代替プロテイン

ピーナッツから代替肉を作る中国企業HaoFood、2021年に中国レストランで販売予定

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

このニュースのポイント

 

ピーナッツを原材料にタンパク質を作る中国スタートアップが登場

2021年に100の中国現地レストランで提供予定

●最初の商品は、中国・日本・インドネシア向けのチキンとなる予定

 

 

代替タンパク質に取り組む企業が中国で次々に登場している。

大豆とえんどう豆を原料にするHey MaetHero Protein、香港発のTN Meatはいずれも2020年に誕生したスタートアップ。

この中に、新たに1社加わったのが上海発のHaoFood

この会社は大豆やえんどう豆ではなく、ピーナッツから代替タンパク質を開発しており、2021年には中国での市販化を目指している。

終わらないジレンマに終止符を打つために

地球上で人が住める場所の45%が畜産のために使われ、さらに10%が家畜に与える飼料を育てるために使われている。

家畜を飼育するため必要な農地は全体の77%に達し、人が食べる食料を育てるための農地は全体のわずか23%にすぎない。家畜は農地の大部分を使うにも関わらず、家畜由来のタンパク質は全体の37%にすぎない。

このように、「肉」を人が食べるために、不釣り合いなほど多くの土地が使われている

肉を食べるのを止められないために起こる、終わることのないジレンマに終止符を打つために、新しい代替肉スタートアップが次々と誕生している。

その中に、上海を拠点とするHaoFoodがいる。

創業者4名のうち3名が女性の、2020年に誕生した中国スタートアップだ。

代替タンパク質といえば、原材料に大豆やえんどう豆を作る企業が多いが、HaoFoodが使うのはピーナッツ

世界で初めて原材料にピーナッツを使用する代替タンパク質企業が誕生した。

ピーナッツからタンパク質を作るHaoFood

出典:HaoFood

HaoFood はピーナッツを主な原材料に、チキンや他の代替肉を開発している。

最初の商品は、アジア料理向けのフライドチキンで、中国人に向けた屋台用フライドチキン、日本のチキンカツ、インドネシア料理用のフライドチキン(ayam geprek)をリリース予定。

最初の試作品の開発は完了しており、ピーナッツをベースに、ココナッツオイル、じゃがいも、藻類、キノア、とうもろこしを原料としている。

HaoFoodは現在、商品の改良に取り組んでいる。改良後、中国市場への投入、生産・流通のインフラ構築に着手するという。

来年には現地の100のレストランで商品を提供し、1年間で35万ドル(約3600万円)の収益を得たいとしている。

最終的には、2回のラウンドで資金調達し、自社の研究施設を持てるようにしたいと語っている。

3つの特許を出願する予定で、実施している市場テストでは、5つ星の評価を獲得したいとしている。

 

中国の躍進が止まらない代替タンパク質市場について、さらに知りたい方はこちらの記事も見てみよう。

 

参考記事

HaoFood: This Shanghai Food Tech Makes Asian Fried Chicken From Peanuts

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:HaoFood

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功
  2. 微生物・空気・電気からタンパク質を生産するソーラーフーズ、年内に…
  3. チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売…
  4. 世界初!米Biomilqが細胞培養でヒトの母乳を体外で作製するこ…
  5. キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウ…
  6. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  7. 培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート…
  8. Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアッ…

おすすめ記事

細胞を培養して人工母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千万円を調達

このニュースのポイント●人工母乳を開発するシンガ…

SavorEatがパーソナライズ化された3Dプリント植物肉バーガーを発表

イスラエルのSavorEatは28日、3Dプリンターを搭載したロボットシェフのプ…

米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖培地を開発

アメリカの主要な培養肉企業Upside Foods(旧称メンフィスミーツ)はアニ…

培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億1千万円を調達

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップのNew Age Meatsがシー…

ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨンドポーク」を販売開始

アメリカの代替肉ビヨンドミートが中国ECサイトでの販売を開始した。中国E…

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

このニュースのポイント●米国Matrix Mea…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/16 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/16 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP