Foovo Deep

培養魚のWanda Fishがタフツ大学と独占的ライセンス契約を締結

 

イスラエルの培養魚スタートアップWanda Fishは、培養魚の開発でタフツ大学(アメリカ、マサチューセッツ州)と2つの契約を締結したことを発表した

Wanda Fishはライセンス契約に基づき、細胞農業をリードするタフツ大学研究者David Kaplan氏の魚細胞培養における知的財産の独占的使用権を獲得した。さらに、2年間のスポンサー付き研究契約も交わされ、Wanda FishはKaplan氏の培養魚生産の研究プログラムを支援する。

細胞農業の第一人者であるKaplan氏とのパートナーシップは、設立間もないWanda Fishの研究開発を前進させる促進剤となる。

イスラエル・イノベーション庁が設立を支援

出典:Wanda Fish

昨年、イスラエルでは培養魚の開発に焦点をあてるスタートアップ企業が4社設立された。Wanda Fishはその1社となるが、タフツ大学との提携によりヘッドスタートを切った。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Wanda Fish

関連記事

  1. フルーツジュースの砂糖を減らすイスラエルのBetter Juic…
  2. 「米ぬか」をタンパク質源に:食糧と競合しない米タンパク質で収益性…
  3. ADMが精密発酵スタートアップNew Cultureと戦略的パー…
  4. えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を…
  5. 代替肉ビヨンドミートが初の海外工場となる中国生産施設をオープン
  6. 植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Drea…
  7. シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo As…
  8. ドイツのInnocent Meatが約4.8億円を調達、食肉生産…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米New Cultureが精密発酵カゼインによるモッツァレラ試食会を実施

精密発酵でカゼインを開発する米New Cultureは今月8日、世界初となるアニ…

ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉・精密発酵による食品開発強化へ

ノルウェーの国家研究戦略を決める政府系機関ノルウェー研究評議会(The Rese…

黄エンドウ豆から代替チーズを開発する英スタートアップ、英政府系機関から助成金を獲得

ノッティンガム大学のスピンオフベンチャーであるThe Good Pulse Co…

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

代替マグロの切り身を開発する米Impact Food、年内の市販化を目指す

水産資源の枯渇が懸念される中、カリフォルニア州サンマテオに新たな代替シーフード企…

ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨンドポーク」を販売開始

アメリカの代替肉ビヨンドミートが中国ECサイトでの販売を開始した。中国E…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP