アグテック(AgTech)

マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNordetectが約1億6千万円を調達

 

室内垂直農業用の検査デバイスを開発するデンマーク企業Nordetectが、シードラウンドで150万ドル(約1億6千万円)の資金調達を実施した。

Nordetectは、オランダのアグテック企業PrivaのHorticulture Innovation Labが主導したコンテスト「Horti Heroes challenge」で昨年優勝に選ばれたスタートアップ企業

同社は作物が成長するのに必要な、窒素、リン、カリウムといった主要な多量元素の量を検知するマイクロ流体チップを活用したポータブルデバイスを開発した。

出典:Nordetect

Nordetectのナノセンサーは葉、土壌から肥料まであらゆるサンプルに使うことができる。土壌、水、葉や植物組織を分析することで、作物の健康状況、環境因子、栄養レベルを把握できる

同社商品の優れているところは、これまでであれば検査に数週間かかっていたところを、わずか数分で検査ができるようになったことだ。

土壌などのサンプルを採取し、抽出液とミックスしたものを、チップに載せて、デバイスに挿入するだけ。

出典:Nordetect

農業では、安全のために肥料や農薬が過剰使用されることがあるが、肥料や農薬の過剰使用は、環境や土壌、栽培される食物にも影響を与える

Nordetectは使用する化学物質の量を最適化する手段として、従来よりも迅速に土壌や水中の多量元素レベルを測定できる「農作物の血液検査」ともいえる商品を開発した。

同社のポータブルデバイスを使用すると、農家は正確な量の肥料を使い、作物の収量をあげられるほか、廃棄量も減らすことができる。

出典:Nordetect

Nordetectはリーフ野菜やトマト、キュウリなどの高価値な作物をターゲットとしており、これについて、CEOのKeenan Pinto氏は次のように述べている。

「これらの作物は、成長段階と発生段階とで必要となる栄養量が変化する作物です。最適な量の肥料を与えることができれば、著しく高い開花率と収量を達成することができます」

 

Nordetectは今回調達した資金で、自社技術を商品化し、アメリカやヨーロッパの室内垂直農家が同社のlab-on-a-chipを使えるようにしたいとしている。

農作物の状況を把握するためにセンサーを活用するアグテック企業は多いが、土壌センサーを開発する企業の多くは外での使用を想定している。

出典:Nordetect

室内農家に対する投資が増えていることからも、今後は室内垂直農業にセンサーによるソリューションを導入する動きは加速していくと思われる。

今回のラウンドはLuminate NYが主導し、RockstartSOSV (HAX)PreSeed VenturesVækstfondenが参加した。

Nordetectは2016年に設立されたスタートアップ企業。

Pinto氏によると、医療業界で効率性と携帯性が優先されることにヒントを得て、農業分野でも効率性・携帯性を同時に解決するツールを開発したという。

 

 

参考記事

Nordetect Raises $1.5M for Lab-on-a-Chip Controlled Ag Analysis

Portable Agricultural Sampling Technology

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Nordetect

 

関連記事

  1. 穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資…
  2. バナナの追熟をAIで予測する米Strellaのソリューション
  3. Pairwiseがゲノム編集野菜を上市するためConscious…
  4. 屋内農業用デバイスのiUNUが約7億円を調達、個々の農作物をリア…
  5. 規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull…
  6. 個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発した…
  7. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  8. アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズラ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米Plantible Foodsがウキクサ由来の植物性代替卵を発表

ウキクサから高機能タンパク質を抽出する米スタートアップPlantible Foo…

培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード資金を調達

エストニアの培養肉スタートアップ企業Gelatexはシードラウンドで120万ドル…

精密発酵で着色料を開発するMichromaが約8.4億円を調達

精密発酵により持続可能な天然着色料を開発するMichromaは今月、シードラウン…

菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyForest Foodsに変更、今秋に2工場を開設

菌糸体由来の代替肉を開発するアメリカ企業Atlast Foodは25日、社名変更…

ドイツのPlanet A Foodsが代替チョコレートをスーパーに初導入

持続可能な代替チョコレートを開発するドイツ企業Planet A Foods(旧称…

Vowの培養ウズラ肉、シンガポールのレストランがメニューに導入、来月提供へ

オーストラリアの培養肉企業Vowが先月、シンガポールで培養肉の販売認可を取得した…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/21 21:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 01:23時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/21 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP