デリバリー

イスラエルのドローン企業Flytrexが約8億7000万円を調達

 

ドローンスタートアップFlytrexは800万ドル(約8億7000万円)を調達したことを発表した。

Flytrexは2018年から商用ドローンによる配送を実施しているイスラエルのスタートアップ企業。

2020年までの時点で、アイスランドの首都レイキャビクで1000のドローン宅配を実施している。アイスランドの最大のECサイトAHAと提携し、4分で個人宅の庭まで配送する

出典:Flytrex

米国ではノース・ダコタ州にあるKing’s Walkゴルフコースでエリア限定でのサービスを提供しており、昨年の報道ではノースカロライナ州のファイエットビルでも実証実験を準備しているとしていた。

King’s Walkゴルフコースでは、ゴルファーが希望のスナックやドリンクを注文すると、コース上の正確な場所に数分以内で配送され、飲み物のカートを待つ必要がなくなっている。

Flytrexは時速65キロ(40マイル)で約3kg(6.5ポンド)まで運べるヘキサコプターで、1回の充電で走行できる距離は約9.6キロ(6マイル)となる。

Flytrexのドローンは郊外用に開発されており、目的地に到着すると、ケーブルを使用して配達物を人々のところまでおろす仕組みとなる。

人間のドライバーだと1時間に2~3回しか配達できないところ、同社のドローンなら1時間に最大15回まで配達できるという。

ドローン運用の最大の懸念とされる安全性については、モーターの故障、バッテリーの故障、通信障害に耐えられる設計になっており、すべてがダメになっても、独立したパラシュートが搭載されているという。

出典:Flytrex

アメリカ連邦航空局(FAA)が米国での運用を承認したドローン企業は、Alphabet’s Wing、アマゾン、UPSだけだが、FAAは2020年の終わりにドローンの安全性と夜間飛行について新たなルールを公布した。

これはドローン開発に求められる法規制の明確化に寄与するもので、リモートIDを義務付けることで、小型ドローンに特定の条件下で夜間の飛行と、人の上を飛行することを許可する内容となっている。これにより、Flytrexや、アラバマで食料品宅配を実施しているDeuce Droneなどのスタートアップ企業も承認される可能性がある。

Flytrexによると、同社はFAAが2017年から2020年10月まで実施していた無人航空機システム(UAS)統合パイロットプログラム( IPP)のプログラムの参加者である、ノースカロライナ州運輸省とパートナーシップを結んでいた。このプログラムでノースカロライナ州運輸省は、農村部、郊外、都市部での食品、医薬品を含むドローン配送に焦点をあてていた。

出典:Flytrex

法規制や安全性の面でクリアにしなければならない課題がまだあるものの、世界中でドローン配送に取り組むスタートアップが立ち上がっている。

たとえば、アイルランドのMannaは食料品店と提携して、1日に50から100の食料品のドローン宅配を実施している。

ブラジルではiFoodが昨年8月にブラジル国家民間航空局(ANAC)からカンピーナス市で2つのドローン配送ルートを運営する承認を得た。

イスラエルではDragontail Systemsがピザハットと提携して、今年6月からピザのドローン配送を開始する。

Flytrexは2013年にAmit Regev氏とYariv Bash氏が設立したイスラエルのテルアビブを拠点とするスタートアップ企業。

今回のラウンドはコンバーティブル・ノート(将来、株式に転換する約束が付されたもので、その本質的な性質は負債となる)であり、カリフォルニアのBenhamou Global Ventures、テルアビブのTechAviv Founder Partnersなどが参加した。

これまでの調達総額は2030万ドル(約22億円)となる。

 

参考記事

Flytrex Raised $8M to Expand U.S. Drone Delivery Operations

Flytrex Trialing Delivery by Drone in North Dakota and North Carolina

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Flytrex

 

関連記事

  1. ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソ…
  2. 米セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自動運転車による配…
  3. 漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に…
  4. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…
  5. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…
  6. 食品ECスタートアップFarmsteadが小売業にGrocery…
  7. キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと…
  8. ホームメイド料理をデリバリーするShefが約22億円を調達

おすすめ記事

MeliBio、高級レストランで蜜蜂フリーなハチミツの提供を期間限定で開始

精密発酵により蜜蜂を使うことなくハチミツを開発する米MeliBioが、サンフラン…

ビヨンドミートが代替ミルクにも参入か?ビヨンドミルクの商標を出願

アメリカの代表的な代替肉企業ビヨンドミートが、代替ミルクへの参入を進めている可能…

スーパーミート、システムのオープンソース化で培養肉の商用化を加速

イスラエルを拠点とする培養肉企業スーパーミートが商用化に向けて加速している。…

植物性代替肉SavorEatがイスラエルでIPO(上場)、2021年夏までに試験販売を開始

このニュースのポイント ●植物性代替肉に取り組むイスラエル企業Sav…

ソーラーフーズがフィンランド薬局年金基金から約13億円を調達

フィンランド企業ソーラーフーズ(Solar Foods)は今月17日、フィンラン…

携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amuletが約4億5000万円を調達

食品のアレルギー物質を調べるポータブルデバイスを開発するAllergy Amul…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/30 19:31時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(09/30 13:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(10/01 05:30時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/30 15:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP