代替プロテイン

ピーナッツから代替肉を作る中国企業HaoFood、2021年に中国レストランで販売予定

 

このニュースのポイント

 

ピーナッツを原材料にタンパク質を作る中国スタートアップが登場

2021年に100の中国現地レストランで提供予定

●最初の商品は、中国・日本・インドネシア向けのチキンとなる予定

 

 

代替タンパク質に取り組む企業が中国で次々に登場している。

大豆とえんどう豆を原料にするHey MaetHero Protein、香港発のTN Meatはいずれも2020年に誕生したスタートアップ。

この中に、新たに1社加わったのが上海発のHaoFood

この会社は大豆やえんどう豆ではなく、ピーナッツから代替タンパク質を開発しており、2021年には中国での市販化を目指している。

終わらないジレンマに終止符を打つために

地球上で人が住める場所の45%が畜産のために使われ、さらに10%が家畜に与える飼料を育てるために使われている。

家畜を飼育するため必要な農地は全体の77%に達し、人が食べる食料を育てるための農地は全体のわずか23%にすぎない。家畜は農地の大部分を使うにも関わらず、家畜由来のタンパク質は全体の37%にすぎない。

このように、「肉」を人が食べるために、不釣り合いなほど多くの土地が使われている

肉を食べるのを止められないために起こる、終わることのないジレンマに終止符を打つために、新しい代替肉スタートアップが次々と誕生している。

その中に、上海を拠点とするHaoFoodがいる。

創業者4名のうち3名が女性の、2020年に誕生した中国スタートアップだ。

代替タンパク質といえば、原材料に大豆やえんどう豆を作る企業が多いが、HaoFoodが使うのはピーナッツ

世界で初めて原材料にピーナッツを使用する代替タンパク質企業が誕生した。

ピーナッツからタンパク質を作るHaoFood

出典:HaoFood

HaoFood はピーナッツを主な原材料に、チキンや他の代替肉を開発している。

最初の商品は、アジア料理向けのフライドチキンで、中国人に向けた屋台用フライドチキン、日本のチキンカツ、インドネシア料理用のフライドチキン(ayam geprek)をリリース予定。

最初の試作品の開発は完了しており、ピーナッツをベースに、ココナッツオイル、じゃがいも、藻類、キノア、とうもろこしを原料としている。

HaoFoodは現在、商品の改良に取り組んでいる。改良後、中国市場への投入、生産・流通のインフラ構築に着手するという。

来年には現地の100のレストランで商品を提供し、1年間で35万ドル(約3600万円)の収益を得たいとしている。

最終的には、2回のラウンドで資金調達し、自社の研究施設を持てるようにしたいと語っている。

3つの特許を出願する予定で、実施している市場テストでは、5つ星の評価を獲得したいとしている。

 

中国の躍進が止まらない代替タンパク質市場について、さらに知りたい方はこちらの記事も見てみよう。

 

参考記事

HaoFood: This Shanghai Food Tech Makes Asian Fried Chicken From Peanuts

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:HaoFood

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ
  2. オーストラリアv2foodが約57億円を資金調達、植物性代替肉で…
  3. サケ・マス・コイを開発する欧州初の培養魚Bluu Bioscie…
  4. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  5. 微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を…
  6. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  7. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  8. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…

おすすめ記事

培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサンプルを発表予定

1Lの牛乳を生産するには900Lの水が必要とされ、牛乳を生産するために地球のかな…

ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発

ベルリンを拠点とするスタートアップ企業Aitmeは完全自律型のロボットレストラン…

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsが約2億3千万円を調達、培養肉を「大衆品」に

培養肉開発のために安価な成長因子を開発するFuture Fieldsがシードラウ…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bioは高級肉開発で差別化を図る

培養肉スタートアップ企業Orbillion BioがYコンビネーターのWinte…

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

このニュースのポイント●米パーフェクトデイがシン…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP