アグテック(AgTech)

マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNordetectが約1億6千万円を調達

>> <<

 

室内垂直農業用の検査デバイスを開発するデンマーク企業Nordetectが、シードラウンドで150万ドル(約1億6千万円)の資金調達を実施した。

Nordetectは、オランダのアグテック企業PrivaのHorticulture Innovation Labが主導したコンテスト「Horti Heroes challenge」で昨年優勝に選ばれたスタートアップ企業

同社は作物が成長するのに必要な、窒素、リン、カリウムといった主要な多量元素の量を検知するマイクロ流体チップを活用したポータブルデバイスを開発した。

出典:Nordetect

Nordetectのナノセンサーは葉、土壌から肥料まであらゆるサンプルに使うことができる。土壌、水、葉や植物組織を分析することで、作物の健康状況、環境因子、栄養レベルを把握できる

同社商品の優れているところは、これまでであれば検査に数週間かかっていたところを、わずか数分で検査ができるようになったことだ。

土壌などのサンプルを採取し、抽出液とミックスしたものを、チップに載せて、デバイスに挿入するだけ。

出典:Nordetect

農業では、安全のために肥料や農薬が過剰使用されることがあるが、肥料や農薬の過剰使用は、環境や土壌、栽培される食物にも影響を与える

Nordetectは使用する化学物質の量を最適化する手段として、従来よりも迅速に土壌や水中の多量元素レベルを測定できる「農作物の血液検査」ともいえる商品を開発した。

同社のポータブルデバイスを使用すると、農家は正確な量の肥料を使い、作物の収量をあげられるほか、廃棄量も減らすことができる。

出典:Nordetect

Nordetectはリーフ野菜やトマト、キュウリなどの高価値な作物をターゲットとしており、これについて、CEOのKeenan Pinto氏は次のように述べている。

「これらの作物は、成長段階と発生段階とで必要となる栄養量が変化する作物です。最適な量の肥料を与えることができれば、著しく高い開花率と収量を達成することができます」

 

Nordetectは今回調達した資金で、自社技術を商品化し、アメリカやヨーロッパの室内垂直農家が同社のlab-on-a-chipを使えるようにしたいとしている。

農作物の状況を把握するためにセンサーを活用するアグテック企業は多いが、土壌センサーを開発する企業の多くは外での使用を想定している。

出典:Nordetect

室内農家に対する投資が増えていることからも、今後は室内垂直農業にセンサーによるソリューションを導入する動きは加速していくと思われる。

今回のラウンドはLuminate NYが主導し、RockstartSOSV (HAX)PreSeed VenturesVækstfondenが参加した。

Nordetectは2016年に設立されたスタートアップ企業。

Pinto氏によると、医療業界で効率性と携帯性が優先されることにヒントを得て、農業分野でも効率性・携帯性を同時に解決するツールを開発したという。

 

 

参考記事

Nordetect Raises $1.5M for Lab-on-a-Chip Controlled Ag Analysis

Portable Agricultural Sampling Technology

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Nordetect

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発した…
  2. 農業に塩水を活用するRed Sea Farmsが約17億円を調達…
  3. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  4. 穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資…
  5. 量子ドットを活用して温室フィルムを開発するUbiQD、電気を使わ…
  6. アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズラ…
  7. インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にし…
  8. 農業データ収集ソフトのArableが約20億円を資金調達

おすすめ記事

韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の量産とコストダウンを目指す

韓国の培養肉企業CellMEATがプレシリーズAで450万ドル(約4億7千万円)…

Hyphenが世界初のロボットメイクラインを発売、レストラン作業を効率化

カリフォルニアを拠点とするHyphenは、外食産業向けの新しいキッチンプラットフ…

ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFuture Fields

※本記事は有料記事となります(2,482字)安価な成長因子を…

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠された可能性を追求

世界大手の食品・飲料企業ダノンはバイオテック企業Brightseedとの提携を拡…

サムスンがIoTアプリに買い物機能を備えた「SmartThings Cooking」を追加、シームレスな料理を追求

サムスンはCES2021でレシピ検索から買い物機能まで備えたSmartThing…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP