代替プロテイン

植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Dreamery、今年前半に初商品の発売へ

 

植物性チーズのシェアは大きくないが、代替チーズに取り組む企業は増えつつある。

今回紹介するスウェーデン企業Stockeld Dreameryもその1つとなる。

出典:GFI

2019年の時点で、米国における植物性チーズのシェアは代替ミルクなど他分野ほど大きくないものの、売上は過去2年で約1.5倍に増えている

世界人口の65%は乳糖不耐症とされる背景からも、ヴィーガンチーズへの需要は高まりを見せている。

こうした中、Stockeld Dreameryが開発する植物性フェタチーズは市場投入まで秒読みのフェーズまで来ている。

同社はこのほど、今後約1ヶ月のうちに商品を発売する予定であることを発表した。

「世界で最も野心的なチーズ」を開発するStockeld Dreamery

Anja Leissner氏(左)とSorosh Tavakoli氏(右) 出典:Stockeld Dreamery

Stockeld Dreameryは、本当においしいヴィーガンチーズを作ることをゴールに、Anja Leissner氏Sorosh Tavakoli氏が2019年に設立したスタートアップ企業。

代替チーズの課題は、風味、食感、匂い、口当たりとされる。特に、溶けたときの口当たりも再現しなければならない点がハードルとなる。

「世界で最も野心的なチーズ」作りを目指すStockeld Dreameryは、世界中の50種類以上の植物性チーズを試した結果、「2020年は魅力的な植物性チーズが発売されなかった1年だった」とブログにつづっている。

スウェーデン・ストックホルムを拠点とする同社は、発酵させたえんどう豆・そら豆を原料にフェタチーズを開発している。

同社によると、従来のフェタチーズと同等のタンパク質、脂肪を含み、炭水化物は含まないという。

シードラウンドで325万ユーロ(約4億2千万円)を調達した1年前は、プロトタイプをいくつか作った段階で、試食テストもまだ実施していなかった。

試食会の様子 出典:Stockeld Dreamery

その後、シェフ、チーズ愛好家などを巻き込んだ試食会を100回実施し、生産規模をパイロットスケールにまで拡大した。

現在は、工場立ち上げのフェーズまできている

市場投入の戦略は限定的に生産し、まずストックホルムのレストランや外食産業に販売するという。インポッシブルフーズがとったのを同じ戦略だ。

長期的には自社ブランドを立ち上げ、小売展開を目指す。今後1年半でスタッフを現在の6名から20名まで増やし、今より大きな生産施設に移転する計画だ。

Stockeld Dreameryは、シェフや飲食店が最も使いたいと思う最高級のチーズを誰もが入手できるようにすることを理念としている。

植物性チーズの開発に取り組む理由について共同創業者のLeissner氏は、スウェーデンではプラントベースへ移行するうえでチーズが大きなハードルになっていること市場には発酵を活用した素晴らしい植物性チーズがあるものの、ナッツをベースとしたものが多く、価格・原料供給の面で持続可能ではないという2点をあげている

ヴィーガンチーズ市場は2027年には44億ドル規模に

植物性チーズに取り組む企業はStockeld Dreameryだけではない。

代替チーズの場合、代替肉のように原料が特定のものに集中していることはなく、各社さまざまな原料を使用している。

たとえば、カリフォルニアを拠点とするGrounded Foodsは、発酵したカリフラワーヘンプシードを原料にカマンベール、フェタチーズ、クリームチーズなどを開発している。

Stockeld Dreameryの試作品 出典:Stockeld Dreamery

じゃがいも人参を原料にチーズソースを開発するアメリカ企業Loca Foodは、人々がプラントベースの生活スタイルへ移行したくても理想的な代替チーズが市場にないことを理由に起業した点で、Stockeld Dreameryと似ている。

GOOD PLANeTココナッツオイルじゃがいものデンプンを使ってモッツァレッラチーズを開発している

植物原料で代替するのではなく、微生物を生産工場として牛由来と同じ乳タンパク質を開発するパーフェクトデイChange FoodsLegendairy Foodsなどもいる。

2019年には12億ドルだったヴィーガンチーズ市場は2027年には44億ドルに達すると予想されている。

植物性チーズはまだプラントベースの主流とはいえないものの、近い将来、アレルギーの心配がある動物性チーズよりも、植物性チーズが主流になるかもしれない

Stockeld Dreameryは2019年にスウェーデンのストックホルムに設立されたスタートアップ企業。

最近、社名をNoquo FoodsからStockeld Dreameryに変更した。

Anja Leissner氏(左)とSorosh Tavakoli氏(右) 出典:Stockeld Dreamery

共同創業者のTavakoli氏はソフトウェア会社Videoplazaを立ち上げ、100人規模まで会社を成長させた経験を持つ。

Leissner氏は昆虫と植物を使ったチーズ用の代替タンパク質に関する研究後、代替タンパク質へ移行する必要性を確信。共同創業者となるTavakoli氏が書いた記事をきかっけに2人は意気投合し、Noquo Foodsを立ち上げた。

Stockeld Dreameryがこれまでに調達した総額はクランチベースによると330万ユーロ(約4億2千万円)となる。

北欧のベンチャーキャピタルInventure、ブリュッセルを拠点とするAstanor Ventures、ベルリンを拠点とするPurple Orange Venturesなどのほか、エンジェル投資家のEric Quidenus-Wahlforss氏からも出資を受けている。

 

参考記事

Noquo Foods Rebrands as Stockeld Dreamery, Readies Launch of Its Plant-Based Cheese

The latest on the world’s most ambitious cheese…

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Stockeld Dreamery

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ…
  2. 代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を…
  3. ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFu…
  4. 「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2…
  5. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  6. サケ・マス・コイを開発する欧州初の培養魚Bluu Bioscie…
  7. オランダ政府が細胞農業に約82億円の出資を発表、国の成長計画とし…
  8. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…

おすすめ記事

会員権をNFTにした世界初のレストラン「Flyfish Club」、2023年ニューヨークにオープン

VCRグループが先月、世界初のNFTレストラン「Flyfish Club」を来年…

UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured Decadenceを買収

アメリカの培養肉企業Upside Foods(アップサイドフーズ)が、培養シーフ…

タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミートと培養ハイブリッド肉の開発で提携

イスラエルの培養肉企業フューチャーミート(Future Meat)は23日、タイ…

イスラエルのドローン企業Flytrexが約8億7000万円を調達

ドローンスタートアップFlytrexは800万ドル(約8億7000万円)を調達し…

細胞培養で母乳を開発するTurtleTreeがラクトフェリン粉末を最初の商品とすることを発表

シンガポールを拠点とするTurtleTreeが、最初に商用化される商品がヒトラク…

米イート・ジャストがシンガポール最大の植物性タンパク質工場の建設を開始

アメリカ、カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストは、シンガポールで新しい生産…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 17:58時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/21 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP