Foovo Deep

ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得

 

二酸化炭素と微生物を活用して代替タンパク質ソレインを開発するソーラーフーズ(Solar Foods)は26日、シンガポール食品庁(SFA)からソレインを含む食品の販売認可を取得したことを発表した。

ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得

出典:Solar Foods

ソレインは、二酸化炭素水素、酸素少量の栄養素を微生物に供給するバイオプロセスにより生成される単細胞タンパク質(SCP)となる。

単細胞タンパク質は微生物タンパク質とも呼ばれ、細菌や酵母など微生物の体内に含まれるタンパク質を指す。通常、メタンや糖類を栄養源に使うが、ソーラーフーズは二酸化炭素を使用する。

出典:Solar Foods

ソレインはすべての必須アミノ酸を含むタンパク質が豊富な粉末であり、代替乳製品、代替肉、スナック、ドリンク、麺、パスタ、パンやスプレッドなど、さまざまな食品に代替タンパク質として使用できるという。

1kgの牛肉を生産するには、360㎡の土地と130,000L以上の水が必要となるが、ソレインの生産ではこの0.1%の土地と1%の水ですむ。ソレインの商用生産によって、砂漠、北極、宇宙など以前は生産が不可能だった地域でも食料を生産できるようになる。

ソーラーフーズCEOのPasi Vainikka氏は、「これはジャガイモの発見に例えられます。私たちは全く新しい食材を食の世界にもたらそうとしています。これは、食べ物に関する考え方にとって重大な分岐点となるでしょう」と述べ、ソレインの販売認可取得を「ジャガイモの発見に匹敵する」歴史的瞬間だと考えている。

2024年にソレインの商用生産を開始

出典:Solar Foods

フィンランドを拠点とするソーラーフーズは、2021年9月にSFAへ新規食品申請を行った。シンガポールはソレインの販売を認めた最初の国となるが、ソーラーフーズは第2の市場進出に向けてすでに動き始めている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Solar Foods

 

関連記事

  1. スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にス…
  2. 精密発酵で天然着色料を開発するPhytolonがギンコ・バイオワ…
  3. Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイ…
  4. シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで…
  5. チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続…
  6. ドイツのBluu Seafoodと中国のCellXが「細胞農業を…
  7. 培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロに…
  8. MicroSaltは通常の半分量で、同じ塩味を実現する画期的な塩…

おすすめ記事

代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2000億円を超過

代替肉企業インポッシブルフーズが最新のラウンドで5億ドル(約560億円)を調達し…

代替油脂の米Lypidが台湾大手コーヒーチェーンと提携、500店舗に導入

植物由来の代替油脂を開発する米Lypidが、台湾大手コーヒーチェーンのLouis…

Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タンパク質の開発で提携

海外では動物に頼らずに食品成分を作る手法として、精密発酵が人気の手法になりつつあ…

2021年の代替タンパク質投資額は50億ドルとGFIが報告、2020年の約1.6倍に成長

代替タンパク質の普及を推進する非営利団体Good Food Institute(…

アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市販化を目指す

アフリカに2社目の培養肉企業が登場した。2020年に設立された南アフリカ…

機械学習でタンパク質収量を増やす英Eden Bioが約1.6億円を調達、精密発酵の課題解決へ

機械学習を使用してタンパク質収量を増加させるイギリスのバイオテック企業Eden …

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP