3Dプリンター

Redefine Meatが3Dプリント肉を2021年前半に販売、イスラエルの食肉販売会社と提携

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

-------------

 

3Dプリンターを使って植物ベースの代替肉を開発するイスラエル企業Redefine Meatが、イスラエルの食肉販売会社Best Meisterとの戦略的パートナーシップを結んだことを発表した。

この提携により、Redefine Meatの植物ベースの代替肉が2021年前半に、イスラエルのレストランや高級肉専門店などで販売される。

提携に先立ち、2社はRedefine Meatの代替肉を使った試食会を実施した。事前のアナウンスなしにも関わらず600名が集まり、50分待ちの行列となり、わずか5時間で売り切れとなった。

2021年前半に3Dプリント肉の販売へ

出典:Redefine Meat

プレスリリースによると、Best MeisterはRedefine Meatの市場投入・販売開拓をサポートし、代替肉Alt-Meatをイスラエルのレストランや高級肉専門店に販売する。

2021年前半にはRedefine Meatの3Dプリント肉を消費者が食することができるようになる。

3Dプリンターがもたらす食のブレイクスルー

出典:Redefine Meat

イスラエル発のRedefine Meat植物ベースの材料に特許技術となる3Dプリンティング技術をかけあわせて、本物の肉に見た目、食感、風味がそっくりな代替肉を開発している。

3Dプリンティング技術は、従来の方法ではできなかった複雑な形状を作り出すことを可能とする。作成する部位をレイヤーごとに積層するとき、部位の複雑さには制限がない。これによって、形状の制限なしに自由なデザインを作り出すことができる。

近年、さらなるブレイクスルーがあり、今では複数材料を同時に出力するマルチ材料対応の3Dプリンティング技術(MM3D)が登場している。

これにより、1回の出力で異なる材料から構成される製品を作り出せるようになった。

Redefine Meatがステーキの構成上の課題を解決するうえで、マルチ材料対応の3Dプリンターは不可欠な存在だ。

Alt-Meatを作るとき、動物の構造を模倣した3Dデータに従って、血液、脂肪、タンパク質を同時に出力する。これにより、味だけでなく、食感や歯ごたえまでそっくりな代替ステーキができあがる。

マルチ材料を同時に出力する3Dプリンターを使うと、デジタルデータを変えるだけで、さまざまな動物(牛、豚、羊など)の代替肉だけでなく、ヒレサーロインリブロースなどさまざまな形状も作り出すことができる。

実際にこれは、Redefine Meatが3Dプリンターで作製したリブロースだ。

3Dプリンターで作られたリブロースAlt-Steak 出典:Redefine Meat

Redefine Meatの代替肉Alt-Meat は、Alt-MuscleAlt-FatAlt-Bloodという異なる材料から構成される。

3Dプリンターで作られる肉は、動物肉と比べて環境への影響が95%少なく、コレステロールを含まない。

大成功に終わったブラインド試食会

Best Meisterとコラボしてテルアビブで実施された試食会は、2日間の予定で開催された。

試食会で列に並ぶ人々 出典:Redefine Meat

Redefine Meatによる3Dプリント肉の見た目、風味、食感を体験できるように、香辛料をほとんど使わずに提供された。2日で200名を集める予定が、1日で600人が参加し、わずか5時間で約1000個が完売するという盛況ぶりだった。

今回の試食会では、人々には代替肉であることは事前に知らされなかった。食べたのが「動物肉ではない」と聞いた人々の反応を動画で確認できる。

この盛況ぶりは、Redefine Meatにとって想定外だった。事前のアナウンスなしで、開始5分後には列ができていたという。

Redefine MeatのCEOであり共同創業者のEshchar Ben-Shitrit氏は、今回の反応について次のように語っている。

「コロナの影響で、試食会は小さな町で実施されるため、1日100人くらい来てくれるかなと予想していました。しかし、口コミが広がり、1日に600人が来てくれたのです。しかも、50分待ちの列を作って。今回わかったのは、肉好きな人でも当社の代替肉を好んでくれるということです。環境や動物に優しいだけでなく、本物の肉のような味や食感がありますからね」

プレスリリースによると、試食した人の90%が肯定的な反応を示している。今回の試食会で集まった収益は、コロナウイルスの影響を受けた地元のレストランに寄付される。

3Dプリント肉に取り組む世界のプレーヤー

複数材料を同時に出力する3Dプリンターで作った同社ステーキ 出典:Redefine Meat

3Dプリンティング技術で食の改革に取り組むのはRedefine Meatだけではない。

同じくイスラエルのSavorEatは、昨年、テルアビブ証券取引所に上場した。 

SavorEatは、3Dプリンターを使って調理済みのバーガーパテを6分で作っている。今年夏までにイスラエルの人気ハンバーガー店でテスト販売を開始する予定。

Meat-Techは3Dプリンターを使って培養肉を開発している。2019年にテルアビブ証券取引所に上場、2020年12月には厚さ10mmの牛脂肪構造の作製に成功している。同社は米国IPOに向けた準備も進めている。

スペインでは、Novameatが3Dプリンターにより牛や豚のステーキ肉を開発し、今月、世界9位のミシュラン2つ星レストランとの提携を発表した。

ファーストフード店のKFCは、ロシア企業3D Bioprinting Solutionsと提携して、3Dプリンターによるチキンナゲットを開発することを発表している。

 

参考記事

Redefine Meat Teams Up with Israeli Meat Distributor Best Meister to Pull off World’s Largest Carnivore-targeted Blind Tasting of Alternative Meat

Redefine Meat on Why 3D Printing is Best-Placed to Replicate Animal Meat

Redefine Meat Announces Distribution of 3D-Printed Meat Through Israeli Meat Distributor

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Redefine Meat

 

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を…
  2. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  3. アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル…
  4. 独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・…
  5. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…
  6. インポッシブルフーズが開発中の代替ミルク・Impossible …
  7. マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェ…
  8. 代替肉のRedefine Meatがイスラエルで5つの新商品を発…

おすすめ記事

中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レストランで販売開始

上海を拠点とする代替鶏肉スタートアップHaoFoodが上海のレストランと代替肉の…

携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amuletが約4億5000万円を調達

食品のアレルギー物質を調べるポータブルデバイスを開発するAllergy Amul…

スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミニヨンステーキを開発

スロベニアのスタートアップ企業Juicy Marblesは100%植物原料ででき…

とうもろこしから作られる砂糖|植物繊維のアップサイクルで砂糖を開発する英The Supplant Company(サプラント)

代替品でもなく、人工的に合成されたものでもなく、自然由来で健康に優しい砂糖が登場…

スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka Foods

インドのフードテック企業Naka Foodsは、スピルリナ由来の栄養スナックバー…

農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億円を調達、植物のSOSを事前にキャッチ

自らSOSを発する「センサー植物」を開発するInnerPlantがプレシード、シ…

第2回Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/25 15:15時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/26 09:08時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/25 20:00時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP

Fatal error: Uncaught wfWAFStorageFileException: Unable to save temporary file for atomic writing. in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php:35 Stack trace: #0 /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php(659): wfWAFStorageFile::atomicFilePutContents('/home/xs648694/...', '<?php exit('Acc...') #1 [internal function]: wfWAFStorageFile->saveConfig('livewaf') #2 {main} thrown in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php on line 35