Foovo Deep

Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タンパク質の開発で提携

 

海外では動物に頼らずに食品成分を作る手法として、精密発酵が人気の手法になりつつある。

精密発酵では、酵母などの微生物に特定の遺伝子を挿入し、発酵により微生物に目的のタンパク質を生成させる。2021年には新たに9社の精密発酵企業が設立され、計39社になった

しかし、スタートアップがゼロから精密発酵技術を用いて食品成分を開発・生産するには、設備や知見が必要になる。ノウハウや資金のないスタートアップにとって、すでにノウハウ、プラットフォームのある大手と協業することは、商品開発・市場投入を加速するうえで有望な手段となる。

バイオテクノロジーのユニコーン企業ギンコ・バイオワークスは11日、インドのフードテック企業Evo Foodsとアニマルフリーな卵タンパク質の開発で協業することを発表した。

Evo Foodsはこれまで植物性代替卵を開発・販売してきたが、二社の提携では、Evo Foodsの製品に使用するための卵タンパク質を開発する。

Evo Foodsとギンコが卵タンパク質の開発で提携

サンフランシスコでの試食会の様子 出典:Evo Foods

Evo Foodsは先月、サンフランシスコで液状・ゆで卵タイプの植物性代替卵の試食会を実施した。これはEvo Foodsにとって初の海外展開となる。今年10月にはニューヨークやロサンゼルスで同社製品の導入を計画している

Evo Foodsの現在の植物性卵には肯定的なフィードバックが寄せられているが、「本物の」卵タンパク質を製品に追加するとなると、製品の品質は別レベルのものとなる。

国内外で植物成分を使って代替卵製品を作る企業は増えているが、現在までにアニマルフリーな卵タンパク質を原料として市販化したのはアメリカのThe Every Companyに限られる。

The Every Companyは昨年、世界初となる卵白粉末「ClearEgg」を発売した。精密発酵により開発された「ClearEgg」は無味無臭で、高い溶解性を備えた卵白粉末で、ビール、ミルク、炭酸飲料などに添加できる。同社は今年3月には、本物の卵白のように泡立つ卵白の味と機能を再現した「EggWhite」を発売した

Evo Foodsはギンコとの協業により、「特性を大幅に改善した次世代代替卵」を開発する。

タンパク質生産・上市を簡素化、短縮化するギンコのCDK

出典:Ginkgo Bioworks

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Evo Foods

関連記事

  1. Joes Future Foodが中国初の培養豚バラ肉を発表、中…
  2. 「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億…
  3. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  4. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  5. 代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年…
  6. 中国の培養肉スタートアップ南京周子未来食品が約3億円を資金調達
  7. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…
  8. 米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年…

おすすめ記事

【完全食】ベースクッキーの実食レビュー|罪悪感のない間食にぴったり【口コミ・評判】

橋本社長の理念に惚れてから始めた完全栄養食ベースフード。今年6月に新しく…

UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured Decadenceを買収

アメリカの培養肉企業Upside Foods(アップサイドフーズ)が、培養シーフ…

牛を使わずに本物と同等のカゼインを開発するエストニア企業ProProtein

エストニアを拠点とするProProteinは微生物を活用して、牛を使うことなく主…

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

シンガポールを拠点とするフードテック企業Float Foodsが、シードラウンド…

Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トップ10のレストランと提携

3Dプリンターを活用してステーキ肉を作るスペイン企業Novameat(ノバミート…

Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBartesianが約21億円を調達

家庭用カクテルロボットを開発するBartesianがシリーズAラウンドで2000…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/30 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(11/30 06:10時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP