発した。

フィルムは天然成分で構成されており、健康、環境に安全とされる。

特筆すべき点は、食用であること、水溶性で24時間でほぼ90%分解されることだ。

研究の概要と結果はJournal of Food Engineeringに掲載された。

研究チームは、良く知られている天然成分であるアルギン酸ナトリウムをベースに3種類の食品フィルムを開発した。

アルギン酸ナトリウムは海藻に含まれる高分子で、食品の安定、増粘のために添加物として使用されたり、健康食品、医薬品として使用されたりしている。

アルギン酸ナトリウム 出典:researchgate.net

Rammohan Aluru氏によると、アルギン酸ナトリウムは、加水分解時に膜を形成する特性を持ち、細胞壁に豊富に存在する高分子の炭水化物。

同氏はアルギン酸ナトリウム最大の利点は、水溶液の中でゲル化することだと指摘する。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

アイキャッチ画像の出典:Andrey Fomin

 

関連記事

  1. マイコプロテインの英ENOUGHが年産1万トンの工場をオランダに…
  2. Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得
  3. Nature’s Fyndの微生物発酵によるタンパク質「Fy」が…
  4. 伝統的なチーズ製法で植物チーズを開発するデンマーク企業FÆRM
  5. 培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STA…
  6. 細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foo…
  7. ミシュラン星付きシェフと再生医療研究者が立ち上げた培養肉企業ダイ…
  8. 牛に頼らず酵母で乳タンパク質を再現するフランス企業Bon Viv…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

日本ハム、動物血清の代わりに食品成分で培養肉を作製

日本ハムは、培養肉の生産過程で必要となる培養液の主成分を、動物血清から食品成分に…

代替卵のイート・ジャストがアフリカ市場へ進出

植物ベースの代替卵を開発するイート・ジャストがアフリカ市場へ進出した。南…

小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNUProteinの挑戦

食糧危機・環境問題の解決策として期待される培養肉の生産コスト低減を目指して、コム…

Jellatechが約5億円のシード資金を調達、細胞由来コラーゲンの開発を加速

動物に依存することなく、細胞農業により動物由来と同等のコラーゲンを開発する米Je…

【現地レポ】シンガポール企業Preferの豆不使用コーヒーを実食|おから、廃棄パン、ビール粕をアップサイクルした持続可能なコーヒー

コーヒーに伴う環境負荷をご存知だろうか。コーヒーは世界的に人気のドリンク…

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

このニュースのポイント●イート・ジャスト(Eat…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP