代替プロテイン

Remilk、イスラエルで精密発酵タンパク質の認可取得が間近

 

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は19日、イスラエルのフードテック企業が牛を使用しないミルクの生産で認可を取得する予定であると発表した。The Times of Israelが報じた

ネタニヤフ首相は近日中に認可を取得する企業名には言及しなかったが、ヘブライ語ニュースメディアのTech12は、イスラエルのRemilkが認可を取得する企業であると報じている

Tech12の報道によると、精密発酵によるタンパク質は新しいタイプの食品になるため、イスラエルの規制機関からの承認も必要になる。現在、イスラエル保健省の食品管理部門による長期にわたる規制プロセスにあるという

イスラエルで精密発酵タンパク質の承認迫る

出典:Remilk

Remilkは昨年6月、アメリカ食品医薬品局(FDA)の要求事項に準拠してGRAS自己認証を取得し、アメリカでタンパク質の販売ができるようになった。今年2月にはFDAから「異議なし」のレター(No questions letter)を受け取るとともに、シンガポール食品庁(SFA)から販売認可を取得した

今年1月には食品大手General MillsがRemilkの乳タンパク質を使用したクリームチーズ「Bold Cultr」の販売を開始したが、2月末に「Bold Cultr」ブランドは終了している。

2019年に設立されたRemilkは、微生物を生産工場として活用し、特定成分を生成する精密発酵技術により、アニマルフリーな乳タンパク質を開発している。

精密発酵により生成される乳タンパク質は牛由来のものと同一で、乳糖、コレステロール、ホルモン剤や抗生物質を含まない。少ない資源でタンパク質を生産できる精密発酵は、近年注目の食品技術とされ、代表的な企業にはアメリカのパーフェクトデイがあげられる。

新たな認可と新たな局面を迎えるイスラエル

イスラエルの精密発酵企業Remilk 出典:Remilk

ネタニヤフ首相による発表は、イスラエル、レホボトにある培養肉企業Steakholder Foodsの訪問時になされた。

訪問の中で同首相は、3Dプリントされた構造化された培養肉を試食し、「イスラエルは代替タンパク質分野のグローバルリーダーであり、これを引き続きリードしていきます。まもなく、世界を変える新たな認可と新たな局面を迎えるでしょう」と述べた。

今年始め、イスラエル・イノベーション庁は精密発酵の研究施設を建設するために、最大5,000万新シェケル(約18億円)の予算を投じることを発表した

イスラエルは植物由来、細胞培養、微生物発酵、昆虫由来の代替タンパク質4カテゴリのうち、微生物発酵を「市場成長の可能性が最も高く、複数の企業が研究開発施設の共有により最大の能力を発揮できる」分野だと位置づけている。

Remilkがイスラエルで認可を取得すれば、同社がイスラエルで認可を取得した最初の企業となる。

 

参考記事

In first, Israeli startup to get permit to produce cow-free milk

לראשונה בישראל: חלב מתורבת יגיע למקררים

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Remilk

 

関連記事

  1. 「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2…
  2. チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進…
  3. 精密発酵で代替パーム油を開発するC16 Biosciencesが…
  4. 世界初!動物肉を使わないバーガーキングの店舗がドイツにこの夏オー…
  5. GEAが代替タンパク質の技術センターをドイツに開設
  6. 「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億…
  7. 発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foo…
  8. ジャガイモで乳タンパク質を開発|イスラエルのFinally Fo…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵の米パーフェクトデイ、約130億円の資金調達とともに創業者が退任、暫定CEOが就任

精密発酵による食品開発を牽引してきたパーフェクトデイ創業者のRyan Pandya氏(左)とPeru…

米Nepra Foods、製パン用の代替卵白粉末の商用生産を開始

コロラドを拠点とするNepra Foodsは、製パン卸売業者向けの独自の代替卵白…

材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver

ほかの料理の準備で焼きすぎてしまったり、ゆですぎてしまったり、料理には失敗がつき…

ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨンドポーク」を販売開始

アメリカの代替肉ビヨンドミートが中国ECサイトでの販売を開始した。中国E…

スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

このニュースのポイントスペインNovameatが…

6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カナダ・欧州へ進出

FAOの「世界漁業・養殖業白書(2018)」によると、2015年の水産資源は「漁…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP