Foovo Deep

微細藻類で代替シーフード市場を目指すカナダのSmallfood

 

カナダ企業Smallfoodは独自の微細藻類株とバイオマス発酵プロセスにより、わずか7日間で生産できる微細藻類タンパク質を開発してきた。

同社は現在、タンパク質・DHA・自然な魚介の風味を備えたタンパク質原料で代替シーフード市場をターゲットにしている。

2018年に設立された同社は、10年の歳月と2,000万ドルを超える研究費を費やして、2万を超える微生物を発見した後、「より完璧な成分」を生成する微細藻類株を見出した。Smallfoodは独自のバイオマス発酵技術を用いて、世界の食料供給のあり方を進化させようとしている。

7日間で製造できる微細藻類タンパク質

出典:Smallfood

植物タンパク質の生産に通常7-9ヵ月かかるのに比べ、Smallfoodのタンパク質生産にかかる時間はわずか7日間

製造において水の使用は養殖魚の160分の1、温室効果ガスは牛肉の30分の1、使用する土地はエンドウ豆タンパク質の16分の1と、必要な資源が少ないのも特徴だ。さらに、植物タンパク質や牛肉に匹敵したアミノ酸組成を有している。

Smallfoodのファクトシートによると、このタンパク質は溶解性に優れ、ドリンク、食品、サプリメント、プロテインバー、代替肉など用途は多様だ。

代替シーフード用途では、タンパク質、オメガ3脂肪酸であるDHA、自然な魚介の風味を備えたタンパク質原料「Protein-Rich DHA Complex」を使用している。

昨年披露されたクラブケーキ 出典:Smallfood

Vegconomistの報道によると、同社はこれまでプラントベース食品、ペットフード、サプリメント業界に向けた原料の開発に重点を置いてきたが、代替シーフード企業からの関心の高まりを受けて、テクスチャ加工された製品の開発にも着手しているという。

その1例が、昨年Devour Food & Film Festival披露された、Smallfoodの微細藻類タンパク質を使用して作ったクラブケーキだと思われる(上記写真)。

独自のプロセスと微細藻類株

出典:Smallfood

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Smallfood

 

関連記事

  1. 藻類を活用した代替タンパク質製品を開発するAlgama Food…
  2. 大豆ミートを食べてみた感想【意外とおいしい】
  3. ドイツの培養脂肪Cultimate Foodsが約1億円を調達、…
  4. エンドウ豆由来の代替ミルクを展開する米Ripple Foodsが…
  5. ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得
  6. 中国のJoes Future Foodが豚の培養脂肪のパイロット…
  7. ネスレも細胞農業による代替母乳産業に参入か?
  8. 植物を活用してアニマルフリーな乳製品を開発するMirukuが約3…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

オレオゲルで植物肉用の代替脂肪を開発するParagon Pureが約5.5億円を調達

アメリカ、ニュージャージー州を拠点とするParagon Pureは植物肉の味・風…

牛を使わずに本物と同等のカゼインを開発するエストニア企業ProProtein

エストニアを拠点とするProProteinは微生物を活用して、牛を使うことなく主…

MeaTech、3Dプリンターによる培養シーフードの開発でUmami Meatsと協業

バイオ3Dプリンターで培養肉を開発するイスラエルのMeaTechは、3Dプリンタ…

米イート・ジャストがシンガポール最大の植物性タンパク質工場の建設を開始

アメリカ、カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストは、シンガポールで新しい生産…

中国の培養肉業界の今をクローズアップ-2021年11月-【政策/企業の開発動向/投資動向/法規制】

今年、中国の培養肉企業2社に対し資金調達が実施された。この記事では、中国…

中国の培養肉企業Joes Future Food、パイロット工場建設のための資金を獲得

中国の培養肉企業Joes Future Food(周子未来)は先月、シリーズAラ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP