Foovo Deep

ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得

 

二酸化炭素と微生物を活用して代替タンパク質ソレインを開発するソーラーフーズ(Solar Foods)は26日、シンガポール食品庁(SFA)からソレインを含む食品の販売認可を取得したことを発表した。

ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得

出典:Solar Foods

ソレインは、二酸化炭素水素、酸素少量の栄養素を微生物に供給するバイオプロセスにより生成される単細胞タンパク質(SCP)となる。

単細胞タンパク質は微生物タンパク質とも呼ばれ、細菌や酵母など微生物の体内に含まれるタンパク質を指す。通常、メタンや糖類を栄養源に使うが、ソーラーフーズは二酸化炭素を使用する。

出典:Solar Foods

ソレインはすべての必須アミノ酸を含むタンパク質が豊富な粉末であり、代替乳製品、代替肉、スナック、ドリンク、麺、パスタ、パンやスプレッドなど、さまざまな食品に代替タンパク質として使用できるという。

1kgの牛肉を生産するには、360㎡の土地と130,000L以上の水が必要となるが、ソレインの生産ではこの0.1%の土地と1%の水ですむ。ソレインの商用生産によって、砂漠、北極、宇宙など以前は生産が不可能だった地域でも食料を生産できるようになる。

ソーラーフーズCEOのPasi Vainikka氏は、「これはジャガイモの発見に例えられます。私たちは全く新しい食材を食の世界にもたらそうとしています。これは、食べ物に関する考え方にとって重大な分岐点となるでしょう」と述べ、ソレインの販売認可取得を「ジャガイモの発見に匹敵する」歴史的瞬間だと考えている。

2024年にソレインの商用生産を開始

出典:Solar Foods

フィンランドを拠点とするソーラーフーズは、2021年9月にSFAへ新規食品申請を行った。シンガポールはソレインの販売を認めた最初の国となるが、ソーラーフーズは第2の市場進出に向けてすでに動き始めている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Solar Foods

 

関連記事

  1. Doehlerが代替パーム油を生産する英Clean Food G…
  2. 培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート…
  3. 日本ハム、動物血清の代わりに食品成分で培養肉を作製
  4. 3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを…
  5. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  6. 米The Every Company、精密発酵で作られた史上初の…
  7. パーフェクトデイの精密発酵由来の乳タンパク質を使った牛乳が今夏、…
  8. オランダの培養肉企業Meatableが約51億円を調達、来年にシ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

微生物で世界に挑戦|合成生物学の世界大会iGEM参加のため、東大チームが1000万円の寄付募集を目指す

本来持っていない機能を生物に加え、新たな機能を持つ生物を作り出す合成生物学は現在…

DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提供を開始

熊本を拠点とする植物肉スタートアップのDAIZが海外進出を本格化する。D…

菌糸体由来のブロック肉を開発するMeati FoodsがD2C販売をスタート、24時間で完売に

菌糸体由来のブロック肉を開発するアメリカ企業Meati Foodsは14日、自社…

米Upside Foodsが新たに培養鶏ひき肉製品を発表

カリフォルニア州を拠点とするUpside Foodsは、新たな製品として培養鶏ひ…

二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branchが約10億円を調達

二酸化炭素から代替タンパク質を開発するDeep BranchがシリーズAで800…

ホールカットの植物サーモンを開発するOshi、年内にアメリカで発売へ

ホールカットの植物由来サーモンを開発するイスラエル企業Plantishは今月、今…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/28 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/29 00:19時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/28 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/28 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP