Foovo Deep

イート・ジャストの代替卵JUST EggがEU当局の認可を取得

 

植物由来の代替卵を開発するアメリカのスタートアップ企業イート・ジャストは、主力製品JUST Eggの主要成分・緑豆タンパク質が欧州委員会に承認されたことを発表した

欧州当局が緑豆タンパク質を認可したことで、イート・ジャストは今年第4四半期までにJUST Eggを欧州に導入できるようになる。

この決定は、イート・ジャストが欧州連合(EU)および欧州自由貿易連合(EFTA)に属する国に参入できることを意味する。さらに、他社が同様の新規食品で認可を取得しない限り、同様の製品を欧州へ導入しようとしても、イート・ジャスト以外の企業が5年間、植物由来の卵製品に対し緑豆タンパク質を使用できないことを意味する。

後者は、EUの新規食品に関する新規則では、認可された新規食品はジェネリック化され、

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:イート・ジャスト

 

関連記事

  1. ソーラーフーズが約13億円を調達、来年前半に商用工場Factor…
  2. 韓国の培養肉スタートアップSpace Fらが政府から助成金を獲得…
  3. EUが出資するFEASTSが発足:欧州における培養肉・培養シーフ…
  4. 代替脂肪セミナー動画-2022年9月開催-
  5. Current Foodsが生食用代替シーフードのDtoC予約販…
  6. Colloが開発した、電磁場を利用して牛乳工場の損失を防ぐ「液体…
  7. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…
  8. スイスの食品大手ジボダン、ビューラー、ミグロスが共同で培養肉の実…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル導入で提携

イスラエルのアレフファームズとブラジル大手の食肉メーカーBRFは、培養肉の開発と…

二酸化炭素から代替タンパク質を開発するJooulesが約1.5億円を調達

二酸化炭素を原料に代替タンパク質を開発するニュージーランド企業Jooulesは今…

代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく解説

ベジタリアン、ヴィーガンでないなら代替肉は必要ないのでは? 日本は…

DAIZが植物性代替卵「ミラクルエッグ」の開発に成功、ハイブリッド食品で畜産業との共存を目指す

熊本発のスタートアップ企業DAIZが代替卵市場に参入する。DAIZは今月8日、植…

エストニアで進むマイコプロテイン開発|ホールカット代替肉を開発するFunkiとMati Foodsの取り組み

エストニア発のマイコプロテイン企業Funkiは、今後5年から10年で、食用菌糸体…

発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foodsがプレシードで約2億4000万円を調達

微生物発酵でシーフードを開発する米Aqua Cultured Foodsがプレシ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP