Foovo Deep

マレーシアの培養肉企業Cell AgriTechが2024年末までの工場開設を発表

 

マレーシア初の培養肉企業Cell AgriTechは、マレーシア、ペナンに培養肉工場の建設を開始することを発表した。同工場の建設には2000万マレーシア・リンギット(約5億9000万円)が投じられ、2024年末までに完成する予定となる。

アジアでは現在、シンガポールを除いて培養肉の規制が明確化された国はないが、Cell AgriTechは2025年までに最初の製品をアジア市場に投入したいとしている。

マレーシア初の培養肉会議

出典:Cell AgriTech

マレーシア初の培養肉工場の発表は、今月15日-16日にマレーシアのクアラルンプールで開催されたマレーシア初の培養肉会議で、Cell AgriTech創業者のJason Ng Chin Aikm氏が発表した。

この会議は、Cell AgriTechとマレーシア科学技術イノベーション省傘下のBioeconomy Corporationが共同で開催した。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Cell AgriTech

 

関連記事

  1. カーギルがマイコプロテインの英ENOUGHと販売契約を締結
  2. 中国の培養肉業界の今をクローズアップ-2021年11月-【政策/…
  3. 培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロに…
  4. エストニアで進むマイコプロテイン開発|ホールカット代替肉を開発す…
  5. ひよこ豆タンパク質粉末を開発するChickPが約9億円を調達
  6. 6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガ…
  7. 二酸化炭素でタンパク質を作るArkeon Biotechnolo…
  8. 中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提供を開始

熊本を拠点とする植物肉スタートアップのDAIZが海外進出を本格化する。D…

微細藻類からタンパク質を開発するBrevelがイスラエルに商用工場を開設

微細藻類由来のタンパク質を開発するイスラエルのBrevelが、イスラエル南部に2…

オランダのビーガンシーフードスタートアップMonkeys by the Seaが約5700万円を調達、ビーガンツナなどの販売へ

オランダのビーガンシーフード企業であるMonkeys by the Seaが、プ…

トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro

新型コロナウイルスの影響により、人との接触を減らせる「次世代自販機」が海外では注…

イスラエルのWilk、研究室でヒトラクトフェリンの生産に成功

イスラエルのスタートアップ企業Wilk(旧称Bio Milk)は今月、ヒトラクト…

シンガポール・イスラーム評議会、特定条件下で培養肉をハラールと認定

シンガポールで唯一、ハラール認証を発行する権限を有するシンガポール・イスラーム評…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP