代替プロテイン

スイスの培養肉企業Mirai Foodsがシードで約2億3千万円を追加調達

 

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが追加で180万ユーロ(約2億3千万円)の追加シード資金を調達した。

同社は1月にも約2億4千万円の資金調達を実施しており、今回の追加調達で総額370万ユーロ(約4億8千万円)を調達している。

このラウンドには、ドイツのFRIBA InvestmentSkyviews Life Science、エンジェル投資家Ulf Claesson氏などが参加した。

欧州市場を目指すスイス唯一の培養肉企業

Mirai Foodsによると、同社はスイス唯一の培養肉企業

生産プロセスで遺伝子組換え技術を使用しないことをアピールする同社は、欧州の消費者が受け入れやすい商品づくりを意識して開発している。

今回調達した資金で、チームの拡充、研究機能の改善、パイロット工場の建設を図る。

今年夏には新しい研究所とオフィスに移転する予定。

Mirai Foodsは最終的にはさまざまな商品を開発する予定だが、最初の商品として、気候変動への影響が特に大きい牛肉に代わる培養肉から着手している。

CEOのChristoph Mayr氏 出典:Mirai Foods

今回の追加調達について、共同創業者でありCEOのChristoph Mayr氏は次のように述べている。

「追加資金で、10人のチームを強化し、研究を加速できます。今回の投資は、おいしくて、高品質な培養肉を適正価格で提供するという当社の理念にとって重要なものです」

高まる培養肉への投資熱

培養肉企業への投資は増えており、2021年になってからMirai Foods の他にも下記の培養肉企業が資金調達を実施している(調達額の大きい順に記載)。

  • アメリカ・BlueNalu:6000万ドル(約62億円)
  • イスラエル・Future Meat:2675万ドル(約28億円)
  • オランダ・モサミート:1000万ドル(約10億円)
  • スペイン・BioTech Foods:520万ユーロ(約6.5億円)
  • オーストラリア・Vow:600万ドル(約6.2億円)
  • 韓国・CellMEAT:450万ドル(約4億7千万円)
  • イギリス・Hoxton Farms:270万ポンド(約3.9億円)
  • カナダ・Future Fields:220万ドル(約2億3千万円)
  • アメリカ・New Age Meats:200万ドル(約2億1千万円)
  • イギリス・CellulaREvolution:100万ポンド(約1億4千万円)
  • スペイン・Novameat:25万ユーロ(約3100万円)

早くて5年以内には培養肉が動物肉と同等価格となる見解もあり、今後も培養肉に集まる投資熱は衰えそうにない。

従来の畜産肉と比較して、培養肉では使用する土地は99%少なく、使用する水は82~96%少なくすむ

さらに、排出される温室効果ガスを78~96%減らせることが報告されている。畜産肉のように生産プロセスで抗生物質を使用することもない。

出典:Mirai Foods

集約畜産や、感染症による大量の殺処分という現状を変える選択肢になる培養肉は、環境保護、動物愛護、感染症対策、人口増加に伴う食糧対策の面からも期待されている。

先日にはイスラエルのMeaTechが培養肉企業では世界で初めて米国上場を果たした。

2020年12月には米イート・ジャストの培養肉がシンガポールのレストランで販売されている。

こうした流れから、培養肉に集まる投資が今後はさらに増していくことが予想される。

 

参考記事

Mirai Foods Expands Seed Round to €3.7M for Its Cultivated Meat

Swiss cultivated meat startup MIRAI FOODS increases seed round to €3.7 million

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Mirai Foods

 

関連記事

  1. Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイ…
  2. チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続…
  3. 細胞シート工学で培養肉を開発するEvolved Meatsが約2…
  4. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万…
  5. 培養肉企業インテグリカルチャーによる 「CulNetコンソーシア…
  6. フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指…
  7. 中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ…
  8. 細胞培養でチョコレートを開発するCalifornia Cultu…

おすすめ記事

ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備

ネスレが培養肉事業に参入する準備を進めている。ネスレが培養肉と植物肉をブ…

アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

気候変動に対する問題意識はあっても、普段の生活で自分の行動が気候変動にどのような…

アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル導入で提携

イスラエルのアレフファームズとブラジル大手の食肉メーカーBRFは、培養肉の開発と…

牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援するRefarm’d

畜産農家のなかには、古くからのやり方はよくないと思いながらも、ほかに生計を立てる…

機械学習でフードロス削減に取り組むFloWasteが約1億2400万円を調達

フードロス削減に取り組むFloWasteがシードラウンドで110万ドル(約1億2…

最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、1台目をラトビアに設置予定

カナダ、米国、ラトビアに拠点を置くRoboEatzは、自社の調理ロボットを「世界…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/27 19:30時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/27 13:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(09/28 05:27時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/27 15:31時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP