アグテック(AgTech)

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

食品ロス問題に取り組む米スタートアップのApeel Sciencesは、Houwelingグループとの提携を発表、店頭でプラスチックを使わないキュウリを提供する。

Apeel Sciences社の鮮度を保てるキュウリは、100店舗を超えるウォルマートで今月から販売される。

キュウリは通常、プラスチックで包装されてスーパー店頭に並ぶ。プラスチックで包むのは、鮮度を保つためだ。しかし、キュウリ1本あたりに使用されるプラスチックは2gで、5本のプラスチックストローに相当し、プラスチック廃棄量が増える要因となっている。

こうした問題を解決するために立ち上がったのが、米Apeel Sciences社だ。

同社は2012年にJames Rogerによって設立された。ビル&メリンダ・ゲイツ財団から助成金10万ドルを得て、今年5月には2億5千万ドルを資金調達している。

Apeel Sciencesの創始者James Rogers

Apeel Sciences社が開発したのは、包装材料を使わずに食品の保存期間を延ばす技術だ

野菜の皮や種など、野菜が自身を保護する部分からオイルを抽出し、パウダー状にした。これを水に溶かしてスプレーとして野菜に吹きかけると、色・匂い・味のない見えないコーティングが形成され、野菜を保護する仕組みだ。

このプラスチックを使わないコーティングによって、野菜の水分が保持され、酸化を防ぐ

出典:Apeel Sciences

100%植物由来の天然素材を使って、野菜を通常の2~3倍長く保存できるようになる。

Apeel社の技術を適用した商品は、キュウリだけでない。すでに、アボカドがクローガーで販売されている。全米の25%に新鮮な食材を提供するウォルマートでの販売開始は、Apeel社にとって大きな躍進だ。

出典:Apeel Sciences

Rogerは、レモンは置いておいても変化しないのに対し、いちごは弱っていく現象に技術の着想を得たという。どちらも同じ細胞で構成されているが、分子配列に違いがあることを見出したRogerは、植物から食べられる材料を取り出し、レモンに近い分子配列になるようなソリューションを考えた。

同社の技術はリンゴ、ライム、シトラスにも適用されている。

出典:Apeel Sciences

出典:Apeel Sciences

ドイツでは、Apeelを適用したアボカドは、スーパーでの廃棄が50%減り、販売が20%増えたという。 

自然をコントロールするのではなく、自然と調和を取りながら、最適なソリューションを生み出していくーこれがApeelの理念だ。

 

参考記事

Exclusive: Startup Apeel is launching ‘plastic-free’ cucumbers at Walmart to cut back on waste

This simple step can double the shelf life of fruits and vegetables

Life Cycle Assessment of Apeel Produce

 

アイキャッチ画像の出典:Apeel Sciences

 

 

関連記事

  1. 米セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自動運転車による配…
  2. 廃棄される果物の皮からドライフルーツを製造するRINDが約6.7…
  3. ドローンによる「空飛ぶ」果実収穫ロボットを開発したTevel A…
  4. Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社…
  5. 植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約1…
  6. コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaが約3億2千万円…
  7. マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNord…
  8. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…

おすすめ記事

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

バイオ3Dプリンターで代替肉を開発するスペイン企業Cocuusが約3.5億円を調達

スペインのスタートアップ企業であるCocuusは、プレシリーズAで250万ユーロ…

培養肉企業インテグリカルチャーによる 「CulNetコンソーシアム」が本格始動、細胞農業の社会実装を目指す

日本を代表する培養肉企業インテグリカルチャーによる細胞農業オープンイノベーション…

発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foodsがプレシードで約2億4000万円を調達

微生物発酵でシーフードを開発する米Aqua Cultured Foodsがプレシ…

クラフト・ハインツがAIを活用するフードテック企業NotCoと合弁会社を設立

クラフト・ハインツ(Kraft Heinz)は、フードテックのスタートアップTh…

二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutrientsが約5.1億円を調達

工業的に排出された二酸化炭素、水素、微生物を活用して代替タンパク質を開発するNo…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP