代替プロテイン

一正蒲鉾がインテグリカルチャー、マルハニチロと培養魚肉の共同研究開始を発表

 

一正蒲鉾は、培養肉のスタートアップ企業インテグリカルチャーマルハニチロの3社で、魚類の筋肉細胞培養技術の確立に向けた共同研究開発を開始することを発表した

インテグリカルチャーは国内を代表する培養肉企業で、これまで牛、鶏、エビの培養肉を開発してきた。同社は2021年8月、水産業界最大手のマルハニチロと培養魚肉の共同研究を開始した

二社の共同研究では、インテグリカルチャーが確立した食品グレードの培養液と大規模な細胞培養システム「カルネットシステム」を魚類の細胞へ拡張し、生きた検証に必要な魚細胞の提供をマルハニチロが担っていた。

今回、かまぼこ、カニかま、ちくわなど水産加工食品を製造販売する一正蒲鉾が加わり、水産加工食品向けに研究対象を拡大し、培養魚肉の商業生産を目指す。

水産庁が発表した水産白書によると、1人当たりの食用魚介類の年間消費量は過去50年で約2倍に増加している。昔から魚を食べる習慣のあるアジアやオセアニアでは生活水準の向上に伴い、顕著な増加を示している。特に中国では、過去50年で約9倍、インドネシアでは約4倍となるなど、新興国の伸びが目立つ。

これに対しFAOによると、世界の海洋水産資源のうち、過剰に漁獲される資源の割合は1974年の10%から2017年には34%まで増加した(グラフ、オレンジ色)。下記グラフは、過去約40年で持続可能なレベルで漁獲されている水産資源(グラフ、水色)が90%から65.8%に減少していることを示している

水産資源の枯渇やマイクロプラスチック残留の問題などを背景に、持続可能な水産資源の開発に注目が集まっている。その1つの手段と期待される培養魚は、魚から採取した細胞をバイオリアクターの中で増やし、成長させて魚肉にするもので、世界的に参入企業が増えている。

培養魚の販売を認可した事例はまだないが、アメリカのWildTypeがサンフランシスコに培養魚のパイロット工場を開設するなど、大量生産に向けた動きが進んでいる。

国内で培養魚の開発・製造を手掛ける企業はインテグリカルチャーに限られるが、スシローを運営するフード&ライフカンパニーズが米BlueNaluと培養マグロの商業化で提携したほか、住友商事がBlueNaluに、ダイニチがFinless Foodsに出資するなど、パートナーシップは拡大している。

海外の培養タンパク質企業に出資する主な日本企業 Foovo作成

国内では培養肉・魚肉の法規制はまだ確立されていないが、厚生労働省が培養肉に関する研究を年度内に実施する方針を示したほか、培養肉の事業化に向けて法整備を目指す議連が6月に発足するなど、細胞農業の普及を加速させる動きが目立つ。

水産練製品業界トップクラスのシェアを誇る一正蒲鉾と、水産売上国内トップのマルハニチロの参入は、国内の細胞農業の社会実装に大きな影響をもたらすと期待される。

 

参考記事

細胞培養スタートアップ企業のインテグリカルチャー社とともに 「魚類」の筋肉細胞培養技術の確立に向けた共同研究開発を開始

インテグリカルチャー、一正蒲鉾、マルハニチロの3社が共同で“培養魚肉”の研究開発の開始を発表

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:一正蒲鉾、マルハニチロ、インテグリカルチャー

 

関連記事

  1. ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設&乳製品フリー「ミロ」を発売…
  2. BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユ…
  3. スーパーミート、システムのオープンソース化で培養肉の商用化を加速…
  4. オランダ企業The Protein Brewery、マイコプロテ…
  5. MeaTechの子会社Peace of Meat、培養肉の実証プ…
  6. イギリス政府が持続可能な代替タンパク質の開発に約25億円を出資
  7. キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウ…
  8. ドイツのBluu Seafoodと中国のCellXが「細胞農業を…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured Decadenceを買収

アメリカの培養肉企業Upside Foods(アップサイドフーズ)が、培養シーフ…

代替卵のイート・ジャストがアフリカ市場へ進出

植物ベースの代替卵を開発するイート・ジャストがアフリカ市場へ進出した。南…

微生物発酵CDMOのスイス企業Planetaryがコニカミノルタと提携、発酵タンパク質の生産性向上・コスト削減を目指す

スイスに拠点を置くバイオマス発酵・精密発酵のCDMO企業Planetaryは今月…

Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアップデートさせる成分の市販化に向けて加速

植物ベース食品のアップデートに取り組む米フードテック企業Motif FoodWo…

韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を1kgあたり3ドルへ

培養肉を開発する韓国企業Seawithが、新たな目標を発表した。同社はこ…

アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2億2千万円を資金調達

このニュースのポイント イギリスBetter …

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP